フィンランドのサイマー地域がUNESCO世界ジオパークに認定!フィンランドにある3つの世界ジオパーク

公開日:2021年4月26日  関連分類:

 

フィンランドのサイマー地域がUNESCO世界ジオパークに認定されました!!

めでたい!

 

 

しかし、そもそも「世界ジオパーク」って何?

 

UNESCO世界遺産ならわかりますが、UNESCO世界ジオパークって?

 

 

 

 

そもそもUNESCO世界ジオパークとは?

UNESCO世界ジオパークはUNESCO世界遺産と同じ組織「UNESCO」に認定されている制度です。

 

UNESCOは国連教育科学文化組織United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization)のことです。

 

 

「ジオ」は英語で地質という意味ですので、

UNESCO世界ジオパークは「UNESCO世界地質公園」という意味になります。

 

 

そして、UNESCO世界ジオパークが認定した地域は、「世界全体から見ても地質的に独特で、一つのまとまったエリアで、しかも地域内の永続発展が取り組まれ、教育と環境保護の目的も兼ね備えた地域」とのことです。

 

言い換えれば、UNESCO世界ジオパークに認定された場所は、地質的にすごい!だけではなく、環境保護と地域発展のバランス(人間と自然のバランス)が取れている場所とのことです。

 

 

現在UNESCO世界ジオパークに認定された地域は世界44ヶ国の169カ所あります。

 

中国は世界最多の41カ所を有し、日本に9カ所、フィンランドに2カ所あります。

 

 

日本にも9カ所のUNESCO世界ジオパーク認定済みエリアがある

日本にUNESCO世界ジオパークに認定された場所が9カ所があります。

 

  • 洞爺湖有珠山
  • アポイ岳
  • 糸魚川
  • 隠岐
  • 山陰海岸
  • 室戸
  • 島原半島
  • 阿蘇
  • 伊豆半島

 

 

地質的にすごい場所ということですので、世界ジオパークに認定された日本の場所のほとんどは火山や海岸に関係します

 

例えば、洞爺湖や阿蘇は火山活動によって残された巨大カルデラです。

 

アポイ岳や伊豆半島は地殻プレートの衝突によって生まれた独特な地形です。

 

 

読者のあなたはいくつに訪ねたことがあるでしょうか。

訪ねた場所が地質的にすごい!ってことは知っていたでしょうか。

 

 

 

 

フィンランドンのサイマー地域が新たにUNESCO世界ジオパークに認定!

フィンランドにもUNESCO世界ジオパーク認定の場所が三つあります。

 

  • ROKUA
  • Lauhanvuori-Haemeenkangas
  • Saimaa

 

 

Rokua世界ジオパークはフィンランド北部でOuluの東側に位置します。

氷河期時代の地形から前史時代の人類がこの地域に残した文明の痕跡などが特徴です。

 

 

Lauhanvuori-Haemeenkangas世界ジオパークはフィンランド南西部にあり、氷河期時代から氷河の後退、岩盤が森や沼地になっていくプロセスがわかるエリアです。

 

 

そして、今回新たに認定されたSaimaa世界ジオパークはその湖水地方のきれいな景色が注目されただけではないです。

その特徴はフィンランドの他の二つのジオパークに似たように氷河期時代にも関連します。

 

 

Saimaa世界ジオパークの一番の特徴は「不均一な陸地上昇スピード」です。

 

フィンランドは氷河期時代に厚み数千メートルほどの巨大氷層に覆われ、その重みによって陸地は海面よりも低く沈んでいました。

氷河期の終了に伴い、氷層が融け、重みがなくなったことで、陸地が再び上昇してきました。

 

そして、Saimaaエリアでその上昇のスピードが均等ではないため、海岸線に斜面が見えるのが特徴です。

 

 

世界的に地質的にも景観的にも素晴らしいことでSaimaaエリアは世界ジオパークに認定されました。

 

 

ちなみに、サイマー湖には世界唯一の淡水アザラシ「サイマーワモンアザラシ」がいます。

 

本来彼らも海で生息していたが、陸地の上昇によって海とのつながりを失い、湖に取り残されたことで、淡水のアザラシとなったのです。

 

現在は300頭ほどしかいなく、フィンランド政府に厳重に保護されている貴重な動物です。

 

 

参考:Saimaa awarded UNESCO Geopark status

参考:Saimaa UNESCO Global Geopark

 

関連記事

北極圏で夏を過ごす渡り鳥はフィンランドで冬を過ごし、冬に南ヨーロッパで過ごす渡り鳥は夏にフィンランドを訪ねます。今回はその中でもフィンランドでよくみるよく出会う3種類…...続きを読む
ベリー大国のフィンランドには毎年の夏から秋にかけて広大の森の中で無数のベリーが実ります。その代表的なベリーは前にご紹介したので今回たまに出会う(地域によってよく出会う…...続きを読む
それぞれの国は自国のイメージに近く、自国を代表する動物、植物などがあります。フィンランドのイメージはどうでしょうか?実に自然環境からフィンランドを代表するシンボルが7…...続きを読む
日本の国土面積の約9割という広さを持つフィンランドにはなんと18万個以上の湖があります。そして、フィンランドの国土面積の10%が水域なのです!フィンランドのバルト海沿…...続きを読む
日本でも自然を感じることはできますが、森と湖の国であるフィンランドの森はなぜか異なった雰囲気を感じさせてくれます。それはどのような雰囲気なのか?そしてフィンランド人に…...続きを読む
北欧、フィンランドの「自然享受権」という権利の基では土地の所有権は誰であろう、誰でも大自然の森に入り大自然を楽しむことが許されます。そのコンセプトについて、そして自然…...続きを読む

お薦めの北欧スポンジワイプ

是非水回り、テーブル拭きなどにご活用頂きたいです。


ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.雑貨と現地ツアーに通じて幸せを増やしたい

「フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」という目的を果たすため、キートスショップ現在は「フィンランド雑貨販売」と「ヘルシンキ現地ツアー」の2軸で事業を展開しております。フィンランドの雑貨が好きな方により良い製品、より早く、より良い価格でご提供し、フィンランド雑貨をお客様が手に取る際の喜びを想像しながら事業を運営しております。また、実際にフィンランド・ヘルシンキまで旅をされた方々にはフィンランド文化の核心価値を実際にご体験頂けるヘルシンキ現地ツアーをサービスとしてご提供しております。

「キートスショップで買ってよかった!」「キートスショップのツアーに参加してよかった!」というお客様の声を糧に、より良い商品を提供できるよう、より良いツアーを提供できるよう進めていきたいと思います。

3.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop

4.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら