じゃがいも?!フィンランドでいちばんおいしい食べ物は?

公開日:2016年12月18日  関連分類: 

今ですね、フィンランド在住の友人が帰国していまして会ってきました!
あれやこれやと質問しまくってしまい、ゴメンよ・・・

 

参考記事:

日本は大晦日におそばを食べますが、フィンランドでは何を食べると思いますか? また食べ物に関連して少し前に友人がフィンランドへ行ってまして、向こうで食べた料理写真をドサ…...続きを読む

 

私がいちばん聞きたかったのはこの質問。

「フィンランドでおいしいものは?!」

 

フィンランドのスープ&パン

ホント、芸が無くてありきたりの質問なんですが、どうしても聞きたかったんですね。

 

ニシンかな?パンかな?

 

私なりに色々予想をたてていたのですが、大ハズレ。

 

彼女の答えは「新じゃが」でした。

 

フィンランドのじゃがいもがおいしいと評判

 

甘みがあって日本のじゃがいも以上においしいらしいですよ~。

友人から新ジャがの話を聞いた後、「フィンランド政府観光局公式ホームページ」をチェックしてみると情報がありました。

 

「フィンランド人たちは、長い間、新じゃがの話題で盛り上がります。ミッドサマーのころに市場に出始めるジャガイモの収穫は、地元の新聞でも毎年話題に上ります。」
(フィンランド政府観光局公式ホームページより引用)

政府の観光局ホームページに新じゃがの情報が掲載されるくらいですから、本当に賑わうのでしょうね!

 

 

新じゃがが登場するのは夏至の頃。

そのシーズンに旅行をする方はぜひお試しを!

というか、そのシーズンに旅行したい・・・w

 

同じページに、こんな食べ方も紹介されていました。

「ひとつまみのバターにディルと塩」

バターと塩は日本でもお馴染みですが、ディルというのがいかにも北欧ですね!

ディルとはハーブの一種。ハマル人はハマってしまう独特の香りが特徴です。

 

ディル ハーブ

 

スウェーデン料理にも使われるので、イケアの食品をよく買う方はご存じでしょう。

 

以前に、私はイケアでディルのポテトチップスを買ったことがあります。私、ディルは結構好きなのでおいしく頂きました。

 

前述したように香りに特徴があるので、苦手な人は苦手かな?

 

 

ディルはともかく、じゃがいもが嫌いな方は少ないでしょう。

 

新じゃがのシーズンは過ぎてしまいましたが、冬にフィンランド旅行をする方もじゃがいもは気にしてみてくださいね!

といっても、あらゆる料理に使われているので、いくらでもじゃがいもを口にする機会はあると思いますw

 

では、日本人スタッフのYでした。

 

関連記事

フィンランドのシナモンロールが世界一おいしい!という情報を得て、シナモンロールについて調べてみました。ちなみにフィンランドではコルヴァプースティ(Korvapuusti)と呼ばれ…...続きを読む

フィンランド最近虫で作られたお菓子が発売されました。今回人生で初めて試すのはコオロギのチョコレートバー。味はなんとナッツとチョコ、イチゴとヨーグルト、オレンジとカカオ…...続きを読む

ボリューム満点、安くておいしいSoppakeittiöを紹介!3つの種類のスープの中でもシーフードスープがおすすめです。今回はオールドマーケットホールにあるSoppakeittiöを訪れた時…...続きを読む

トリップアドバイザーでヘルシンキカフェ・喫茶店部門、堂々の第1位であるカフェ・レガッタ。地元の人だけでなく海外観光客にも人気のスポットです。赤くて小さな小屋はとても可…...続きを読む

今日ご紹介させて頂きたいのはヘルシンキでフィンランドの伝統料理「サーモンスープ」をリーズナブルな値段で味わえるレストランです。   フィンランドの食文化はそれほど発…...続きを読む

 
 

お薦めの北欧キッチンタオル

是非使う目的、場所に合わせて自分に合う一枚をお選びください。



 
 
 

ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.フィンランド・北欧のデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。また、フィンランド出身の原作者トーベ・ヤンソンが作り出した「ムーミン」の背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表の一つです。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーがフィンランドもしくは北欧に多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら