フィンランドの光熱費はどうなってるの?フィンランド賃貸について

公開日:2021年2月7日  関連分類:

 

フィンランドに住むことになる時、もしくはフィンランドに住みたいと思ったときに、どのくらい生活費がかかるかを事前に知っておきたいものです。

 

それで、家賃や光熱費など毎月の固定費用を知っておくことがとても大事です。

 

 

賃貸物件や家賃について、下記の記事にて関連情報をまとめているので、是非ご参考ください。

 

参考:フィンランドで家探し・賃貸探しの注意点とは?物件を探すサイトも合わせて紹介!

参考:フィンランド・ヘルシンキで家探し・賃貸探しの実体験

 

 

光熱費の情報はあまりなかったので、この記事にてフィンランド賃貸物件の光熱費情報をご提供できればと思います。

 

 

果たしてフィンランドの電気代、水道代、ガス代はどのように計算され、大体いくらかかるでしょうか。

日本ではなじみのないヒーティングに関する費用はどうでしょうか。

 

 

 

 

フィンランドの家では基本的にガスを使わない

フィンランドの家は大体オール電化です。

 

ガスを使うことがほとんどありません。

 

日本の住宅みたいにガスのパイプが埋め込まれ、それぞれの住宅に引かれ、ガス使用量がわかるメーターがあるわけではありません。

 

そのため、ガス代も発生しません。

 

 

水道代がメーターシステムではなく、団地全体で毎年調整される

日本の水道代は家ごとに分かれ、それぞれの家には自分のメーターがあり、使用量はすべて個別で記録されています。

 

 

しかし、フィンランドではそうなっていません。

 

フィンランドで家ごとのメーターがありません

水道の使用量は団地ごと、もしくはマンションごとで記録されています。

 

そして、団地全体もしくはマンション全体の1年間水道使用料金が計上され、翌年の居住者に払ってもらうというシステムです。

 

 

なので、賃貸物件の情報を読んでいると、「水道代20ユーロ/人」という記載があります。

ひと月一人当たりの水道代が20ユーロという意味ですが、この20ユーロは去年の水道使用量から算出されたのです。

 

結局、水道は従量料金ではなく、固定料金の使い放題システムになってしまいます。(水の無駄使いになりやすいですよね。。。)

 

 

そのため、水道に関しては水道局と契約する必要がなく、賃貸物件情報に料金情報が掲載されており、毎年見直されるということになります。

 

 

 

 

電気は自由に電気会社を選んで契約する

フィンランドでプライベートの賃貸を借りて入居する際には電気会社と契約して電気供給してもらいます。

 

どの電気会社と契約するのは自由です。

 

例えば、ヘルシンキ都市圏であれば、HelenVantaan Energiaと言った電気会社があります。

 

そして、電気契約にも様々なプランがあります。

再生エネルギーしか使わない電気プランであったり、固定料金プランであったり様々なものがあります。

 

 

そして、すごいのは比較サイトまであります

energiavirasto

 

 

住む場所の郵便番号を入力し、住んでいる家のタイプを選択し、契約の種類を選べば、様々な電力会社のプランを一覧で出してくれます。

 

そして、年間料金額まで一覧で出ます。

 

しかも、それぞれのプランの中に、火力発電は何%、原子力は何%、再生エネルギーは何%までわかりやすく表記されます。

 

それだとすごく選びやすいですね。

 

 

ヒーティング費用がどうなるかは要確認!

フィンランドのマンションは一般的にセントラルヒーティングシステムで、ビル全体が暖かくなるデザインです。

 

 

このヒーティングの費用は一般的に大家さんが負担しています。

 

ただし、物件によって入居者負担の可能性もありますので、是非賃貸契約を結ぶ前に確認して頂きたいです。

 

 

他に一軒家の場合はどうなるかとかも要注意ですね。

 

 

ヒーティング費用を自分で負担するとかなり高いイメージがあるので、確認漏れのないようにですね。

 

 

 

 

公共放送の料金は税金から補填

日本のNHKは個別の世帯から料金を徴収していますが、フィンランドでは個別に徴収していません。

放送税を徴収しているので、個別に契約や支払いはございません。

 

 

 

以上、フィンランドの賃貸物件に関する光熱費の関連情報についてまとめてみました。

これからフィンランドに住む方は是非ご参考くださいね。

 

関連記事

フィンランドで欠かせないアウトドアアクティビティ、バーベキューの様子をお届けしています。夏は日が長いので、夜までバーベキューができちゃうんです。レンタル庭という場所か…...続きを読む
結局どの国もお尻が大切!トイレットペーパーがフィンランドのスーパーからなくなる?!コロナの影響でフィンランド国民がスーパーから買い求めるものとは?他の国ではどう違う?!
フィンランド・ヘルシンキは日本に似ている状況でいよいよ第二派のピークを迎えつつあります。そんな状況の中でヘルシンキ首都圏はセミシャットダウン対策を打ち出しました。ワク…...続きを読む
フィンランド料理を代表する料理にレバーの料理があります。このお料理がフィンランド人が大好きで止まないものとコラボレーションした製品が発表されました。今回はジョークを交えてのご紹介。
様々な違いがある日本とフィンランドですが、今回は筆者が感じた「え!?こんなところで違いを感じるの?」という細かい部分をご紹介したいと思います。内容はタイトルにもあるよ…...続きを読む
こそまだ本格的には積もってませんが、11月の29日現在、気温は0℃あたりをさまよってます。そんな中怖い体験をしたSUOMI PERKELEの筆者。冬の間、暗いフィンランドでは気をつける…...続きを読む

お薦めの北欧キッチンタオル

是非使う目的、場所に合わせて自分に合う一枚をお選びください。

ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.雑貨と現地ツアーに通じて幸せを増やしたい

「フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」という目的を果たすため、キートスショップ現在は「フィンランド雑貨販売」と「ヘルシンキ現地ツアー」の2軸で事業を展開しております。フィンランドの雑貨が好きな方により良い製品、より早く、より良い価格でご提供し、フィンランド雑貨をお客様が手に取る際の喜びを想像しながら事業を運営しております。また、実際にフィンランド・ヘルシンキまで旅をされた方々にはフィンランド文化の核心価値を実際にご体験頂けるヘルシンキ現地ツアーをサービスとしてご提供しております。

「キートスショップで買ってよかった!」「キートスショップのツアーに参加してよかった!」というお客様の声を糧に、より良い商品を提供できるよう、より良いツアーを提供できるよう進めていきたいと思います。

3.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop

4.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら