【フィンランドのお酒】年齢・持ち帰り・免税・関税など完全マニュアル

公開日:2020年7月30日  関連分類: 

 

フィンランドならではの国産ビールや女性にも飲みやすいお酒、更には強いアルコール類などなど、、、種類はかなり豊富です。

 

旅行中にちょっと味わってみてもいいですし、フィンランド旅行の際にお土産として日本に持ち帰りたいと思われる方は多いことでしょう。

 

しかし日本とはちょっと違う決まりがあったり、お土産で持ち帰りできる量はどれくらいかよくわからないことってありますね。

 

  • フィンランドでお酒を飲める・買える年齢
  • お酒を購入するときの注意
  • 日本へ持ち帰りのお酒の量・免税
  • 実は高くない関税(税金)にかかる金額 などなど

 

これらについて、ここでちょっと整理してみましょう。

 

 

 

 

フィンランドでお酒を飲める・買える年齢

フィンランドでは基本的に18歳以上であれば飲酒はできます。しかし、注意が必要な場合も。

 

アルコール度数が22%以上の強いものは20歳以上でなければ飲酒はできません。

 

 

フィンランドでは主に3種類の場所でお酒を購入することができます。

 

  • スーパーマーケット
  • 酒屋アルコ(Alko)
  • 空港内の免税店

 

最後の空港内はさておき、ちょっとした注意しなければならないことがあります。

 

フィンランドの法律では朝9時〜夜21時の間でしかアルコール類は購入できないということ。

 

バーやレストランでは21時以降も提供・飲酒はできますが、店頭での販売に至ってはこの時間内でなければ絶対に購入することができません。

 

例え、スーパーで21時ギリギリ前にレジの列に並んでいたとしてもです。

 

 

更に、スーパーマーケットで買えるお酒はアルコール度数5.5%のものまで。

 

それ以上のものになると酒屋アルコ(Alko)でしか購入することはできません。

 

 

*フィンランドのお酒に関してもっと詳しい情報はこちら↓↓フィンランドの各種ビールを写真付きアルコール度数の見分け方も紹介しています。

参考:フィンランドのビールはどんなのがある?

 

 

フィンランドでお酒を買う時には必ずパスポートを!

 

フィンランドでは例え20歳以上の見た目だとしても、身分証明証の提示を求められることがあります。

 

実は、30歳以上の見た目でない場合は身分証明証の提示を求めますという体制でアルコールが売られているため、例え40歳だろうと50歳だろうと、売り手が提示を求めたら従わなければ売ってはくれません。

 

アジア人は海外では若くみられることが多いことで有名ですね。

 

お酒を購入する予定があったり、飲酒する予定がある場合は必ずパスポートを持参しておきましょう。

 

 

 

 

フィンランドのお酒を持ち帰りたい・どれくらいの量だったら大丈夫?

フィンランドのお土産としてお酒を日本に持ち帰りたいと思う人もいらっしゃいますね。

 

 

まず、旅行者なら誰でもご存知セキュリティーチェックにて・・・

 

手荷物で機内に持ち込む場合は100ml以下ということをもう一度思い出しましょう。

 

空港に到着してからうっかり思い出してしまうという方が意外にも多いからです。

 

 

スーツケースに入れて持ち帰る場合・・・

 

免税の範囲を超えてしまうと課税対象となってしまうことを忘れずに。

(関税の支払い金額はこの後の項目にて)

 

未開封のお酒、最大5リットルまでなら大丈夫です。

 

そしてまず、まぁないだろうとは思いますが、70%以上のアルコール類は手荷物でも預け荷物でもアウトです。気をつけておきましょう。

 

スーツケースではボトルが破損してしまったりしないよう、タオルやビニールできちんと包装しておきましょうね。

 

 

空港内の免税店で購入する場合・・・

 

免税店で購入した荷物の全ては機内手荷物の容量として扱われますので注意しておきましょう。

 

気になる日本の免税範囲ですが、お酒1本760mlが3本まで。

 

760ml x 3 =2280ml この範囲ならば免税です。

 

 

免税範囲を超えても関税(税金)実はそんなに高くない

免税範囲内でお酒を日本に持ち帰ろうとストレスになっているのでしたら、思い切って免税範囲を超えた量のお酒を持ち帰ることも検討してみましょう。

 

実はそんなに気にするほど高くはないのです!

むしろ安い!!

 

お酒の種類 関税(1リットルにつき)
ワイン・ビール 200円
ウイスキー・ブランデー 800円
ラム・ジン・ウォッカ 500円
リキュール 400円

 

注目してもらいたいのは、1リットルにつきの値段です。

 

例えば・・・

ウォッカ(一本=750ml)を4本、日本に持ち帰ったとしましょう。

 

免税されるのは3本までなので、関税の分は1本(750ml)だけとなります。

 

リットル計算なので、、、

 

500円 x 0.75 =375円

 

関税にかかるのはたった375円だけ!

 

その他、ワインやビールの場合だともっと安くつきます。

 

 

 

 

その国ならではお酒、普段飲まない人も旅行の時は特別に味わってみたくもなるものです。

 

そしてお土産に買っていきたい方も多いはず。

 

免税のことやルールがあって面倒くさいから諦めるなんてもったいないので、ぜひ参考になさってみてくださいね。

 

関連記事

フィンランドでは日常会話程度であれば英語でほぼ問題ありませんが、せっかくフィンランドにきているなら、少しフィンランド語でフィンランド人に声をかけてみましょう!挨拶や感…...続きを読む
フィンランドのお酒に関することを全般に。年齢制限は何歳まで?どこで購入できる?免税や関税の計算の仕方など分かりやすくご紹介。これで旅行中も頭の中で整理できるので心配し…...続きを読む
  ヘルシンキ現地オプションツアーを2年間やってきて日本からの旅行者から様々な質問を受け、今回ヘルシンキ短期滞在ベストガイドを作成しようと思いました。   今回…...続きを読む
人口わずか550万人でとても小さい国かつ位置的にも遠いフィンランド。そのためフィンランド語を聞いたことのある、馴染みのある方は少ないのではないでしょうか?どんな言語な…...続きを読む
留学するにも生活するにも、気になる物価情報。基本的にフィンランドは日本より少し物価が高いですが、どのくらいなのでしょうか?宿泊費や食料品、交通費など45品目の物価の調…...続きを読む
フィンランドのプライベートサウナが宿泊部屋についているホテル7つをご紹介。共同のサウナがあるところは多いですが、入浴時間が決まっていたり知らない人と入るのはちょっとと…...続きを読む

お薦めの北欧キッチンタオル

是非使う目的、場所に合わせて自分に合う一枚をお選びください。

ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.雑貨と現地ツアーに通じて幸せを増やしたい

「フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」という目的を果たすため、キートスショップ現在は「フィンランド雑貨販売」と「ヘルシンキ現地ツアー」の2軸で事業を展開しております。フィンランドの雑貨が好きな方により良い製品、より早く、より良い価格でご提供し、フィンランド雑貨をお客様が手に取る際の喜びを想像しながら事業を運営しております。また、実際にフィンランド・ヘルシンキまで旅をされた方々にはフィンランド文化の核心価値を実際にご体験頂けるヘルシンキ現地ツアーをサービスとしてご提供しております。

「キートスショップで買ってよかった!」「キートスショップのツアーに参加してよかった!」というお客様の声を糧に、より良い商品を提供できるよう、より良いツアーを提供できるよう進めていきたいと思います。

3.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop

4.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら