北欧フィンランド・ヘルシンキでのお散歩♬ :Katajanokka海浜公園

公開日:2017年6月10日  更新日: 2018年05月14日 関連分類:  

ヘルシンキは半島に位置する町であり、東西南の三面が海に面しています。そのため、ヘルシンキには海を一望できる散歩道や公園が多くあります。

 

天気が良く風も穏やかであれば、海沿いを散歩しながらゆっくり流れていく時を楽しむのは人生至福な一時となるでしょう。

 

特に夏になると太陽が時間の流れによって位置が変化するのが非常に遅いので(何時間経っても日差しの角度も強さもあまり変わらず、3時~6時の雰囲気が6時間も続きます)、時間の流れがより遅く感じます。

 

さて、ヘルシンキ中央駅から徒歩わずか15分で到着できるKatajanokkaエリアを紹介します。

ヘルシンキで最も気持ちのいい海浜散歩ルートの一つです。

 

 

Katajanokkaエリア自体は小さい島であり、一周してもそれほど時間はかかりません。

 

止まらずに歩けば約30分のルートで、ゆっくり歩いて回っても1時間程度でしょう。

 

 

ヘルシンキ市内の交通手段について

フィンランド 夜景
運賃はいくら?どう支払うの?と心配な方に向けて不安を解消するためにヘルシンキ都市圏の交通手段と乗り方をまとめてご紹介します!チケット購入方法によって値段も変わるので自…...続きを読む


5月から10月末まで利用可能なヘルシンキの最新公共交通手段、シティバイクのご紹介。事前登録すれば、基本料金のみで自転車を受け取ってから返却するまで毎回30分は乗り放題と便…...続きを読む


フィンランド、ヘルシンキ交通情報に続いて、旅行の際に安くてお得にチケットが買えるモバイルアプリのご紹介です。旅行前にダウンロードして使い方を知っておけばとても便利です…...続きを読む

 

散歩の道中では多くの素晴らしい景色に出会うことができます。

 

北側から時計回りで島の外側を回っていくと、まずは海に面しているレンガ倉庫にあるスウェーデン系のカフェ「Johan & Nystrom」に出会います。

ウスペンスキ寺院の後方にある旧レンガ倉庫に位置しており北欧の雰囲気満載のカフェです。夜になるとオレンジ色のライトがレンガ壁と道を照らし更にいい雰囲気を味合うことのできる場所です。

 

島を回り終えてからこちらにカフェに来て一休みするのがいいでしょう。

 

 

もう少し進むと公園散歩道に入ります。そして、奇妙な器具が置かれている場所に着きます。

 


 
 

 

海側にテーブルの付いている桟橋があり(でも椅子はない!?)、公園側におかしな器具がいくつかありました。

 

フィンランド人の友人によると、昔ここは「絨毯洗濯場」だったそうです。人々は桟橋のテーブルで海水を使って絨毯を洗い、上記写真左側にある機械で脱水し、写真の奥にある木の棚にかけて乾燥していたそうです。なるほど!こういうふうに使ってたんですね!

 

スタッフKはてっきりテーブルの付いてた桟橋はお酒大好きなフィンランド人たちが海の上でも景色を楽しみながら「立ち飲み」するための場だと思いました(笑)

 

そこから進むと右側に宮殿のような建物が目に入ります。ここは外務省だそうです。(グーグルマップによると)

 

更に進むと左側には大きいな船がいくつかあります。砕氷船のふ頭だそうです。

 

砕氷船の管理オフィスも船の横にあり、海に浮かんでいるように作られています!(その名も「海に浮かぶオフィス」)土地も使わない面白い発想ですね。

 

 

北側の海面を見ると陸地といくつの島が見えます。左にハカニエミ、前にはヘルシンキ動物園、右にはヘルシンキ国防大学などがあります。

 

 

途中の公園には緑と花が多く、ゆっくり歩くととても気持ちいいです。

 

 

更に回っていくとViking Lineフェリーの乗り場に着き、近くに多くのレンガ建築物を見学することができます。

 

もう少し進むとウスペンスキ寺院に近づき、散策も終わりに近づきます。

 

お疲れでなければそのままウスペンスキ寺院を見学したり、港にある屋台広場を見に行ったりするのもいいですし、少しお疲れでしたら先ほどご紹介したカフェでゆっくりするのもいいでしょう。

 

v

 

 

ヘルシンキ散策シリーズ

5月から9月の夜におすすめの散歩道。「ローカルフィンランド人の生活に近接する」「ゆっくり気楽にお散歩」「綺麗な夕日が見られる(天気が良ければ)」が特徴のルートです。

ヘルシンキ中央駅からトラムで15分で到着。スオメンリンナもみれるこのルートではおすすめのカフェやレストランもあるので散歩の休憩にどうでしょうか。天気が良くて風が強すぎな…...続きを読む

ローカルの人々の散歩エリアにもなっている片側が海で片側が霊園のルートです砂浜でビーチバレーを楽しんでいる人々の様子もみれます。またミニゴルフもあるので時間ある方は散歩…...続きを読む

観光スポットでもあるシベリウス公園を含めたおすすめ散策ルート「シベリウス公園」→「Regattaカフェ」→「ヒエタニエミ散策」のご紹介。シベリウスについても紹介しているので公…...続きを読む

ヘルシンキ市中心にあるオアシス散歩道の紹介です(所要時間は約30〜45分)。中央駅からは徒歩10分がスタート地点。石造建築、植物園もあり水、緑、歴史としてローカルの人々の生活…...続きを読む

 

 

 

外出・旅行がより楽しくなるアクセサリー

外出や旅行をする時に「サイズが小さい」「色んなシーンに似合う」「フィンランドデザイン」「自然木材」のピアスアクセサリーはいかがでしょうか。



ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.フィンランド・北欧のデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。また、フィンランド出身の原作者トーベ・ヤンソンが作り出した「ムーミン」の背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表の一つです。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーがフィンランドもしくは北欧に多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら