英語能力ランキング、北欧4カ国が5位以内にランクイン!

いやぁ、北欧の英語力に脱帽!
と唐突に申し訳ございません。

2016年英語能力ランキングのニュースを読んで、私一人で感心していました。

確認したのは「EF English Proficiency Index 2016」の結果です。
これは世界最大の英語能力ランキング。
調査対象は世界72ヶ国(95万人)の英語を学ぶ成人です。

結果をご覧ください。

  1位 オランダ
  2位 デンマーク
  3位 スウェーデン
  4位 ノルウェー
  5位 フィンランド

上位5位のうち4ヶ国が北欧とはお見事です!
私、勝手にフィンランドが1位だと思っていたのですが、違っていました。
デンマークやスウェーデンの方が上位なのですね。

  6位 シンガポール
  7位 ルクセンブルク
  8位 オーストリア
  9位 ドイツ
10位 ポーランド

ベスト10はほとんどヨーロッパ諸国です。シンガポールが健闘していますね。

ちなみに日本は35位。
近隣国の結果は韓国27位、台湾33位で、日本よりも上位でした。

私、以前はバックパッカーでアジアを中心に旅行をしていたのですが、たしかにヨーロッパの方々の英語力は素晴らしかったです。彼らと比べ、自分の英語が拙くて恥ずかしかったw

日本も小学校の授業に英語を組み込んで来ています。使える英語を教えるよう努めているようですね。数年後、英語能力ランキングで日本の順位が急上昇する日も近いかもしれません。

と、次世代に期待をするばかりでなく、自分も私勉強したいです。

以前にフィンランドの英語力について記事にしました。

よろしければこちらも参考にどうぞ。

フィンランド人は何故英語が話せるの?フィンランド教育とテレビの影響。

では、日本在住スタッフのYでした。

【参考】
日本人の英語能力が72か国中で35位、5ランク低下で英語力低下を示す結果に -アジアのトップはシンガポール

 

ショップコンセプト

1.北欧・フィンランドというと?

北欧・フィンランドというと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「北欧・フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.北欧・フィンランドのデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。フィンランド出身のムーミンの背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表デザインの一つになります。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーが北欧・フィンランドに多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「北欧・フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォームはこちら、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「北欧・フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら