タリンのお薦めカフェ:Maiasmokk Cafe

公開日:2019年4月5日  関連分類: 

 

もしヘルシンキからフェリーに乗ってタリンに訪ねると、大体の人々は北門の太っちょのマルガレータからタリン旧市街に入ります。

その道にそのまま沿って南に向かって歩いていくと必ずこのカフェ「Maiasmokk Cafe」に出会います。

 

旧市街の中にあり、旧市庁舎広場から遠くないMaiasmokk Cafeの外観はすごい目立つわけではないですが、中に入ってみるとその100年前から残された景色はその時代のままです。

 

 

タリンの世界遺産旧市街には多くのカフェがありますが、Maiasmokk Cafeはエストニア最古の操業中カフェだそうです。

1864年開業のカフェMaiasmokk Cafeはすでに創業155年を誇り、タリンでは知らない人がいないほどの有名老舗カフェです。

 

 

※下記キートスショップ主催のヘルシンキ発タリン日帰りツアーをご参考ください。

  なぜ「ヘルシンキ発タリン日帰りツアー」? 想像より遥かに楽しい世界遺産・中世の町タリン フィンランドの隣国でヘルシンキから直線距離僅か80キロですが、タリンはヘ…...続きを読む

  ラウンジの選択は2種類 ビジネスラウンジ ビュッフェ食べ放題 十数種類以上の暖かい料理、サラダバー、パンなど ビール、ワイン、ロングドリンク、シャンパン、カクテル…...続きを読む

 

 

Maiasmokk Cafe店内の古典的で時代を感じさせられる雰囲気

Maiasmokk Cafeは小さい三角広場に面し、三叉路の一角に立っています。

 

 

カフェの横を歩き通ると、多くの人々はその窓に飾られている「コーヒーカップの観覧車」に目を奪われるでしょう。

それは高さ1~2メートルの金属観覧車に多くの19~20世紀のデザインがなされたコーヒーカップが載せられ、回り続いている観覧車です。

 

 

 

 

カフェの中に一歩踏み込むと茶色ベースで統一された内装とインテリアに金色ベースの照明がそのまま人に20世紀初期の時代を連想させられます。

床は現在北欧スタイルの木材ではなく、日本の昭和時代のような模様と石材です。

 

 

 

 

筆者が訪ねた4月の平日午後には店員さんは若い女性一人だけで、店内も少し閑散しています。

タリンでは4月は観光のローシーズンであるため、人が少なく、筆者は店内でコーヒー一杯で何もせず何も考えずに一人で窓の外をずっと眺めることで少し時間を贅沢に使うことにしました。

 

歩き通る人々を見てどんな人だろうな、これからなにをするんだろうなと想像してみるのもなかなか楽しいです。

 

2.5ユーロの少し味が濃めのコーヒーとともに30分の時間は一瞬で過ぎてしまいました。

 

 

 

 

 

 

1864年から生きてきたMaiasmokk Cafeと時代の夢

エストニアの営業中カフェとして歴史が最も長いMaiasmokk Cafeは1864年に機関車、写真撮影などの有名な現在技術の発明と一緒にこの世に生まれました。

 

それは人々が大きいな夢を持つ楽しい時代です。

 

人々は大きいな冒険に憧れを持ち、いつかは神秘な島に行き、偉大な冒険を遂げ、月までも飛んでいきたいと思うのです。

 

 

150年の年月も過ぎ、科学技術、ファッションなどほとんどすべての分野で驚異的な変化を見せ、もはや世界は完全に変わったようです。

しかし、Maiasmokk Cafeでは150年前と同じ雰囲気で存在し、150年前と同じ味覚を提供し続けています。

 

 

その時代の雰囲気と味を感じてみると、もしかしたらあなたもまた新しい夢を見ることができるかもしれませんね。

 

 

 

 

平均4.4の高いお客様レビュー

Maiasmokk Cafeはグーグルマップで現在966件のレビューを集め、平均4.4点の高い評価を受けています。

 

実際に現地に足を運んだ日本の方はどのようなレビューを残したかを参考に見てみましょう。

 

「タリンの老舗カフェ。席はすぐに埋まるが、回転も早い。

今回注文したのは以下の2つ。
・カプチーノ:コーヒーの苦味が後味をひくミルク感弱め
・サーモンクロワッサン:ラスト一品でした。レモンがとても酸っぱかったけど、サーモンやっぱり美味しい。クロワッサンはジューシーで重め。

ショーウィンドウに並んでいたケーキはどれも美味しそうだった。目的のケーキは売り切れだった、、。」

 

「タリンを訪れたら、行くべきカフェの最有力のお店です。マジパンのお店と併設してます。タリンのカフェでは最古と言われています。子供さんから紳士、淑女も気軽に入れる雰囲気です。しかし、伝統のお店であることは変わりありません。コーヒーやケーキや、チョコレートはタリンの品のよさが伝わります。ただし、あまりにも人気店なので、お客さんが多くざわざわする時がありますので、そこはご了承ください。マジパンのお店も観光ガイドや日本のテレビ番組に取り上げられていますので、お立ち寄りください。」

 

「遅めの朝食に利用しました。パンやロシア風のポテトサラダ、コーヒーが美味しい。内装も趣があります。お客さんが途絶えないので早い時間に行くとゆっくりできます。」

 

 

 

 

Maiasmokk Cafe営業情報

  • 営業時間:月~金8:00~21:00、土日9:00~21:00
  • 住所:Pikk tn 16, Tallinn
  • マジパン店舗営業時間:毎日10:00~21:00
  • 地図

 

 

 

 

 

関連記事

 

 

お薦めの北欧キッチンタオル

是非使う目的、場所に合わせて自分に合う一枚をお選びください。



ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.雑貨と現地ツアーに通じて幸せを増やしたい

「フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」という目的を果たすため、キートスショップ現在は「フィンランド雑貨販売」と「ヘルシンキ現地ツアー」の2軸で事業を展開しております。フィンランドの雑貨が好きな方により良い製品、より早く、より良い価格でご提供し、フィンランド雑貨をお客様が手に取る際の喜びを想像しながら事業を運営しております。また、実際にフィンランド・ヘルシンキまで旅をされた方々にはフィンランド文化の核心価値を実際にご体験頂けるヘルシンキ現地ツアーをサービスとしてご提供しております。

「キートスショップで買ってよかった!」「キートスショップのツアーに参加してよかった!」というお客様の声を糧に、より良い商品を提供できるよう、より良いツアーを提供できるよう進めていきたいと思います。

3.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop

4.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら