フィンランド入国持ち込み品免税範囲(日本・EU外から)

公開日:2021年4月4日  関連分類:

 

通常、税関を通る(入国する)際に持ち込むものが一定金額を越えなければ関税や消費税が徴収されません。

これはいわば、「入国時持ち込み品の免税範囲」です。

 

 

日本にはこのような入国時持ち込み品の免税範囲が設定されており、免税範囲を超えるものを持ち込む際には「輸入申告」を行い、関税や消費税を納める義務が生じます。

 

 

これはフィンランドにおいても同じです。

 

ただし、フィンランドに入国する際に、EU内の国から入国する場合と、EU外の国(例えば、日本)から入国する場合の免税範囲設定が異なります。

 

 

今回は日本(EU外の国)からフィンランドへ入国する場合の免税範囲を説明したいと思います。

 

 

 

 

持ち込むお酒、たばこに関する免税規定

フィンランドに持ち込むお酒に関し、個人用及びプレゼント用のお酒だけが免税対象となります。

商用目的で持ち込むお酒は1mlでも課税対象となるので、要注意です。

 

 

酒類の免税範囲は下記のとおりです。

  • ワイン(赤、白、ローゼを含む。スパークリングワイン除く):4リットルまで
  • ビール:16リットルまで(アルコール0.5%以上であれば対象となる)

両方同時に持ち組んでも免税範囲内となります。

 

ワイン4リットルは750ml瓶が5本となります。

ビール16リットルは330ml缶が4箱となります。

 

 

更に、強いお酒は下記のどれか一つだけ追加で免税で持ち込むことができます。

  • 22%以上のお酒:1リットルまで
  • 22%までのお酒:2リットルまで

 

 

たばこの免税範囲に関し、1種類のたばこを持ち込む際、下記が上限量となります。

  • たばこ:200本
  • 葉まき煙草:50本
  • 葉まき煙草(3グラム以下/本):100本
  • 手巻きたばこ:250グラム

 

 

複数種類のたばこを持ち込む際に、合計割合が100%を超えないことです。

例えば、たばこ100本(免税範囲50%)と葉まき煙草25本(免税範囲50%)であれば、合計免税範囲100%なので、OKです。

 

 

持ち込む商品に関する免税規定

お酒とたばこは特別なカテゴリーとして持ち込み免税範囲が定められていますが、本来すべての持ち込む「もの」に関し、免税範囲が決められているわけです。

 

ただし、飛行機移動が一般的になってきた現在、持ち込むるものはせいぜい50キロ前後なので、税関検査はそれほど厳しきないのは実状です。

 

 

規定の内容をご説明します。

 

 

EU外で購入したものをフィンランドに持ち込む際に、430ユーロまでは免税です。

この430ユーロは「購入価格」を指します。

 

 

ただし、この430ユーロの免税範囲は飛行機やフェリーで入国した場合のみです。

 

車、バス、自家用船や自家用飛行機で持ち込む際の免税範囲は300ユーロまでとなります。

 

 

 

 

現金の持ち込みにも申告が必要

ちなみに、現金を1万ユーロ(約130万円)をフィンランドから持ち出し、もしくは持ち込む際には申告が必要です。

※小切手などの有価証券も含みます。

 

これは現金に税金がかかるわけではなく、マネーランドリーを防止するためです。

※マネーランドリーとは、犯罪で得られた資金を現金で移動したり、多くの口座に移転したりすることで追跡できないようにすることです。

 

 

実際に筆者が日本からフィンランドに移住する際に小切手を持ち込みました。

(フィンランドに来る前にもちろんフィンランドに銀行口座がないので、日本を出る前にフィンランドに送金できませんでした。フィンランドに来て銀行口座を開設できても、日本にもういないので日本からも送金できませんでした。そのため、最適な方法は小切手を日本で作ってフィンランドに持ち込むことでした。今となっては様々なネット送金サービスがあるので、小切手を使う必要がなくなりましたが)

 

 

その際にフィンランドの空港の入国税関で現金の持ち込み申告手続きを行いました。

申告書を記入し、小切手のコピーを取られてすぐに済みました。

 

 

参考:Tulli Travellers

 

関連記事

4都市(ヘルシンキ、タンペレ、オウル、ロヴァニエミ)の各月の一日の日の出、日の入時間と日照時間をまとめました。北にあるロヴァニエミでは白夜が6月頃から1ヶ月ほど続くんです…...続きを読む
留学するにも生活するにも、気になる物価情報。基本的にフィンランドは日本より少し物価が高いですが、どのくらいなのでしょうか?宿泊費や食料品、交通費など45品目の物価の調…...続きを読む
ヘルシンキ近郊でも自然を満喫しながら泊まれる宿泊施設があります。しかも窓辺からトナカイに餌をあげることだってできるロッジ施設。首都の街も楽しみたいし、自然も楽しみたい…...続きを読む
携帯が使えないと、異国の土地では非常に不安を感じるでしょう。フィンランドで使える携帯、フィンランドで携帯回線を手に入れる方法をまとめてみましたので、これからフィンラン…...続きを読む
今回は、ヘルシンキでトランジットがある場合の宿泊におすすめの空港近くのホテルを一気に5つまとめて紹介します。アクセスや価格などはもちろん、気になる口コミの評価も一緒に…...続きを読む
北欧やフィンランドと聞くと税金が高いイメージがありますよね。そのため物価水準も高いだろうと思われるかもしれません。そこで!!今日は実際にスーパーで買った基本的な食料品…...続きを読む

お薦め3D木製蝶ネクタイ

ちょっとしたオシャレをしたい時に是非参考にご覧ください。

ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.雑貨と現地ツアーに通じて幸せを増やしたい

「フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」という目的を果たすため、キートスショップ現在は「フィンランド雑貨販売」と「ヘルシンキ現地ツアー」の2軸で事業を展開しております。フィンランドの雑貨が好きな方により良い製品、より早く、より良い価格でご提供し、フィンランド雑貨をお客様が手に取る際の喜びを想像しながら事業を運営しております。また、実際にフィンランド・ヘルシンキまで旅をされた方々にはフィンランド文化の核心価値を実際にご体験頂けるヘルシンキ現地ツアーをサービスとしてご提供しております。

「キートスショップで買ってよかった!」「キートスショップのツアーに参加してよかった!」というお客様の声を糧に、より良い商品を提供できるよう、より良いツアーを提供できるよう進めていきたいと思います。

3.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop

4.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら