とにかく待ち時間が長い!フィンランドの医療サービス問題

公開日:2021年7月16日  更新日: 2021年08月01日 関連分類: 

ヘルシンキ大学医学部

ヘルシンキ大学医学部

 

北欧のフィンランドは生活品質、透明な政治、ワークライフバランスなど様々な面や指標において、世界トップレベルと評価されています。

 

 

医療サービスにおいても低い費用で誰でも医療サービスを利用することができることで評価されています。

(アメリカなど公的医療保険が充実していない国に比べ、フィンランドの公的医療保険のレベルが高いと言われています)

 

参考:フィンランドの医療費、どのくらいかかる?

 

 

患者にとっての医療費用が低く、年間医療費上限も決められていることで、国民にとって医療負担が低いのはとても素晴らしいことです。

 

 

しかし!

とにかく待ち時間が長いです!!

 

 

風邪でも軽い病気の一般診療でも、公立の歯医者さんでも、とにかく待ち時間が長いです!

急診でさえすごく待たされます!

 

 

このような医療問題はもはやフィンランドでは日常茶飯事になっているほどです。

 

 

 

 

とにかく待たされるフィンランドの医療サービス

フィンランドの公的医療サービスについて、急診以外は予約制のみになります。

日本のように街角のクリニックに行って軽い病気をすぐに見てもらうことはフィンランドで基本的にできません。

 

 

基本予約制しかないので、「いつの予約が取れるか」が問題になっています。

フィンランドの医療関連法律では、公的医療サービスを受ける最大待ち時間が定められています。

 

 

公的医療サービスについて

  • 一般クリニックや病院の場合:治療の緊急度の判断は3営業日以内(つまり、緊急度を判断してもらうだけで最大3日待たないといけない。週末を挟んだら最大5日間待つ!)
  • 専門外来の場合:治療の緊急度判断は3週間以内(最大3週間待つ)
  • 治療の緊急度判断を受けてから3ヶ月内に治療を受けないといけない(つまり、緊急度判断が終わってから診察・治療されるまで最大3ヶ月待たされる)
  • 専門外来と歯科の場合、最長6ヶ月内に治療を受けないといけない(つまり、最大半年も待つのだ!)

 

 

そして、ヘルシンキ市2020年4月のデータによると、診察・治療までの平均待機日数は「51日間」

つまり、小さい病気など急診まで行かない病気を医師に診てもらうだけで平均2ヶ月弱待たないといけないのです!

 

もちろん、法律は「90日間以内」ですので、違法ではないですが、日本の医療サービスを経験した筆者にとってはあり得ないほどの待ち時間です。

 

 

フィンランドの公立医療サービスの利用でひたすら待たされた実体験

筆者の実体験ではフィンランドで数回公立クリニック(Terveysasema)に予約を取ったことがあります。

 

運がよければ1週間後のアポが取れます。

運が悪いときは来月や再来月になります。

 

 

「今体のどこかに問題があるのに!来月まで待つの!?」という疑問が自然に頭の中に浮かび上がりました。

しかし、フィンランド人の中でこの質問に対する答えは「しょうがない」しかないように感じます。

 

 

そして、急診でも待たされるのです。

 

通常、急診はその町の大病院でしか行われません。

 

その大病院に行ってもすぐに先生に診てもらえるわけではありません。

 

 

通常は緊急度判断の看護師に先に見てもらいます。

そこで病気やケガの度合いが命にかかわらないすべての患者は待たされます。

 

それが深い傷口であっても、急に見えなくなる目であってもです。

 

 

運がよければ1~2時間待ちで済みます。

運が悪い人は何時間も待たされます。

 

 

急診はもはや急診ではないです。

 

 

 

 

早く治療を受けたい人は高い診察費を払って私立クリニックや病院に行きます。

診察費や医療費は公立の何倍も高いです。

 

 

フィンランド長期滞在の方はもちろん公的医療サービスに加入できますが、できれば私立のクリニックや病院でもカバーされる追加の医療保険を購入したほうがいいかもしれませんね。

 

 

このような状況ですので、小さい病気や不快症状があっても病院に行きたくないですよね。

1~2ヶ月でも待たないといけないなら、その間に治るんじゃないかとよく思います。

 

 

この状況を本当に何とかしてほしいです。

 

医療費が安いのはいいことですが、いつまでも待たないといけないのは正直非常に不便です。

 

 

参考:Helsinki City Hoitoon pääsy ja odotusajat Kiireettömään hoitoon pääsyn toteutuminen

 

関連記事

フィンランドの電子化サービスはどんどん進んでいます。今回は医療情報システムについてご紹介します。電子処方箋をバーコード読み取りで情報にアクセスでき、更新や延長もネット…...続きを読む
フィンランドでは、EU内の移動が再び自由にできるようにする「EUデジタルコロナ証明書」が発行されるようになりました。電子化社会の強みです。
  もう一つのストリーは筆者のある友人が日本からフィンランドを訪ね、ヘルシンキに滞在する期間中に起きたことです。     その友人に筆者が想像もつかない症状が…...続きを読む
コロナウィルスのワクチンは2020年12月からどんどんEUに承認され、フィンランド国内でも接種が進んでいます。フィンランド国内ではワクチンの輸入予定及び接種進捗を週ごと…...続きを読む
フィンランド・ヘルシンキでコロナウィルスワクチン接種は予約から接種完了までわずか2日間!なんでこんなことができるの?
日本の医師は年収が高く、尊敬されますが、フィンランドはどうでしょうか?年収はいくらでしょうか?男女平等のフィンランド社会では、女性の医師は多いでしょうか?また。高社会…...続きを読む

お薦めの北欧キッチンタオル

是非使う目的、場所に合わせて自分に合う一枚をお選びください。

ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.雑貨と現地ツアーに通じて幸せを増やしたい

「フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」という目的を果たすため、キートスショップ現在は「フィンランド雑貨販売」と「ヘルシンキ現地ツアー」の2軸で事業を展開しております。フィンランドの雑貨が好きな方により良い製品、より早く、より良い価格でご提供し、フィンランド雑貨をお客様が手に取る際の喜びを想像しながら事業を運営しております。また、実際にフィンランド・ヘルシンキまで旅をされた方々にはフィンランド文化の核心価値を実際にご体験頂けるヘルシンキ現地ツアーをサービスとしてご提供しております。

「キートスショップで買ってよかった!」「キートスショップのツアーに参加してよかった!」というお客様の声を糧に、より良い商品を提供できるよう、より良いツアーを提供できるよう進めていきたいと思います。

3.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop

4.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら