お酒を飲んでも湖で泳ぐフィンランド人たち

公開日:2021年7月12日  関連分類:

 

フィンランドは毎年、夏になると、こういうニュースがもはやニュースではないくらいに発表されます。

 

 

今日フィンランド全土で○○人が溺死

 

 

フィンランドは夏になると、とても暖かくなり、日もとても長いので、人々は深夜まで一日中外でピックニックなり、バーべーキューなり、いろんなことを楽しむことができます。

 

特に夏至のユハンヌスにはコテージに行ったり、海辺に行ったり、バーべーキューしたりして楽しむ人が多いです。

 

そういう時にお酒と一緒に楽しむことがよくあります。

 

 

冬にはできることが少なく、一日中暗いので、お酒は多くの人にとって大切な楽しみになっています。

 

季節が反対になる暖かい夏でも、多くの人にとって、お酒は夏を楽しむに欠かせないものです。

 

 

 

 

しかし、酔っぱらうまでたくさんお酒を飲むフィンランド人は少なくないです。

 

参考:フィンランドでの自殺と自殺率

 

 

健康に悪い影響を及ぼすだけではなく、命に係わるアクシデントもよく起こすのです。

 

 

それは「溺水」です。

 

 

暖かい夏に海や湖で泳ぐことはフィンランド人にとって夏を楽しむためによくやることです。

それが日が長いので、昼間でも深夜でもできます。

 

 

しかし、夜になり、お酒が入り、意識が朦朧になってから泳ぎ始める人が毎年たくさんいるのです。

非常に残念なことに、酔っぱらってからの水泳で溺死する人が毎年出ています。

 

 

筆者が実際に見た泥酔状態での水泳

実際に2年前の夏至(ユハンヌス)に筆者が友人と一緒にある国立公園にキャンピングしに行きました。

 

 

湖の横にある森のキャンプ場には多くの人々で賑わっていました。

 

ある20代前半の若者グループは食事を楽しんだ後にお酒を飲み始めました。

しかも、ビールとかだけではなく、アルコール度数20~30%の強いお酒もショットで飲んでいました。

 

 

それで結構酔っぱらった状態で泳ぎ始めたのです。

 

非常に危険な状態です。

 

 

今回は実例を交えて説明した毎年起こるフィンランドの「溺死」事件です。

 

お酒を飲んだら絶対に水に入らないこと!

そして、飲酒は20歳以降!(フィンランドは18歳ですが)

 

 

皆さん事故のない夏を楽しみましょう!

 

 

参考:YLE At least six drownings this weekend in Finland

 

関連記事

なぜヘルシンキにある人気のカクテルバーはフィンランド首相を出入り禁止リストに加えたでしょうか。その理由とは?
フィンランド人はお酒が大好きです。冬でも夏でもお酒を楽しむことが多い。しかし、飲酒後の水泳は危険です。。。。
国民健康保険制度を有するフィンランドでは医療サービスが高く評価されています。しかし、細かい問題は多々あり、今回はその受け付けシステムのわかりにくさを実経験を踏まえてお話しします。
「永続発展」について、ご存知でしょうか。なぜ「永続発展」は北欧諸国でしか人気がなく、他の国ではあまり真剣に取り組まれないでしょうか。その理由にただ一つの真実があります。
フィンランドは必ずしもなんでも素晴らしい国ではありません。今回はフィンランド在住者の経験を踏まえ、フィンランドのダークな一面の話をします。
フィンランドの医療サービスは費用が低いが、待ち時間がとても長いです。予約制なので、予約取らないといけません。今日予約取ったら、いつの予約になると思いますか?

お薦めの北欧スポンジワイプ

是非水回り、テーブル拭きなどにご活用頂きたいです。


ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.雑貨と現地ツアーに通じて幸せを増やしたい

「フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」という目的を果たすため、キートスショップ現在は「フィンランド雑貨販売」と「ヘルシンキ現地ツアー」の2軸で事業を展開しております。フィンランドの雑貨が好きな方により良い製品、より早く、より良い価格でご提供し、フィンランド雑貨をお客様が手に取る際の喜びを想像しながら事業を運営しております。また、実際にフィンランド・ヘルシンキまで旅をされた方々にはフィンランド文化の核心価値を実際にご体験頂けるヘルシンキ現地ツアーをサービスとしてご提供しております。

「キートスショップで買ってよかった!」「キートスショップのツアーに参加してよかった!」というお客様の声を糧に、より良い商品を提供できるよう、より良いツアーを提供できるよう進めていきたいと思います。

3.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop

4.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら