フィンランド建国100周年! 誰でもわかるフィンランド歴史を3分で理解しましょう!

いよいよ2017年でフィンランド建国100周年という大きいな年を迎えます。

フィンランド国内では地方政府、観光施設、多くの組織なども合わせて色々なイベントを企画・開催しています。

多くのイベントを賑わいながら楽しむと同時に、あれ?フィンランドの独立って100年前やけど、その背景は?って思ったことありませんか?

実にフィンランドの歴史はあまり知られていないです。

そのために、誰でもただの3分で理解できるフィンランド歴史をまとめてみました!!

フィンランドの歴史は大きく4つの時代に分かれます:先史時代(12世紀まで)、スウェーデン時代(12~19世紀)、ロシア時代(19~20世紀)、独立後時代(20~21世紀)

先史時代

先史時代にフィン人の祖先は現在ロシアのヴォルガ川周辺から移入した。これが、フィンランド語は他の西欧語系とほとんど関係しないことの理由とされている。

8~11世紀にフィンランドには北部のサーミ人南部のフィン人の2種類で、更に南部のフィン人に大きくスオミ(西南)、ハメーンリンナ(南部)とカレリア(東南)の三グループに分かれていた。

※のち「スオミ」がフィンランド語で「フィンランド」を指す言葉になった。

スウェーデン時代

12世紀キリスト教が広まり、北欧十字軍がスウェーデンからフィンランドへ侵攻。フィンランド南部の3グループを制圧し、スウェーデンがフィンランドの実効支配者となった。

その後、デンマーク中心のカルマル同盟(14~16世紀)、スウェーデン中心のバルト帝国(16~18世紀)を経てもフィンランドは常にスウェーデンの下にいる形だった。

ロシア時代

19世紀初期、ロシア帝国とスウェーデンの間にフィンランド戦争が勃発。スウェーデンが敗戦し、フィンランド全域がロシアの統治となり、首都もTurkuからヘルシンキに移った。

しかし、当時のロシア皇帝アレクサンドル2世は開明的な君主であり、フィンランド内政をフィンランド人に任し、公用語もスウェーデン語とフィンランド語の採用を許した。

フィンランド人はアレクサンドル2世を敬愛しながらも自分のアイデンティティ問題に直面した。

「我々はスウェーデン人には戻れない。しかしロシア人にもなれない。そうだ。フィンランド人で行こう」という民族詩も出版された。

独立後時代

しかし、ロシア時代後期、ロシアからの支配が強化され、フィンランド人の反発が強まった。

一次世界大戦時にフィンランドはロシアの前哨基地であり、直接参戦しなかったため、国力を温存。

1917年ロシア革命が起こり、フィンランドは12月6日に独立を宣言した。

しかし、社会が貧困し、状況が不安定でロシア寄りの労働階級と西方よりの資本階級の激しい対立によってフィンランド内戦が勃発。西方よりの勢力が勝利し、フィンランドは安定を取り戻した。

その後二次大戦で大国ロシアに冬戦争と継続戦争に渡って2回戦い国を挙げて重要な戦役に勝利し、多くの領土を失い、多額な賠償金を負いながらも、ロシアを停戦に迫らせることに成功し、国の独立を維持できた。

冷戦時代と現代において、西側世界寄りでありながらも、長い国境を持つロシアとの関係を重視し、中立的な状態を保てている。

その同時に教育改革、IT革命などにより経済が発展し、世界トップグループの福祉国家となった。

ショップコンセプト

1.北欧・フィンランドというと?

北欧・フィンランドというと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「北欧・フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.北欧・フィンランドのデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。フィンランド出身のムーミンの背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表デザインの一つになります。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーが北欧・フィンランドに多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「北欧・フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォームはこちら、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「北欧・フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら