サウナ犬を追いかけ、日本のテレビ番組クルーが走り回る?!

公開日:2020年2月4日  関連分類:

 

日本のテレビで放送されるフィンランドの文化や情報。

時に日本でフィンランドという国が面白おかしく放送され紹介されることがありますが、逆にフィンランドからも日本という国が面白おかしく映ることがあります。

 

 

今回はフィンランドのメディアで

いったい日本人はどこからフィンランドの細かい情報を得ているのか見当もつかないよ

と言われることがありましたのでちょっとご紹介。

 

 

 

 

ワオ!サウナ入浴する犬は日本でニュースになるほどのことなのか!!

日本で海外の文化や習慣を紹介する、某クイズ番組。

1月末ごろ、その番組クルーが「サウナをする女性とミロ(犬)」という明確な目的を持ってヘルシンキの公衆サウナに訪れた様で、撮影が始まったそうです。

 

 

どこのサウナかといいますと、、、

 

サウナ・ヘルマンニ(Sauna Hermanni)というヘルシンキ市内にある公衆サウナです。

詳細はこちらで紹介しています。

フィンランド旅行・観光 ヘルシンキ市推薦の公衆サウナ4軒一挙大公開!(一)

 

 

そう、この公衆サウナには看板娘ならぬ看板犬がいます。

それが経営者オーナーさんの愛犬ミロなのですが、このミロこそが「サウナ犬」なんですね。

 

公衆サウナに看板犬がいるだって!!??しかもその犬もサウナに入るだと?!?!

と、日本のテレビ番組関係者の目を引いたのでしょう。

 

 

そしてフィンランの方からすると、

 

「フィンランドのサウナ文化は外国人にとって、特に日本人にとってはとても興味深いもの。ましてや看板犬となれば日本ではニュースにする価値がある情報らしいぞ!」

 

「日本のテレビはサウナ犬を珍しい珍しいとカメラを持って追いかけてるぞー!!」

 

と、フィンランドのメディアでは取り上げられていました。

 

 

ミニチュア・ピンシャー犬のミロは地元のサウナーたちも知っている

情報・写真引用:Helsingin Sanomat -Japanilaiset tv-ryhmät ramppaavat kuvaamassa saunovaa koiraa Helsingissä ..

 

サウナ犬と言われるミロ、もちろん地元でも有名です。

 

なんせサウナに入りに来るお客さんと一緒にサウナ入浴することがありますから。

それだけでなくミロはとてもお利口で、オーナーさんがサウナストーブに使う石を買いに行くと一緒に石を運んでくれることもあるそうです。

 

 

そんな愛くるしい犬、ミロの飼い主でもありサウナ施設のオーナーでもあるミカ・アホネンさん(Mika Ahonen)、撮影の日には少々緊張していたご様子。

 

営業時間が終了してから、ミカさんはもちろん、サウナ・ヘルマンニの常連さんたちも一緒になって主役であるミロと撮影されたようで、問題なくスムーズにいったようです。

 

 

サウナ犬と言われるほどのミロですから、サウナはこなれたもの。

子犬の頃からサウナ入浴をしてるので、一番緊張していたのはオーナーさんかもしれません。

 

 

 

 

本当にフィンランドでは犬もサウナに入るのは普通なの?

答えは、「ノー、ややイエス」です。

 

曖昧ですね。汗

 

本来ならば、サウナの加減を知らない犬に対しては「ノー」でしょう。

しかし、犬を飼う人が多いフィンランド。そして、サウナ大好きフィンランド人。

犬も一緒にサウナに入るご家庭、稀にあります。

 

 

フィンランドで犬は完全室内飼い。もちろん、大型犬もです。

よく考えてみてください、、、冬は氷点下にもなるフィンランド、屋外では凍えてしまいます。

かなり溺愛して犬を飼ってらっしゃる方もいるので「よーし、サウナにも入れてあげよう」となるのは自然なこと?!かもしれませんね。。笑

 

 

 

 

サウナ犬、ミロの場合はどうだったのか?

「彼(ミロ)は今や間違いなく大きな男に成長してるよ!笑」

とオーナーのミカさん。

 

 

常連客や何度か訪れたことのあるお客さんならミロがサウナ入浴することを知っていますし、その行為に慣れているのでなんとも思わないでしょう。

しかし、初めての方にとっては、サウナの暑さの中で横たわっている犬を見て病気なのか、死んでいるのかちょっと不安になることもあるようです。

 

が!

 

心配ご無用。ミロはサウナのことをよく分かっているそうで、自分のペースで水を飲んだり休憩したりします。サウナに満足したらカウンターの下にある自分専用のベッドでゆっくりするようです。

 

ミロがサウナの一番下段の踏み台にも登ることができないくらい子犬だった時、サウナ内で人が座るベンチの下や床でサウナを楽しんでいました。

そして犬年齢でいう3歳ぐらいになった頃、ミロはサウナの踏み台をも上り、人が座るベンチの横まで上ってきてサウナを楽しむようになったそうです。

 

 

日本からしてみれば、犬がサウナ?!とびっくりなニュースになりますが、

フィンランドでは「微笑ましいわね」ぐらいで終わるようなことかもしれません。

 

 

日本の番組で放送された頃、このサウナ犬ミロはフィンランドの国をも超えて有名犬になることでしょう!

 

 

情報・引用:Helsingin Sanomat -Japanilaiset tv-ryhmät ramppaavat kuvaamassa saunovaa koiraa Helsingissä ..

 

関連記事

※ヤマナラシの葉っぱです。   北欧の大地フィンランドなので、5月と言わず、夏の6月でさえ雪が降る可能性があります。   5月上旬にフィンランド最南端のヘルシンキ…...続きを読む
フィンランド生活で日本人はどんな工夫をしているのか、お米や麺など主食はどうしてるの?絹ごし豆腐がない?!実際、日本を離れると知恵がついてくるのが食に関する工夫。なけれ…...続きを読む
    フィンランドで有名なスポーツと言えばアイスホッケーのイメージが強いかと思いますが、サッカーもとても人気です!   6月19日にヘルシンキのTelia 5Gスタ…...続きを読む
公衆サウナの看板犬の話ですが、日本ではサウナに入る犬が面白く、フィンランドでは犬をカメラで追いかける日本人が面白いのだそうでメディアに取り上げられていました。意外なと…...続きを読む
日本はマスク、しかしフィンランドで重要性が高いものはマスクではありません。新型コロナウイルスが流行る中、フィンランドで売れに売れている感染予防のモノとは一体何か?そしてその訳とは?
  地球温暖化問題、エネルギー問題、資源問題など様々な問題が起きている現代の社会ではいかに資源を有効に利用し、無駄をなくし、ごみをリサイクルして再利用するかが大き…...続きを読む

お薦めの北欧スポンジワイプ

是非水回り、テーブル拭きなどにご活用頂きたいです。


ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.雑貨と現地ツアーに通じて幸せを増やしたい

「フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」という目的を果たすため、キートスショップ現在は「フィンランド雑貨販売」と「ヘルシンキ現地ツアー」の2軸で事業を展開しております。フィンランドの雑貨が好きな方により良い製品、より早く、より良い価格でご提供し、フィンランド雑貨をお客様が手に取る際の喜びを想像しながら事業を運営しております。また、実際にフィンランド・ヘルシンキまで旅をされた方々にはフィンランド文化の核心価値を実際にご体験頂けるヘルシンキ現地ツアーをサービスとしてご提供しております。

「キートスショップで買ってよかった!」「キートスショップのツアーに参加してよかった!」というお客様の声を糧に、より良い商品を提供できるよう、より良いツアーを提供できるよう進めていきたいと思います。

3.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop

4.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら