フィンランド・クリスマスの妖精ヨウルトンットゥ – Joulutonttu –

公開日:2019年12月4日  関連分類:

 

フィンランドにはサンタクロースがいることは皆さんもご存知ですよね。

クリスマスになるとサンタクロースがプレゼントを持ってトナカイに乗ってやってくる。

ここまではほぼ、日本と変わらないのではないでしょうか?

 

しかし、フィンランドには妖精トンットゥTonttu)達がいます。

とても愛嬌があって、色々なキャラクターがいるのですが、

その妖精の中でも、冬のこの時期になるととても忙しくなる妖精がいるんです。

それがクリスマスの妖精達(ヨウルトンットゥ Joulutontut)です。

 

 

 

 

妖精トンットゥはいつからフィンランドで世間的に知られるようになったか

Tonttu、それは妖精を意味しています。

妖精たちは複数形で言いますのでトンットゥット(Tontut)。

 

世界中では、言い方は様々で

妖精だったりエルフ、ブラウニー、トロールなどなど

色々な呼び方がありますが

フィンランドではトンットゥ(Tonttu)。

スウェーデンのトムテ(Tomte)という単語から来ています。

 

フィンランドで一番有名な妖精がクリスマスの妖精です。

赤いとんがり帽子をかぶった愛嬌のある可愛らしい小人達。

 

初めてフィンランドにクリスマスの妖精トンットゥが知られたのは

1881年、

フィンランド・ヘルシンキで

ドイツのクリスマス児童書がスウェーデン訳で出版されたのがきっかけです。

 

その本の中の登場人物に、

サンタクロースの助手を務める小人、

今でいう妖精トンットゥが登場したのが始まりでした。

 

そして

1890年、アダム・ハッカライネン(Adam Hakkarainen)が発行した本、

「クリスマスのおじいさんと妖精たち:クリスマスイブの喜びの物語」(Joulu-ukko ja tontut: tarina jouluaaton riemusta)

 

 

この本がフィンランドで初めて妖精トンットゥとサンタクロースが描かれた

クリスマスの最初の本だと言われています。

 

流れとしては、

フィンランドの妖精トンットゥとサンタクロースが

フィンランドのクリスマスに来て滞在し、

しかも!

永遠の家を見つけるために

現在でもサンタクロースと妖精が一緒に住んでいると言われる

コルヴァトゥントゥリ(Korvatunturi)へ来た物語が書かれている本です!!

 

実際、コルヴァトゥントゥリは

ラップランドのサンタクロース村から300km北へ離れたところにあるんですよ!

 

 

 

 

フィンランドにはどこにでも妖精が隠れている

フィンランドは色々な妖精達がいると言われていて

森の中、島、野原や

もちろん家の中、サウナにもそれぞれ独自の妖精がいます

 

あまり知られていないとても珍しい妖精は

古いお家の屋根裏部屋や地下室、古いお城にいる妖精。

 

都市に住む都会っ子の妖精もいて

「シティートンットゥ(City-tonttu)」

と言う名前まであるそうです。

 

これらの妖精達はそれぞれ役割とパフォーマンスによって

様々な専門家がいることも。

例えばパン屋の妖精だったり音楽家の妖精、キッチンの妖精などです。

 

そして妖精の中でもダントツで有名なのがクリスマスの妖精ヨウルトンットゥです。

この妖精達は、サンタクロースが子供達に配るプレゼントを作ることもあり、

パッキングや詰め込みなどもお手伝いする、言わばサンタクロースの助手です。

 

クリスマス時期以外にも、子供達がいい子でいるかこっそり見張っていることもあります。

そう、いい子悪い子のリストを作ってサンタクロースに報告したりする

「スパイ」でもあります。笑

 

いい子にしてた子供は次のクリスマスにプレゼントを思えますが、

悪い子はもらえないかもしれないと言われて

「いい子でいないとトンットゥが見てるよ!」なんて親が子供に言うこともあります。

 

 

 

 

フィンランドのクリスマス時期は子供も大人も妖精トンットゥになる

さて、科学的に証明はされていない妖精トンットゥ達ですが、

少なくとも、子供の心の中では本物の妖精達は実在します。

 

そして、フィンランドではクリスマス時期になると

職場から学校から色々なところで催しが開かれるのですが、

赤いとんがり帽子を被る人がそれはそれは増えます。

 

それも子供だけでなく、大人もパーティやクリスマスにお祝いをするときにも。

そしてその、赤いとんがり帽子をかぶってる人はみんな「トンットゥ」と呼ばれるように。

 

赤い帽子自体の名前がもうフィンランドでは

「妖精ハット(Tunttuhattu)」と言われています。

 

そう、あのクリスマスによく見る赤い帽子は

サンタクロースがかぶっているの帽子を見立ててるのではなく

クリスマスの妖精の赤いとんがり帽子をイメージしたものなんです。

 

 

日本ではフィンランドほど馴染みのないクリスマスの妖精トンットゥのお話、

ちょっと興味を持たれましたでしょうか?

フィンランドではちょうど今の時期、町中にトンットゥが溢れていますよ!

 

 

参考・引用:Tunturisuden joulusivut

 

 

関連記事

フィンランドのクリスマスって皆んなどう過ごしてるのか知ってますか?今回は一般的なご家庭のクリスマスを少し覗いてみましょう!前半はクリスマスの準備からディナーまで。日本…...続きを読む
  フィンランドのヘルシンキも11月下旬を迎え、気温が徐々に下がってきました。 11月23日現在は大体気温が0度前後となっています。 ちょっと風が吹いているとやはり…...続きを読む
フィンランドのクリスマスには欠かせない飲み物グロギ(Glögi)。どんな飲み物かご存知ですか?ご家庭でも超簡単に作れんるんですよ!ぜひ身近にフィンランドのホットドリンクを…...続きを読む
フィンランド・クリスマスに食べる朝食はちょっと工夫があって面白いんですよ。家族みんなでワイワイと楽しく食べることができます。さて、クリスマスの朝食は普段の朝食と何が違…...続きを読む
同じクリスマスとはいえ、ヨーロッパ、フィンランドのクリスマスと日本のクリスマスはやはり全然違います。日本のクリスマスのイメージを持ってヨーロッパに来てしまうと、がっか…...続きを読む
フィンランドには残念ながら、おすすめできる日本人の口に合う食べ物系のお土産があまりありません。今回はその中でもなかなかおすすめな、北欧伝統的なグロキという香辛料の入っ…...続きを読む

お薦めの北欧スポンジワイプ

是非水回り、テーブル拭きなどにご活用頂きたいです。


ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.雑貨と現地ツアーに通じて幸せを増やしたい

「フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」という目的を果たすため、キートスショップ現在は「フィンランド雑貨販売」と「ヘルシンキ現地ツアー」の2軸で事業を展開しております。フィンランドの雑貨が好きな方により良い製品、より早く、より良い価格でご提供し、フィンランド雑貨をお客様が手に取る際の喜びを想像しながら事業を運営しております。また、実際にフィンランド・ヘルシンキまで旅をされた方々にはフィンランド文化の核心価値を実際にご体験頂けるヘルシンキ現地ツアーをサービスとしてご提供しております。

「キートスショップで買ってよかった!」「キートスショップのツアーに参加してよかった!」というお客様の声を糧に、より良い商品を提供できるよう、より良いツアーを提供できるよう進めていきたいと思います。

3.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop

4.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら