フィンランド・ヘルシンキ観光:オルナモン・デザイン・クリスマスマーケット

公開日:2016年12月8日  更新日: 2019年11月30日 関連分類:

 

皆様、こんにちは!

 

年末に近づき、フィンランドヘルシンキエリアでも多くのクリスマスマーケットイベントが開かれています。

 

クリスマスは言うまでもなく、フィンランド人にとって最も重要な節日の一つです。

この日に家族が団らんし、一緒に家やクリスマストリーを飾り、食事をします。

 

 

そのために、事前に色々な飾りものを買ったり、家族と楽しむものを買ったりします。

 

その中、筆者は先日ヘルシンキで開かれた「オルナモン・デザイン・クリスマスマーケット」に行ってきました!

 

 

「オルナモン」はフィンランドのデザイナー組織であり、フィンランドのデザイナーのプロフェショナル性を高め、社会での機能性を促進するために設立・運営されています。

 

 

 

 

今回のクリスマスマーケットでは約260名のデザイナーが参加し、多くのブースを出されています。

 

各ブースは今後ピックアップして個別に詳細をご紹介していきます!

 

今日はまず会場の雰囲気をお伝えしたいと思います!

 

 

※会場は昔のケーブル工場です。筆者は上記の写真の場所に手袋を落とし、すごく素敵な女性に拾って頂いたので、印象深かった場所です。

 

 

オルナモン・デザイン・クリスマスマーケットの会場はこんなところにあります。

 

 

一見レンガ倉庫のような建物に鮮やかではない色でちょっと冷たく、重い感じがするかもしれません。

 

それもその通りです。なぜならこの場所は昔のケーブル工場です。

 

 

金属やプラスチックなどを材料とする工場なので、その時代から残された雰囲気は今でも感じやすいではないでしょうか。

 

現在この場所は撤廃されず、昔の姿のままで色んな展示会やイベント会場に貸しています。

役割は変わりましたが、今のこの時代にも活躍しています。

これからも多くの人々が集まり、多くの思い出を残していくでしょう。

 

 

※会場の入り口です。

 

 

「Kaapeli」は「ケーブル」で、「Tehdas」は「工場」を意味します。クリスマスっぽく赤く彩って可愛いですね。

 

現代感いっぱいのパネルと赤いベンチはうまく歴史のある建物と融合しています。

 

 

※エントランス正面にある売店。

 

 

売店の上に10トンを負荷できる重機が残されてあり、その工場時代の雰囲気を今でも感じられます。

 

横側の会場に入りますと多くのブースと人々で非常に賑やかです。

 

 

 

 

フィンランド出身のデザイナーであったり、フィンランドでデザインされたものであったり、フィンランドで生産されたものであったりするものが多く展示・販売されています。

 

やはりそのシンプル且つスタイリッシュなデザインに惹かれますよね。

 

さすがフィンランド・北欧のデザインです!

 

 

 

 

次回からピックアップしたブースを見ていきます!つづきはこちら

2018年12月19日から22日までケーブル工場であったKaappeli tehdasで行われるクリスマスマーケットのご紹介です。文学(本)、健康、ヨガに関するイベント、コンサート…...続きを読む

 

関連記事

ヘルシンキのクリスマスマーケットの歴史が長く、毎年ヘルシンキ大聖堂前の長老院広場で開催され、期間中に数十万人もが訪れます。そんなクリスマスマーケットの様子と少し歴史に…...続きを読む
  フィンランドのヘルシンキも11月下旬を迎え、気温が徐々に下がってきました。 11月23日現在は大体気温が0度前後となっています。 ちょっと風が吹いているとやはり…...続きを読む
※人々で賑わうセウラサーリ島へ渡る橋の入り口。   クリスマス期間になると、ヘルシンキには様々なイベントが開催されます。 その一つが「クリスマスパース」(Joulupolku)…...続きを読む
時期も12月中旬に入り、もうすぐクリスマスを迎えますが、その直後に2019年に突入します!ヘルシンキでも毎年年越しイベントが開催されているので、それらのイベントについ…...続きを読む
ヘルシンキの真冬に開催された一大イベント「LUX Light Festival」が幕を閉じました。人口の少ないヘルシンキが珍しく混んでいました。筆者が訪れて撮影してきた写真を公開して、…...続きを読む
セント・ルシアの殉教を記念するため、ヘルシンキで2018年12月13日(木)に記念パレードが開催されます。17:00にヘルシンキ大聖堂にて戴冠式を行い、その後元老院広…...続きを読む

お薦めの北欧スポンジワイプ

是非水回り、テーブル拭きなどにご活用頂きたいです。


ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.雑貨と現地ツアーに通じて幸せを増やしたい

「フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」という目的を果たすため、キートスショップ現在は「フィンランド雑貨販売」と「ヘルシンキ現地ツアー」の2軸で事業を展開しております。フィンランドの雑貨が好きな方により良い製品、より早く、より良い価格でご提供し、フィンランド雑貨をお客様が手に取る際の喜びを想像しながら事業を運営しております。また、実際にフィンランド・ヘルシンキまで旅をされた方々にはフィンランド文化の核心価値を実際にご体験頂けるヘルシンキ現地ツアーをサービスとしてご提供しております。

「キートスショップで買ってよかった!」「キートスショップのツアーに参加してよかった!」というお客様の声を糧に、より良い商品を提供できるよう、より良いツアーを提供できるよう進めていきたいと思います。

3.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop

4.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら