フィンランドの首都ヘルシンキで二人目の新型コロナウイルス感染者が!

公開日:2020年2月28日  関連分類:

 

新型コロナウイルス 、この間まで日本を含む東アジア兼を中心に騒がれていましたが、

2020年2月下旬に入り、イタリアにも感染拡大しつつあるニュースを読まれた方は多いことでしょう。

 

 

2020年2月25日までフィンランドでは一度、北部の方でコロナウイルス感染者が1人出ただけで、事は大きくなりませんでした。

 

 

その後、インターネットや新聞などにはコロナウイルスの記事を目にすることもなく、きっとフィンランド国民は「いい意味で蚊帳の外」と思っていたことでしょう。

 

 

しかし、2020年2月26日の夕方、まさかのフィンランドで二人目のコロナウイルス感染者が出ました。

 

しかも、今回はフィンランド人の女性。

 

現在、この女性は病院に隔離されており、深刻な病状も出ておらず回復に向かっているとのことです。

 

 

 

 

旅行先で感染したのではないかと推測

原因としては、イタリア北部に旅行した事で感染したのではないかと推測されています。

 

 

女性は2月23日、イタリア旅行からフィンランドへ帰国しました。

そして、フィンランドでニュースになったのは3日後の2月26日。

 

 

この女性が隔離治療されている病院側によると、

この女性はフィンランドに到着後、すぐに症状が出ていたそうです。

 

 

他にフィンランドで感染者が出ている可能性は?!

この女性が旅先から帰国後、接触したのは二人とされています。

 

この二人とはすでに連絡が取れており、現在のところ何も症状が出ていないとのこと。

 

もし、万が一、症状が現れた場合、コロナウイルス治療対策を扱う病院の緊急連絡先に直接連絡が取れる状態になっており、現在はどちらの方も外出せず家の中で過ごしています。

 

ですので、今の段階ではこの二人がコロナウイルスを拡散しているとは考えにくいと言われています。

 

 

しかし、まだ問題はありました。

 

 

実は今回、感染したこの女性はイタリアからフィンランドへ帰国するのに利用した飛行機、、、、、直航便ではなかったのです。

 

一人旅ではありましたが、

 

どのルートで

どこの航空会社の便を使い、

どのように過ごしてきたか、

確認されている二人以外の人との接触の可能性など、

 

現在フィンランドの国立保健福祉研究所であるTHL(Terveyden ja hyvinvoinnin laitos)が調査しています。

 

 

 

 

フィンランド人はもしもの場合どう行動するか知っている

現在、この感染した女性は発熱さえしているものの、体調は良好とのことです。

 

皆さんもご存知、新型コロナウイルスには特別な薬が存在していません。

 

ですので、治療は通常の風邪と同じ治療が施されています。

 

もちろん、隔離はされた状態です。

 

 

ヘルシンキ大学病院、HUS(Helsinki University Hospital)感染症専門医の医院長アスコ・ヤルビネン氏(Asko Järvinen)は記者会見で、

 

 

現在、コロナウイルスはフィンランドにはないはずです。感染のリスクはありません。

(2020年2月26日の記者会見より)

 

 

と、述べました。

 

 

ヤルビネン氏によると、

フィンランド人はコロナウイルスの症状が発症したときにどのような行動をするべきか知っています、と言います。

 

 

今回、感染した女性はすぐに行動を起こし、最初に電話で医療チームに連絡しました。

そこで感染のリスク評価が行われ、すぐにサンプリングするために専門病棟へ連れて行かれたそうです。

 

 

 

 

フィンランド全ての病院の建物にコロナウイルス患者の隔離施設がある

ヤルビネン氏によると、コロナウイルス感染がさらに発生した場合、HUSはそれに備えており、患者を収容できる隔離施設もあるとのことです。

 

 

サンプルから結果を得るには早くとも1日を要すると言います。

 

 

感染の可能性がある方で、サンプリングの結果が出ていない時点でも、病院スタッフや患者に移してしまう可能性だけを考慮に入れるだけでなく、

 

万が一のウイルスの拡散を防ぐためにもを考慮して隔離施設へ行くことになります。

 

サンプリングされた患者はその病院に残りますが、自宅で隔離という場合も患者の状態を診て判断・決定されるとのこと。

 

 

今回、イタリアのコロナウイルス報道からたったの数日でフィンランドまでついに感染者が出てしまいました。

 

しかも、感染者は首都ヘルシンキということで、以前フィンランド北部で感染者が出た時よりも国民は敏感になり始めているようです。

 

 

フィンランドの新型コロナウイルス  過去記事

 

 

情報・引用:Yle-Uutiset -Suomalaisnainen saanut koronavirustartunnan Italiasta, kaksi altistunutta suomalaista eristyksissä kotonaan

情報・引用:Yle-Uutise -Hus kartoittaa hoitopaikkoja koronaviruspotilaille – eristystiloja löytyy jokaisesta sairaalarakennuksesta

関連記事

新型コロナウィルスが世界中を騒がせていますが、フィンランドは心配ないのでしょうか?フィンランド旅行の予定がある方には不安ですよね。フィンランドではどうなのか情報をお伝えします。
フィンランドにおけるコロナウィルスに関連する重要な情報を随時アップデート、時系列の形式でご提供します。確認感染者数、政府が発表した最新の政策や行動制限対策などの情報を…...続きを読む
解熱剤にイブプロフェンやコルチゾンは?フィンランドではどんな解熱剤が勧められているのか、そして自宅で自己治療となった場合にはどうすれば良いと言われているのかなどを書いています。
日本の医師は年収が高く、尊敬されますが、フィンランドはどうでしょうか?年収はいくらでしょうか?男女平等のフィンランド社会では、女性の医師は多いでしょうか?また。高社会…...続きを読む
新型コロナウイルス感染者・世界の分布図
新型コロナウイルスの状況を表にして分かりやすくしました。海外旅行は?空港は?フィンエアーは?世界ではどうのような状況でどのような対策が行われているのかピックアップして…...続きを読む
これから流行ってくるインフルエンザや季節ならではの風邪、新型コロナウイルス感染症との見分け方や違いはどう判断すればいいのか?これにフィンランドの専門家が答えています。…...続きを読む

お薦めの北欧スポンジワイプ

是非水回り、テーブル拭きなどにご活用頂きたいです。


ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.雑貨と現地ツアーに通じて幸せを増やしたい

「フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」という目的を果たすため、キートスショップ現在は「フィンランド雑貨販売」と「ヘルシンキ現地ツアー」の2軸で事業を展開しております。フィンランドの雑貨が好きな方により良い製品、より早く、より良い価格でご提供し、フィンランド雑貨をお客様が手に取る際の喜びを想像しながら事業を運営しております。また、実際にフィンランド・ヘルシンキまで旅をされた方々にはフィンランド文化の核心価値を実際にご体験頂けるヘルシンキ現地ツアーをサービスとしてご提供しております。

「キートスショップで買ってよかった!」「キートスショップのツアーに参加してよかった!」というお客様の声を糧に、より良い商品を提供できるよう、より良いツアーを提供できるよう進めていきたいと思います。

3.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop

4.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら