レストランコスモス(Kosmos) 伝統フィンランド料理をヘルシンキで楽しもう!

公開日:2018年3月11日  更新日: 2018年06月08日 関連分類:   

フィンランドやヘルシンキに旅に来る前に、もしくは来るときにガイドブックやネット情報を参考にして観光スポットを回っていくと思いますが、食事をどこでするかは困りませんか?

 

かもめ食堂など日本では有名なレストランもありますが、「伝統的なフィンランド料理を食べたい!」「現地人が日常的に食べている家庭料理を食べたい!」という方はなかなか適切な場所が見つからないでしょう。

 

 

そのような方々のため、ヘルシンキにある名高いフィンランド料理を提供しているレストランを紹介していきます!

 

是非一緒に見ていきましょう!

 

 

レストランKosmos100年間の軌跡

1924年設立されたフィンランド料理レストラン「Kosmos」はもうすぐ100周年を迎えます。

 

100年近くの歴史を経て、現在レストランコスモスの経営者はすでに四代目となり、五代目も現在店内で勉強しながら働いています。

 

100年前設立当時のレストランコスモスはリーズナブルな価格によって多くの大学生が来店し、主要な客様となっていました。

1932年に禁酒令の解除によって飲食業が爆発的に発展し盛んになり、Kosmosもその恩恵を受け、大きく発展しました。

 

※下記は現在のスタッフです。

写真引用元:Kosmos

 

しかし、1939年にロシアに対する冬戦争が勃発し、1941年から継続戦争が起こり、Kosmosはやむを得ず休業し、その一時期はドイツ軍の施設としても使用されていました。

 

戦後、食材の種類が徐々に増え、海外からの輸入品も少し出てきたことによってKosmosもメニューを変化してきました。

 

その後、時代の変化に伴ってアーティスト、弁護士、オフィスウォーカーなど様々な顧客も訪ねてくるようになりました。

 

写真引用元:Kosmos

 

レストランKosmosの料理の見どころ

レストランコスモスはフィンランド料理をベースに、フランス料理の繊細さ、隣国スウェーデン料理とロシア料理の風味も加え、「ヘルシンキ料理」としても発展してきています。

 

 

レストランコスモスの自慢ポイントは二つあります。

 

75年間使ってきた酵母を使用して作ったライ麦パン」と「伝統的な製法を守り続けてきた自家製ソース」です。

 

Timo Sulkamoさん(@sulkamo)がシェアした投稿

 

レストランコスモスのメニューは魚料理、お肉料理、ヴェジタリアン料理、伝統料理などを含め、約20種類あります。

 

こちらではレストランのお薦めメニューをピックアップします!(メニューは不定期的に変わります)

 

  • 燻製アヒル胸肉とアヒルもも肉リエットのブドウ煮込みと根野菜のピュレ添え(16ユーロ)(Smoked Breast of Duck and Leg of Duck Rillette with Grape Compote and Root Vegetable Purée)
  • カヤナスタイルのカワミンタイ魚スープのカワミンタイ魚レバー添え(14ユーロ)(Burbot Soup Kajana Style with Liver of Burbot)
  • スパイシーカリフラワー天ぷらのロメスコソースかけ豆とハーブのサラダ添え(18ユーロ)(Spicy Cauliflower Fritters with hot Salad of Lentils and Herbs, Romesco Sauce)

 

Anttiさん(@ylioppilaslarvanto)がシェアした投稿

 

レストランコスモスのクラシック料理はこちら:

  • シルベスターのサンドイッチグラタン、シャグマアミガサタケソースかけとトーストライ麦パン(24ユーロ)(Sylvester Sandwich au Gratin – Toasted Rye Bread,
    Roe and False Morel Sauce)

 

大晦日(New Year’s Eve)に新年を祝う習慣はフィンランドにもあります。

 

大昔からフィンランド人は大晦日にレストランコスモスに集まり、祝っていました。

 

その時、人々に食べ物を提供するために作ったのがこの料理でした。この料理は今でも昔の作り方と全く変わらずに提供されています。

 

ちなみに、フィンランドの大晦日はセント・シルベスターを記念する日でもあるため、この料理の名前にシルベスターが使われたわけです。

 

 

 

 

営業情報詳細

  • 営業時間:月~金11:30~深夜1:00、土曜16:00~深夜1:00、日曜定休
  • 予算感覚:メインディッシュ15ユーロから35ユーロ前後。一食20~50ユーロ前後。
  • Kosmosオフィシャルウェブサイト(英文)
  • 住所:Kalevankatu 3, 00100 Helsinki
  • 地図

 

関連記事

 

お薦めの北欧キッチンタオル

是非使う目的、場所に合わせて自分に合う一枚をお選びください。



ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.フィンランド・北欧のデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。また、フィンランド出身の原作者トーベ・ヤンソンが作り出した「ムーミン」の背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表の一つです。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーがフィンランドもしくは北欧に多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら