ヘルシンキ発日帰り旅行お薦め:フィンランド最南端の港があるHanko(ハンコ)

公開日:2018年8月17日  関連分類:  

Hanko(ハンコ)と聞くと、日本語の「判子」が思いつきませんか?とくに意味の共通点などはありませんが少し親近感がわきませんか?

 

また名前の関連でいくと、「Hanko Sushi」というチェーンのお寿司レストランがフィンランドには存在します。

 

余談はさておき、ハンコはヘルシンキからは西に約130キロの場所に位置しており、フィンランドの最南端にある賑やかな港や砂浜のビーチ、そして素敵なレストランがたくさんあります。

 

 


※写真出典:Helsinkiより引用

 

海沿いの可愛い小さい町Hanko(ハンコ)について

ハンコは1874年に創設された街で砂浜のビーチと日が良く照るということで知られています。

 

たくさんの素敵なレストランがあり、海の存在、そして歴史的な街という点を踏まえて、フィンランドのリヴィエラとも評判高い街です。

 

港はフィンランドでも最南端に位置しており、船乗りや休暇を楽しむ人たちの中でも人気のスポットです。海が素敵なハンコでは、港沿いを散歩したり、海岸沿いでのんびりして1日を過ごすことができます。

 

ハンコからは群島にもアクセスが可能で、ユニークな自然を楽しむこともできます。

 

 

 

Bengtskär(群島)へクルーズツアーの旅

北欧諸国の中で一番高い灯台がある島です。島と灯台を1日クルーズで楽しむことができます。

 

ハンコから南東に25キロほど離れた場所に位置しており、1906年に建設されました。

 

この島は、人が住む島の中でもフィンランドで一番南に位置しており、ミュージアム、カフェ、郵便局などがあります。

 

大人料金が62ユーロなので少し高いなとはじめは思いましたが、島へ入る料金、往復の1時間半のクルーズ、ガイド、行きに軽食でサーモンスープがふくまれていると考えると値段相当なのかなと思います。

 


※写真出典:Bengtskärウェブサイトより

 

詳細

  • フェリー運行時期:夏期間のみ、2018年は6月25日から8月25日
  • 料金:大人 62ユーロ、4から14歳の子供 27ユーロ
    料金に含まれているもの:島への料金8ユーロ、ガイド、サーモンスープ(往路)
  • 所要時間:約5時間30分
  • ハンコからの出発時間:11時
    島に到着時間:12時30分
    島から出発時間:15時
    ハンコに到着時間:16時30分
  • 予約サイト(フィンランド語のページです)
  • 出発場所:ウェブサイト下部
  • ウェブサイト
  • 島の地図

 

 

Spa Park(スパパーク)

木造建築を代表する古い木造のヴィラで、いくつかの建物はレストランやゲストハウスとなっています。

 

これらの建物は20世紀に入ったころに建てられました。今となってはハンコの中心地と群島を含んだ6300ヘクタールほどある壮大なHanko National Urban Parkの一部となっています。

 


※写真出典:Helsinkiより引用

 

 

Hanko’s water tower(ハンコ給水塔)から綺麗な景色を眺めよう

海抜65メートルの高さにあり、頂上へはリフトでいくことがきます。バルト海とハンコの景色を一望でき、素晴らしい景色をみることができます。

 

 


※写真出典:Helsinkiより引用

 

詳細

  • 2018年営業時間:毎日
    5月2日から6月30日:13時〜16時
    7月1日から7月31日:13時〜18時
    8月1日から8月31日:13時〜16時
  • 料金
    大人:2ユーロ
    4から14歳の子供、学生、高齢者:1ユーロ
  • 地図

 

 

 

 

海沿いのおすすめレストラン

 

Makaronitehdus <パスタ>

新鮮なパスタ、ワインなどを楽しめるレストランで、ベジタリアン料理も豊富にあります。

パスタはシンプルなもので10ユーロ、全体的には15ユーロ以上のものが多いです。

 

レストランはハンコ以外にも、エスポーとヴァンターにもあります。

 

  • ハンコ店、営業時間
    6月29日から8月5日:毎日11時〜24時
    8月6日から9月1日:日曜〜木曜11時〜22時、金曜・土曜11時〜24時
  • メニュー
  • 地図

 

Skiffer Restaurant <ピザ>

ルッコラ、松の実、いちごなどトッピングにこだわりがあるピザを楽しむことができます 。

またピザに合ったワインもセレクトされています。

 

ハンコ以外にもヘルシンキにいくつか店舗があります。

 

  • ハンコ店、営業時間 5月から6月
    月曜〜木曜:11時〜22時
    金曜:11時〜23時
    土曜:12時〜23時
    日曜:12時〜22時
  • メニュー
  • 地図

 

たくさんのレストランが海沿いにあるので、ぶらりと歩きながら素敵な場所を見つけたらそこで食事またはコーヒーを飲んで一息休憩するのも良いですね。

 

天気のいい日はテラス席で港と海の景色を楽しみましょう!

 

 

Hanko(ハンコ)へのアクセス

ヘルシンキからは電車とバスでアクセスできます。

下記予約サイトから事前に切符をご購入頂けます。

 

  • 電車(VR):ヘルシンキ中央駅より出発、Karjaaで乗り換えが必要、乗り換えを含め2時間以内でアクセス可能
  • バス(Matkahuolto):Kamppiショッピングセンター地下1階にある長距離バスターミナルから出発、約2時間30分

 

参考記事:Helsinki

 

関連記事

今回は「日帰り旅行」:ヘルシンキから2時間半以内でいける街をご紹介します!フィンランド文化や伝統を体験したいのであれば日帰りで行ける街を散策し、歴史的な街や建物や海辺…...続きを読む

有名どころである日帰りでいける場所(ポルヴォー、、タンペレ、トゥルクなど)を第一弾でご紹介しましたが、今回はフィンランドの文化や歴史をさらに深堀したい方にとくにおすす…...続きを読む

日帰りでいけるおすすめスポットのご紹介も最後になります!今回はヘルシンキから1時間以内で行ける場所と、意外と知られていない日帰りで行けてしまうフェリーでいけるある国を…...続きを読む

キートスショップで開催しているフィンランド森・ブルーベリー日帰りツアー【季節限定】の魅力を今回お伝えしたいと思います。夏のフィンランドの森に一歩踏み込めば新鮮で健康的…...続きを読む

キートスショップは今年の夏からヘルシンキ発日帰りツアーを始めました。今回は情報提供という観点からツアーに参加する魅力についてお伝えしたいと思います。ツアーではフィンラ…...続きを読む

 

外出・旅行がより楽しくなるアクセサリー

外出や旅行をする時に「サイズが小さい」「色んなシーンに似合う」「フィンランドデザイン」「自然木材」のピアスアクセサリーはいかがでしょうか。



ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.フィンランド・北欧のデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。また、フィンランド出身の原作者トーベ・ヤンソンが作り出した「ムーミン」の背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表の一つです。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーがフィンランドもしくは北欧に多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら