ヘルシンキ日帰りツアー「秋バージョン」~フィンランドの秋と森の楽しみ方~

公開日:2018年8月30日  関連分類:    

フィンランドの秋は他のどの季節とも違い、独特な雰囲気が漂います。

 

日は徐々に短くなり、気温も徐々に下がっている季節ですが、もし日本から遥々いらっしゃった方がいらっしゃれば、筆者はどのようにフィンランドを見てもらい、どのような体験をしてもらいたいだろうと考えてみました。

 

その答えは「やはり森、湖とサウナ」です。

 

そのため、キートスショップとして開催するヘルシンキ発の日帰りツアー/オプションツアーではフィンランドの森、湖とサウナをご案内させて頂きたいと思います。

 

 

秋のフィンランドにはどのような魅力があるの?

一般的に言うと、フィンランドの秋は「とても楽しい!!」という季節ではないです。

特にフィンランドの住民にとっては、フィンランドの秋は「暖かくて明るい夏はすでに去ってゆき、長くて寒い冬はもうじき来る」ということを意味しているからです。

 

しかし、これはあくまでも住民の感覚であり、短期に滞在する方々でしたらそのような感じはあまりないでしょうし、楽しみ方もたくさんあると思います。

 

続いてはフィンランドの秋の「最高質の空気」「フィンランド秋の絶景」「シンプルなソーセージ」と「旬の大自然の恵み」に分けてご紹介していきたいと思います。

 

 

ひんやりして澄んだ北欧の空気を楽しむ

とてもシンプルなことです。

シンプル」はフィンランドもしくは北欧の売りで、フィンランド人の過ごし方であり、フィンランド人の楽しみ方であり、フィンランド人にある幸せなのです。

 

澄んだ空気の中に出かけ、森に踏み入り、世界最も上質な空気を吸い込み、森にある独特な雰囲気を感じるのです。

 

フィンランドの秋の森はとても静かです。

渡り鳥はすでに南のほうへ飛んで行き、冬眠する慣習のある動物も冬眠の準備をしているので、森はとても静かです。

音のしない森・大自然の中に自分の身を置いてみれば、心も落ち着き、穏やかになり、自然に溶け込んでいきます。

 

そのような状態に幸せと満足を感じるのです。

 

 

フィンランドの秋の絶景

フィンランドの森には主に3種類の木が生息しています:ヨーロッパアカマツ、オウシュウトウヒと白樺です。

ヨーロッパアカマツとオウシュウトウヒは常緑針葉樹で葉っぱの色は変わりませんが、落葉樹の白樺や他の落葉樹であるヤマナラシ、カエデなどは葉っぱに黄色や赤色が染まり、森一面が黄色く、赤くなっていきます。

 

森の中で歩くとなかなか感じにくいですが、視野が一面に広がる湖の傍まで行くと、その景色には息を忘れるほど驚くものです。

 

その同時に紺色に見える湖には木の影も映られ、まるで絵のような世界です。

 

 

 

気楽にソーセージでも焼いて胃袋を満たす

フィンランドの森に入り、火を起こしてもいい場所に着けば、ソーセージを出して気楽に焼いて食べます。

 

フィンランドの国民食、バーべーキューでの定番と言えばソーセージです。

少し焦げ目がついたら食べることができ、ケチャップやからしがあるとなおいいですが、そのまま食べるのも美味しいです。

 

肉があって、パンもあれば十分でしょう。

パンも少し焼いて温めてソーセージと一緒に食べると幸せのひと時が再び訪ねてきます

 

湖と森を眺めながらソーセージを食べれれば、これ以上何も要らない気がします。

 

※まだ焼き始めです。

 

大自然の恵みであるキノコとベリーも!

更に、フィンランドの秋はキノコの季節であり、遅めに実るベリーを見つけることもできます。

 

簡単に見分けのできるキノコであれば、安心して採って持って帰って料理にすることもできます。

ベリーであればその場で食べるのもいいし、ジャムやパイにするのも楽しいでしょう。

 

運が良ければ松茸に出会う可能性もありますよ!

 

※一般的なキノコです。

 

ヘルシンキ発日帰り/オプションツアーでフィンランドの秋を満喫して頂きたい

キートスショップ主催のヘルシンキ発日帰り/オプションツアーはヘルシンキ近郊の森と湖をご案内します。

ヘルシンキの住民ならではの人が少ない森に行きフィンランドの大自然を独占するような雰囲気を味わって頂けます。

 

天気と気温が適していればフィンランドでのハイキングにお馴染みのソーセージバーべーキューも行い、フィンランドらしいハイキングをそのままして頂きます。

湖の傍でゆっくり休み、フィンランドの大自然を五感に通じて感じて頂きます。

 

最後はフィンランドの伝統的なスモークサウナに入浴頂き、ひんやりした空気の中でクールダウンし、湖に入ることももちろん可能です。

 

このように、半日ちょっとの時間でフィンランドの秋を最大限楽しんで頂きたいです。

 

宜しければ是非キートスショップのヘルシンキ日帰り/オプションツアーをご参考ください。

フィンランド森・サウナ日帰りツアー

お問い合わせ

 

※サーモンはいつか焼きたいです!

 

関連記事

 

外出・旅行がより楽しくなるアクセサリー

外出や旅行をする時に「サイズが小さい」「色んなシーンに似合う」「フィンランドデザイン」「自然木材」のピアスアクセサリーはいかがでしょうか。



ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.フィンランド・北欧のデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。また、フィンランド出身の原作者トーベ・ヤンソンが作り出した「ムーミン」の背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表の一つです。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーがフィンランドもしくは北欧に多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら