フィンランドの男料理・ミートボールの大皿オーブン焼き

公開日:2020年9月7日  関連分類:

写真引用:https://www.iltalehti.fi kuva: Riku Salin

 

北欧の家庭料理を代表するミートボール

 

ブラウンソースがかかったジューシーなミートボールの横にはマッシュポテトが添えられていることが一般的ですが、今回はまた違ったタイプのミートボール料理です。

 

 

ちょっと深めの大きな耐熱皿があれば簡単にできてしまうこの大胆なミートボールは、フィンランドの男料理!

 

救急救命士として働いている男性Rikuさんが考えついたお料理です。

 

彼がSNSにこの料理の写真を載せたところ、非常に人気がありコメントもたくさん受けたとのことです。

 

今ではRikuさん家族も新しいお気に入りのメニューになったのだとか。

 

 

 

 

男料理・ミートボールポテトのオーブン焼きレシピ

写真引用:https://www.iltalehti.fi kuva: Riku Salin

 

材料(4〜5人分)

  • じゃがいも:4〜5個

ミートボール・・・・

  • ひき肉:700g
  • 玉ねぎ:中1個
  • 塩胡椒:適量
  • ブラックペッパー:適量
  • オリーブオイル:適量(肉のつなぎとして使います)

ソース部分・・・・・ソースはお料理の量によって自分で味見しながら合わせるそうです。

  • 生クリーム
  • トマトペースト
  • はちみつ
  • ブラックペッパー
  • バジル(できれば生で)

最後に上からかける用に・・・・

  • パルメザンチーズ:お好みで好きなだけ

 

作り方

1)ジャガイモは薄くスライス、玉ねぎはみじん切りにしておきます

2)ソースの材料を味見しながら好みの味に混ぜ合わせておきましょう。

3)ミートボールの材料を全て合わせて捏ね合わせ、丸いボールに形を作っておきます。

4)深みのある耐熱皿にスライスしたジャガイモとミートボールが交互になるように入れていきます。

5)全て並べ終わったら上から作っておいたソースで覆ってしまいましょう。

6)更に、すり下ろしたパルメザンチーズをたっぷりと振りかけます。

7)175度に温めたオーブンで約2時間じっくりと焼いたら出来上がりです!

 

*オーブンの時間はジャガイモとミートボールのサイズによって異なるので調整してくださいね。

 

写真引用:https://www.iltalehti.fi kuva: Riku Salin

 

ソース材料の分量が全てその時の気分なのか量が指定されていないのがやっぱり男料理っぽさが出ています。感覚で作るということでしょう。

 

 

 

 

肉のつなぎにオリーブオイルを使うということ

ミートボールやハンバーグを作る時によく、つなぎの役目として卵が使われます。

 

しかし、今回の材料には卵がなく代わりにオリーブオイルを使っています。

 

これRikuさんによると、このやり方のほうがより良い肉の状態を保つのだそう。

 

 

男料理を代表するものとして、フィンランドの夏にはバーベキューがあります。

 

そこで、ハンバーガーを作る男性も多くいるのですが、その際にもパティを作る際には肉のつなぎとしてオリーブオイルを使う人がほとんど。

 

肉の旨味と食感がそのまま口に広がるからというのが大きな理由です。

 

卵やパン粉を混ぜ合わせるとオリーブオイルだけよりもフワッとした食感になりますのでこちらの方が好きという方は作り方を独自で変えてみても良いと思います。

 

 

*こだわりのある北欧定番のミートボールの方が好みという方はこちら

北欧のシェフが教える本場ミートボール・レシピと美味しさのコツ

 

 

これを作るならひき肉は牛肉がおすすめ

Rikuさんがこのお料理レシピを思いついたのは、ソーシャルメディアの画像からだったそうです。

 

スーパーで買い物をしている時に、誰かがこんな感じのを作っていたなぁと思い出したのをきっかけに、独自の感覚で材料を買って作ってみたら、すごく美味しくできたとのこと。

 

「妻も絶賛だよ」と。

 

 

フィンランドではミートボールをトマトソースと一緒にいただくことはあまり思いつかないようです。

 

いつもならブラウンソースをかけて食べるということがセットで一番最初に頭に浮かびますからね。

 

トマトの酸味だけだと何かちょっと物足りないので生クリームうあその他を持ってきたということです。

 

 

Rikuさんは家庭でこのお料理を今まで何度も作っているようですが、おすすめとして、

「ひき肉は牛肉を使うのが一番美味しかった」とのこと。

 

 

 

 

フィンランドの家庭では男性もよく料理をします。

 

お料理だけでなく家事全般を妻・夫が協力してするのが当たり前のこと。

 

現在では日本でも男女関係なく家事や料理をするご家庭が増えてきましたね。

 

 

もし、あなたの旦那様が「何か食べたいものない?」と聞いてきたらこのレシピを教えてあげてください。

 

作ってくれたらびっくりするほど褒めちぎって、また作ってもらいましょう。笑

 

 

情報・引用:Iltalehti -Ensihoitaja Rikun lihapullavuoka hurmasi somessa – ”Kyllä vaimo tykkäsi”

関連記事

フィンランドでは知らない人が絶対にいないジャガイモ料理ペルナラーティッコのレシピ。クリスマス料理には絶対に欠かせないものですが、それ以外にも年中活躍します。メインディ…...続きを読む
フィンランドの朝食はパンやプーロと言われるミルク粥であることが一般的。しかしどのように食べられるのかはあまり知られていません。朝食、日本との違いとは?健康的なフィンラ…...続きを読む
アンズダケというヨーロッパではよく知られるキノコ。実は日本でも多く育つキノコです。なぜ日本では流通しないのか?そして美味しいフィンランドのアンズダケ・レシピとアンズダ…...続きを読む
クレフトシ―ヴァ ザリガニパーティー!
北欧ではザリガニ料理が有名です。夏の間北欧諸国では学校や町などで大盛況なザリガニ料理を味わうイベントが開催されます。ザリガニは塩とディルで茹でて食べるそうです。夏に北…...続きを読む
フィンランドのカフェをお家で簡単に。日本でも簡単に作れるスイーツを6つご紹介します。シナモンロールからあまり知らせていないフィンランドの美味しいものまで。ぜひコーヒー…...続きを読む
フィンランドの家庭料理をお家で簡単に!お肉がホロホロと柔らかくちょっと寒くなってきた季節にぴったりです。余っている根野菜があればどんなものだって使って良し!オーブン任…...続きを読む

お薦めの北欧スポンジワイプ

是非水回り、テーブル拭きなどにご活用頂きたいです。


ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.雑貨と現地ツアーに通じて幸せを増やしたい

「フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」という目的を果たすため、キートスショップ現在は「フィンランド雑貨販売」と「ヘルシンキ現地ツアー」の2軸で事業を展開しております。フィンランドの雑貨が好きな方により良い製品、より早く、より良い価格でご提供し、フィンランド雑貨をお客様が手に取る際の喜びを想像しながら事業を運営しております。また、実際にフィンランド・ヘルシンキまで旅をされた方々にはフィンランド文化の核心価値を実際にご体験頂けるヘルシンキ現地ツアーをサービスとしてご提供しております。

「キートスショップで買ってよかった!」「キートスショップのツアーに参加してよかった!」というお客様の声を糧に、より良い商品を提供できるよう、より良いツアーを提供できるよう進めていきたいと思います。

3.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop

4.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら