聖アレクサンドル・ネフスキー大聖堂(St. Alexander Nevsky Cathedral) タリンのお薦め観光地

公開日:2019年4月19日  関連分類:  

 

聖アレクサンドル・ネフスキー大聖堂(St. Alexander Nevsky Cathedral)タリン旧市街の南に位置し、旧市街のロータウンである旧市庁舎広場からトーンペアの丘に登る際の途中に聖アレクサンドル・ネフスキー大聖堂を経由します。

 

 

エストニア人にとって聖アレクサンドル・ネフスキー大聖堂はある意味負のイメージが残ります。

エストニアは小国であり、西ヨーロッパとロシアを繋げる途中の要衝地でもあるため、歴史上度々他の国に統治されていました。

 

聖アレクサンドル・ネフスキー大聖堂はまさにロシア帝国に統治されていた時代に建造されたもので、ロシア帝国の象徴というような意味合いがあります。

 

 

しかし、現在は歴史的な建築物として保存され、タリンのロシア正教教徒が集まる場所として利用され、観光客にとっても一つの観光スポットとなっています。

 

 

※下記キートスショップ主催のヘルシンキ発タリン日帰りツアーをご参考ください。

  なぜ「ヘルシンキ発タリン日帰りツアー」? 想像より遥かに楽しい世界遺産・中世の町タリン フィンランドの隣国でヘルシンキから直線距離僅か80キロですが、タリンはヘ…...続きを読む

  ラウンジの選択は2種類 ビジネスラウンジ ビュッフェ食べ放題 十数種類以上の暖かい料理、サラダバー、パンなど ビール、ワイン、ロングドリンク、シャンパン、カクテル…...続きを読む

 

 

聖アレクサンドル・ネフスキー大聖堂の概要

聖アレクサンドル・ネフスキー大聖堂はエストニアの主なロシア正教教会であり、ロシア復興建築スタイルと伝統的な玉ねぎ状の塔を持ち、トーンペアの丘の南側にある分かりやすい建築物です。

 

建造は1895~1900年に行われ、当時エストニアはロシア帝国の一部で、聖アレクサンドル・ネフスキー大聖堂もロシア帝国がエストニアに対する政治的及び宗教的な支配力の象徴とされてきました。

 

 

ロシアに統治されたエストニアには多くのロシア人が入植していたため、ロシア正教教会に対する需要が高まり、そのために聖アレクサンドル・ネフスキー大聖堂が建造されたわけです。

聖アレクサンドル・ネフスキー大聖堂の容量は1500人に達します。

 

 

内部の装飾はモザイクアートが特徴で、サイズにおいても精緻度においてもエストニア屈指のレベルです。

 

 

 

 

聖アレクサンドル・ネフスキー大聖堂の名前は13世紀のロシアの王子であるNovgorod, Alexander Yaroslavich Nevskyから名付けされました。

Novgorod, Alexander Yaroslavich Nevsky王子はドイツからの十字軍を凍り付いた湖(現在エストニアとロシアの国境にある)の上から退いたことが有名ですね。

 

 

聖アレクサンドル・ネフスキー大聖堂には11個もの鐘が設置され、その中でタリン最大級の15トンの鐘があり、イベントの前に鳴らされます。

 

 

ソ連は無宗教主義だったため、ソ連統治時代に聖アレクサンドル・ネフスキー大聖堂は閉じられたが、エストニアが1991年に再独立した際に聖アレクサンドル・ネフスキー大聖堂での宗教活動が再開されました。

 

 

 

 

開館情報

  • 開館時間:月~日8:00~18:00
  • 住所:Lossi plats 10, 10130 Tallinn, エストニア
  • 地図

 

 

 

参考:Visit Tallinn

参考:Estonian Orthodox Church of Moscow Patriarchate

参考:Wikipedia

 

 

関連記事

 

 

お薦めの北欧スポンジワイプ

是非水回り、テーブル拭きなどにご活用頂きたいです。


ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.雑貨と現地ツアーに通じて幸せを増やしたい

「フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」という目的を果たすため、キートスショップ現在は「フィンランド雑貨販売」と「ヘルシンキ現地ツアー」の2軸で事業を展開しております。フィンランドの雑貨が好きな方により良い製品、より早く、より良い価格でご提供し、フィンランド雑貨をお客様が手に取る際の喜びを想像しながら事業を運営しております。また、実際にフィンランド・ヘルシンキまで旅をされた方々にはフィンランド文化の核心価値を実際にご体験頂けるヘルシンキ現地ツアーをサービスとしてご提供しております。

「キートスショップで買ってよかった!」「キートスショップのツアーに参加してよかった!」というお客様の声を糧に、より良い商品を提供できるよう、より良いツアーを提供できるよう進めていきたいと思います。

3.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop

4.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら