町中が陽気に酔っぱらう日「ヴァップ」(Vappu) 春を祝うフィンランドの祝日

公開日:2018年3月27日  関連分類:   

フィンランドには一年の中に多くの祝日がありますが、「ヴァップ」は間違いなく重要性が最も高い祝日の一つです。

 

ヴァップと言えば、暖かい日差しが(フィンランドの)世界中の隅々に降り注ぎ、人々は陽気になり、誰でも外に、公園に、広場に行き、小さい白い帽子をかぶってお酒を飲んでお菓子を食べてピックニックして楽しむ日です。

 

長い冬はようやく終わり、春を迎えると同時にもうすぐ夏が来ることを祝うのです。

ちなみに、英語ではこの日をメーデー(May Day)と言います。

 

 

ヴァップ(Vappu、メーデー)の日にフィンランド人は何をして祝うの?

とても簡単です。

お菓子とお酒を買って友達と一緒に公園に行ってピックニックすればいいです!

 

もちろん、もっとヴァップらしくしたいなら、フィンランド人が高校卒業するときにかぶる小さい白い帽子をかぶると他のフィンランド人と同じ格好になります。

 

また、ヴァップにも伝統料理があります。

それはシマ(Sima)という飲み物とティッパレイパ(Tippaleipä)という変な形をしているドーナツ(お菓子)です。

 

写真引用:Wikipedia

 

ヴァップドリンクの「シマ」はもともとハチミツと水を混合して発酵して作られるハチミツ酒です。現在ではハチミツの代わりに砂糖を使用することが多いようです。

また、アルコールが入っているものと入っていないものがあります。

 

ティッパレイパ(Tippaleipä)というお菓子はとても変な形をしていますが、食感と味は普通に硬めの揚げ菓子という感じです。砂糖が上に撒かれて主に甘い味がします。

まずくはないが、すごくおいしいというわけでもないと筆者は個人的に思います。

 

ちなみに、ヴァップを祝うイベントや活動は毎年4月30日の夕方から始まり、5月1日に渡って続きます。

そのまま徹夜する人も多いらしいですよ!

 

 

フィンランドでヴァップを祝う理由とその起源は?

現在のヴァップはフィンランド人が長い冬がようやく終わり、春と初夏のシーズンを祝うために人々が町中に繰り出し、食べて飲んで談笑して楽しむのです。

 

一般人にとってヴァップはそのような感じですが、大学生にとってヴァップは更に重要な節日になります。

ヴァップになると大学生はオヴァーオールという作業服のような1枚の服で身を包み(基本的に下半身しか着ないスタイルですが)、学生イベントを行ったりして大はしゃぎしてこの日を楽しみます。

 

写真引用:Ambassadornetwork.fi

 

 

ヴァップの起源に関し、所説ありますが、主に二つの説があるようです。

一つは宗教関係で、中世時代にキリスト教関連の記念日としてあったが、中世以降に社会のハイクラスの人々が高校卒業を記念するイベントとなりました。

大昔に高校を卒業することがごく一部の人しかできないので、そのめでたいことを祝っていました。

もちろん、現在になって多くのフィンランド人は高校を卒業しています。

 

もう一つの理由は労働者に関係します。

アメリカから始まったのですが、労働者の日として多くの国々では5月1日と定められています。

フィンランドでも5月1日を労働者の日として記念行事などを行っています。

(しかし、公園で酔っぱらう人々を目の当たりにするとなかなか労働者を記念することと連想しにくいですが。。)

 

 

フィンランドの一大節日であるヴァップを簡単にご紹介しました。

機会があればぜひ現地にてその雰囲気を感じてみてくださいね。

 

関連記事

 

参考記事

 

お薦め3D木製蝶ネクタイ

ちょっとしたオシャレをしたい時に是非参考にご覧ください。

ショップコンセプト

1.北欧・フィンランドというと?

北欧・フィンランドというと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「北欧・フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.北欧・フィンランドのデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。フィンランド出身のムーミンの背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表デザインの一つになります。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーが北欧・フィンランドに多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「北欧・フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォームはこちら、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「北欧・フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら