秋のフィンランドのキノコ狩りを満喫! クリーム野生キノコスパゲッティ

公開日:2018年10月5日  関連分類:   

まだヘルシンキでキノコ狩りしたことないなと思った矢先に、友人からの誘いがあって先日友人数名と一緒にヘルシンキ近辺の森にキノコ狩りに出かけました。

参考:ヘルシンキ・フィンランドの秋にキノコ狩り!大切な事前準備と注意事項とは?

 

キノコの識別に苦労しながらも「確信のないキノコは全て捨てる」原則に基づき、キノコガイドブックと筆者過去の経験を頼りに数種類の野生キノコを採りました。

 

食べたらどうなるかを少し心配しながら、次の調理へ進みます。

 

※採集した数種類の野生キノコです!フィンランドの大自然を感じます。

 

まずは調理前のキノコ下処理

今回数種類のキノコを採りましたが、そのうちの1種類は食用前に10分間水で煮込むという前処理が必要です。(キノコガイドブック及びネット情報によると)

そのため、その1種類のキノコの熱処理を行いました。

 

また、他のキノコは小さいブラシを使ってくっついていた葉っぱや雑草などを取り除き、できるだけきれいな状態にしました。

下処理と言ってもこのくらいだけです。

 

下処理をしながら思ったのは、キノコの種類によって表面がねばねばするものもあれば、全体的に少し乾燥しているものもあり、弾力性が高いキノコもありました。

面白いですね。

 

 

ちなみに、友人たちはあまりキノコを水で洗わないようです。

なので、水で洗わずに次の段階へ進みます。

筆者は試しに1個のキノコを洗ってみましたが、見事に一部変色しました(汗)

 

※左のキノコは10分間煮込むの必要があるキノコです。右奥の真っ白のキノコは完全にマッシュマロのような食感です。

 

クリームチーズキノコスパゲッティの調理

今回のシェフは筆者の友人ですので、料理に慣れている彼女の腕に任すことにしました。

 

キノコは種類を問わず、全て一口サイズに切り、バターで炒め、その後クリーム、水、チーズ、コンソメを入れてソースを調理しました。

スパゲッティを茹でたら、チーズクリームキノコソースを入れるだけでした。

 

キノコの量が多かったら、キノコ炒めだけの品も作る予定でしたが、残念ながら採れたキノコはそれほど多くなかったです。

 

 

必要な材料を事前に準備しておけば、とても簡単で美味しい一品です。

 

また、クリームとチーズを入れず、ベーコン、塩と唐辛子をベースとしたスパゲッティも作りました。

 

どれもおいしかったです~!

 

※キノコたち、おいしくな~れ!

 

超簡単キノコ料理レシピも!

フィンランドでのキノコ料理と言えば、通常はスープ、炒め物、もしくは炒めてから他の食料と混ぜて食べることが多いです。

 

フィンランド料理ではないですが、今回はとても簡単な調理法もついでにご紹介します。

 

キノココーンスープです!

 

その調理の仕方がとても簡単で、キノコと水と昆布を水に入れて弱火でゆっくり煮込み、最後にコーンスープ粉末を入れればOKです!

 

とても簡単ですので、是非チャンスがあれば試してみてください!

 

※ちなみに、もちろんですが、キノコによって食感も異なります。とても柔らかいキノコもあれば、歯ごたえのあるキノコもあります。

 

関連記事

 

お薦めムーミングッズ

かわいいムーミンが色々な形で登場します!是非参考にご覧ください。












ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.フィンランド・北欧のデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。また、フィンランド出身の原作者トーベ・ヤンソンが作り出した「ムーミン」の背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表の一つです。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーがフィンランドもしくは北欧に多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら