フィンランドの子供たちは塾に行かない?プログラミング必修?

国により教育事情は大きく異なります。
実際に外国で子育てをしている人の話を聞くと、その違いに驚くことも多いです。

日本では学習塾に通っている子供たちが多くいます。
フィンランドではどうなのでしょう?
フィンランド 教育フィンランドで子育てをしている友人によると、フィンランドにはそもそも塾という概念がないとのこと。
まわりで塾に通っている子を見たことがないそうです。

でも、フィンランドは学習能力が高くて有名な国のひとつ。

その理由が気になり尋ねてみました。
そして納得。

まず、学校の在り方が大きく異なります。
小学校や中学校は少人数制をとっていて1クラスが20人ほど。

友人の子供が通う小学校はクラスに先生が2人いるそうです。
授業で分からないことが出てきた生徒には、1人の先生が付きっきりで指導。

つまりは1人の先生が授業を進め、もう1人の先生がサポートをするという体制なのです。

これは羨ましい限り!

分からないまま授業が進んでしまうと、分からないの連続になり、勉強をすることが苦痛になってしまいます。

分からないことが分かった瞬間は快感であり、勉強の面白さに気付けます。

フィンランドの学校では「勉強の面白さ」を学ぶことができるのだと思いました。

ちなみにフィンランドは小学校から大学まで学費がかかりません。
無料です。

塾代も学費もかからないとは親にとっても嬉しい教育システム。
教育を受けるチャンスが平等というのがいいですね。
安心を感じます。

その他、最近のフィンランド教育として触れておきたいのが、学校の授業でプログラミングの必修化。
小学生からプログラミングに馴染めるというのは羨ましい話です。

いずれ社会に出た時に役立つ知識を小さい頃から学べるというのは合理的。
昔と今では職業の種類が大きく変わっています。

時代に合わせて教育内容を素早く変えていく柔軟性に魅力を感じました。

ちなみに、日本も2020年から小学校でプログラミング教育を必修とするそうです。
フィンランドの影響を受けたのでしょう。

と、今回はフィンランドの教育に触れてみました。
国によって本当に違いがありますよね。

では、またブログを更新しますのでお楽しみに!

ショップコンセプト

1.北欧・フィンランドというと?

北欧・フィンランドというと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「北欧・フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.北欧・フィンランドのデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。フィンランド出身のムーミンの背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表デザインの一つになります。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーが北欧・フィンランドに多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「北欧・フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォームはこちら、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「北欧・フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら