ついにフィンランドでも新型コロナウィルス感染者を確認・海外旅行

公開日:2020年1月30日  関連分類:

 

日本ではつい最近、武漢に渡航していない方が新型コロナウィルス(2019-nCoV)に感染しているとのニュースが出たところですね。

 

本当のところ、どれだけ世界中にこの新型コロナウィルスが広がってしまっているのか正確な数を知るすべはないと思いますが、

 

まさかの!

フィンランド国内でも2020年1月29日(水)に新型コロナウィルスの感染者が確認されてしまいました。

 

 

 

 

フィンランド北部のラップランドで新型コロナウィルス確認・中国人女性

現在、この新型コロナウィルスに感染している中国人女性(32歳)は、サンタクロースで有名なロバニエミのラップランド中央病院で隔離されています。

 

フィンランドの国立保健福祉研究所であるTHL(Terveyden ja hyvinvoinnin laitos)は1月29日(水)に女性を検査したところ新型コロナウィルスが検出され、確認、そして発表、記者会見が急遽行われました。

 

 

この感染者女性、少なくとも症状が続く間は隔離さてれています。

隔離を解除するかという判断については、2つのクリーンであるというテスト結果を出さなくてはいけません。

 

 

前回の記事に書いた通り、以前は中国人男性2人がラップランドイヴァロ(Ivalo)という街でインフルエンザのような症状を訴え、新型コロナウィルス感染の疑いで検査されましたが、セーフでした。

新型コロナウィルス・海外旅行フィンランドの状況 (1月27日・記事)

 

 

しかし、今回は、、残念ながらセーフではなかった、中国人女性。

 

彼女はどういったルートで、そしてどこで過ごし、隔離されることとなったのか、、、

 

 

 

 

またラップランドのイヴァロが鬼門か?!彼女はどういう経路を辿ったのか

感染者の中国人女性の旅は、1月22日に中国武漢の故郷から始まりました。

そこから中国の北京へ飛びます。そこで彼女は一晩滞在し、

 

 

その翌日1月23日フィンランドの旅へとヘルシンキ・ヴァンター空港に到着します。

ヘルシンキ首都周辺では滞在することなく、そのまま飛行機を乗り換えてラップランドイヴァロ(Ivalo)へ飛びました。

 

彼女の目的地はイヴァロから少し離れたオーロラ観測でも有名なリゾート地、サーリセルカ(Saariselkä)というところ。

 

ここに彼女は1月23日(木)から1月28日(火)まで観光目的で滞在していました。

 

 

新型コロナウィルスの症状はいつから出ていた?

最初の症状は1月26日(日)に彼女の旅行最終地であったサーリセルカで始まったとのこと。

 

はじめは一般的なインフルエンザを思わせるような、咳・鼻水・鼻づまり・息苦しさ・発熱などに苦しんでいたようです。

 

その二日後の1月28日(火)、発熱が治らず悪化し高熱に。

 

その後、彼女はイヴァロの救急に連絡し、翌日の1月29日(水)に新型コロナウィルス感染が検出され、このことが一般に発表されました。

 

現在、この感染が確認された女性は比較的体調が良いようで、ウォーミングアップ中ですが、特別な集中治療は必要ないとのことです。

 

 

情報・写真引用:https://www.is.fi/

 

上記画像の内容を分かりやすく

  • 1月23日:女性は武漢から北京へ飛びそこからヘルシンキへ。ヘルシンキ・ヴァンター空港に到着後、イヴァロへ行き、サーリセルカへ。
  • 1月24・25日:THLは、女性が他者へウイルスを感染させた可能性があると推定しています。
    THLは、症状が現れる1〜2日前にウイルスに感染させる可能性があると推定しています。 THLは、約15人が既に彼女発端のウィルスに感染する恐れがあると推定しています。
  • 1月26日:サーリセルカでインフルエンザのような症状が出始める。
  • 1月28日:女性はイヴァロの病院へ救急連絡を取り、そこからロバニエミのラップランド中央病院へ。
  • 1月29日:THLは、女性が新型コロナウィルスに感染していると確認。

 

 

彼女が原因でウィルス感染が更に広がる可能性はないのか?

彼女は団体観光客の一人としてフィンランドを訪れてはいません。

 

ラップランド中央病院の感染部主任である、マルック・ブロアス氏(Markku Broas)によると、

 

彼女がイヴァロからサーリセルカに訪れる前の、ヘルシンキ・ヴァンター空港で人々に新型コロナウィルスを感染させるリスクはごくごくわすかだ、と述べています。

 

ですが、この中国人女性がサーリセルカに滞在していた間はまた別なようで、

「症状は1月26日(日)に始まり、彼女がすでにイヴァロ方面にいた24日(金)に他者への感染のリスクが始まったと考えられる」と。

 

 

彼女はサーリセルカでいくつかの観光地を訪問したのは確かですが、カフェやレストラン、またはスーパーであろう、お店の詳細は一般に公開されていません。

 

感染した人と15分間以上、同じ状態や環境にあると、感染するリスクが生じるとTHLは言っており、彼女がサーリセルカで過ごした中で、15人がこの新型コロナウィルスに晒された恐れがあるとのこと。

 

 

この15人の人たちはどうやって探り出されたのかというと、彼女はどんな行動をしたのか、どこにいたのかを話し相談した上で感染被害者の数を推定したようです。

 

1月30日(木)に15人の彼らに連絡を取り、どう行動すれば良いのか、症状があるのかどうか、サンプリングを取って検査をする予定とのこと。

 

 

マルック・ブロアス氏によると、この15人全てが中国人というわけではないとし、ほとんどはフィンランド人以外の外国人だが、フィンランド人もいるかもしれない、公開発表はできないと言っています。

 

追記:1月30日の午前(フィンランド現地時間)、感染の疑いがある人の人数は合計24人に増えました。

 

 

 

 

フィンエアーはどうする?欧州連合市民は??

1月28日(火)に、フィンランド航空会社・フィンエアーは2月の初めから3月末まで中国へのフライトの一部をキャンセルすると発表しました。

※1月30日には2~3月の中国便全便の新規予約をすべて中止することとなりました。

 

一方、ブリティッシュ・エアウェイズ(British Airways)は1月29日(水)に中国本土への発着便を全て停止すると発表。

 

世界保健機関、WHOの緊急委員会は「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態(PHEIC)」に当たるかどうか、必要性を評価するために、週に3回、近日で1月30日(木)に会合します。

 

本国送還、日本でも既に実施されましたね。

EUでは1月29日(水)に約600人の欧州連合市民が本国送還されると述べました。

また、イギリスは、武漢の中心部から二週間隔離された市民を避難させる計画でいます。

 

 

情報・引用:Ilta Sanomat -Koronainfektio voi alkaa kuin perusflunssa – tätä reittiä virus saapui Suomeen, altistuminen ollut mahdollista useiden päivien ajan

情報・引用:Ilta Sanomat -Lapin keskussairaalan infektioylilääkäri: Osa koronavirukselle altistuneista voi olla suomalaisia

 

関連記事

ヨーロッパにも拡大しつつある新型コロナウイルス 。フィンランドでは、もしもの場合どのような対策をとる準備ができているのか?隔離は?入国は?そして在住者からみる日本人の…...続きを読む
感染者死亡率は年齢によって何%ほどなのか?この国では死者は出ていませんが、新型コロナウイルスの感染は治るどころか確実に少しづつフィンランドにも来ています。まずは第一に…...続きを読む
税金負担が高く、社会福利制度が整っていると思われているフィンランドですが、果たしてフィンランドで生活する人々は医薬品費用の自己負担がどのくらいあるのでしょうか。日本と…...続きを読む
フィンランド首都ヘルシンキで二人目のコロナウイルス感染者が出てしまいました。どのような経緯でフィンランドにウイルスがきてしまった可能性があるのか、そして他に感染させて…...続きを読む
新型コロナウィルス感染者がついにフィンランドでも出てしまいました。感染者はどのようなルートを辿り、どこで観光したのか、フィンランドではどのような対処をとるのかを詳しく書いています。
  フィンランドに住んで4年半、2年間のユヴァスキュラと2年半のヘルシンキですが、既にヘルシンキで2回も緊急怪我や病気対応の経験があります。   1回目は旅行で…...続きを読む

お薦めの北欧スポンジワイプ

是非水回り、テーブル拭きなどにご活用頂きたいです。


ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.雑貨と現地ツアーに通じて幸せを増やしたい

「フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」という目的を果たすため、キートスショップ現在は「フィンランド雑貨販売」と「ヘルシンキ現地ツアー」の2軸で事業を展開しております。フィンランドの雑貨が好きな方により良い製品、より早く、より良い価格でご提供し、フィンランド雑貨をお客様が手に取る際の喜びを想像しながら事業を運営しております。また、実際にフィンランド・ヘルシンキまで旅をされた方々にはフィンランド文化の核心価値を実際にご体験頂けるヘルシンキ現地ツアーをサービスとしてご提供しております。

「キートスショップで買ってよかった!」「キートスショップのツアーに参加してよかった!」というお客様の声を糧に、より良い商品を提供できるよう、より良いツアーを提供できるよう進めていきたいと思います。

3.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop

4.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら