聖霊教会(Holy Spirit Church) タリンのお薦め観光地

公開日:2019年8月27日  関連分類:

※Wikipidiaより引用。
タリンの旧市庁舎広場のすぐ横にある聖霊教会(英語:Holy Spirit Church、エストニア語:Püha Vaimu kirik)は14世紀に建てられ、木造のインテリアから横壁にある時計、六角形の塔まで独特な様式に作られています。

 

 

聖霊教会は元々タリンの街の病人や老人を対象とした隣の聖霊救貧院の一部として創立され、中世にかけて、それは住民の主要教会であり続けました。

 

 

聖霊教会はエストニア主要主教であるエヴァンゲリオンルーテル教会に所属しています。

その前身はローマカトリック教会でした。

 

 

※下記キートスショップ主催のヘルシンキ発タリン日帰りツアーをご参考ください。

ヘルシンキとまるで別世界のような街「タリン」。そこにあるのは中世の情緒、古くから残されてきた記憶の痕跡。キートスショップのタリンツアーはヘルシンキ中央駅から出発し、最…...続きを読む

ヘルシンキ⇔タリンの往復乗船券をご購入頂けます。コンフォートラウンジとビジネスラウンジの2種類をお選び頂けますので、夏のハイシーズンに混雑する船内と無縁でゆとりのある…...続きを読む

 

 

聖霊教会にある時計はタリン最古の公用時計として、その歴史は17世紀に遡り、今はすでに約300~400年間に渡って時間を継続的に表示しています。

 

また、内部インテリアには15世紀の祭壇、16世紀末に生まれたエストニア最古の説教壇や様々な木造彫刻品、貴重品が聖霊教会の大きいな特徴にもなっています。

 

 

ヨーロッパでの宗教改革後、エストニアでの布教は一般的にドイツ語で行われてきましたが、エストニア語で布教活動が初めて行われたのがこの聖霊教会で1531年でした。(今から約500年前)

そして、エストニア語で書かれた宗教書籍も1535年にこの教会で初めて出版されました。

 

 

教会の外観には真っ白の外壁に階段式の正面屋根、ゴシックスタイルの窓と手の込んだ石造の装飾などが見られます。

ステントガラスは20世紀後半のものです。

 

 

※Visit Estoniaより引用。
 

開館情報

  • 開館時間
    月~金:9:00~18:00
    土曜:10:00~18:00
    日曜:礼拝時以外の時間帯
    ※季節によって時間が前後します。
  • 入場料:1.5ユーロ
  • 住所:Pühavaimu 2, 10123 Tallinn, エストニア
  • 地図

 

 

 

参考:Wikipedia Church of the Holy Spirit, Tallinn

参考:Visit Tallinn 聖霊教会

 

 

関連記事

  タリンのことを「写真一枚」で表すなら、おそらく多くの人は「コフトウッツァ展望台」(Kohtuotsa viewing platform)からの展望写真を選ぶでしょう。     コフ…...続きを読む
  タリン旧市街を北側から入り、ゆっくり散策していくと聖オラフ教会、旧市庁舎広場などを観覧しながら南へ向かって進むと聖ニコラス教会に出会えます。     聖ニ…...続きを読む
  タリン旧市街地はハイタウンのトーンペア(Toompea)とロータウンの2つのエリアに分かれています。 昔の政府要員、貴族などは丘の上であるトーンペアエリアに住居を置き…...続きを読む
※Wikipidiaより引用。 タリンの旧市庁舎広場のすぐ横にある聖霊教会(英語:Holy Spirit Church、エストニア語:Püha Vaimu kirik)は14世紀に建てられ、木造のインテリアから…...続きを読む
  世界遺産のタリン旧市街を散策し、旧市庁舎広場からトーンペア高台のコフトウッツァ展望台に向かって歩いていくとある真っ白の教会に出会います。 その真っ白の教会は「セ…...続きを読む
  聖アレクサンドル・ネフスキー大聖堂(St. Alexander Nevsky Cathedral)はタリン旧市街の南に位置し、旧市街のロータウンである旧市庁舎広場からトーンペアの丘に登る際…...続きを読む

外出・旅行がより楽しくなるアクセサリー

外出や旅行をする時に「サイズが小さい」「色んなシーンに似合う」「フィンランドデザイン」「自然木材」のピアスアクセサリーはいかがでしょうか。

ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.雑貨と現地ツアーに通じて幸せを増やしたい

「フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」という目的を果たすため、キートスショップ現在は「フィンランド雑貨販売」と「ヘルシンキ現地ツアー」の2軸で事業を展開しております。フィンランドの雑貨が好きな方により良い製品、より早く、より良い価格でご提供し、フィンランド雑貨をお客様が手に取る際の喜びを想像しながら事業を運営しております。また、実際にフィンランド・ヘルシンキまで旅をされた方々にはフィンランド文化の核心価値を実際にご体験頂けるヘルシンキ現地ツアーをサービスとしてご提供しております。

「キートスショップで買ってよかった!」「キートスショップのツアーに参加してよかった!」というお客様の声を糧に、より良い商品を提供できるよう、より良いツアーを提供できるよう進めていきたいと思います。

3.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop

4.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら