アラビア ムーミンマグカップ 1991~1999 発売商品紹介!

公開日:2018年2月23日  更新日: 2018年07月10日 関連分類:  

もし1990年代発売したアラビアムーミンマグカップを3シリーズに分けるとしたら、1991~1999年販売のこのシリーズは第二のシリーズでしょう。

 

1990年代販売されたムーミンマグカップは1999年のミレニアムと1992~1997年販売のチルドレンマグカップを除けばすべて4色の構成で、3つのシリーズに分かれています。

 

その第一のシリーズは1990~1993年もしくは1990~1996年販売のムーミンマグ「ブルー」「グリーン」「ローズ」「イェロー」と色で名付けされた商品です。

 

第二のシリーズは第一のシリーズからの延長・拡大のような形で商品名に第一シリーズの名前に「ダーク」を付け、1991~1999年に渡り、9年間販売されていました。

 

  • 1991年:ムーミンマグダークブルー(Moomin Mug Dark Blue)(1999年販売終了)
  • 1991年:ムーミンマグダークグリーン(Moomin Mug Dark Green)(1996年販売終了)
  • 1991年:ムーミンマグダークイェロー(Moomin Mug Dark Yellow)(1996年販売終了)
  • 1991年:ムーミンマグダークローズ(Moomin Mug Dark Rose)(1996年販売終了)

 

ムーミンマグダークブルー(Moomin Mug Dark Blue)

アラビアムーミンマグカップ「ダークブルー」は発売番号5番のマグカップで、今から27年前の1991年に発売された製品です。

 

デザインは1990年発売した第一シリーズの「ムーミンマグブルー」と「ムーミンマグイェロー」に踏襲し、単一色の背景にイラストを数枚置く形を取られました。

 

デザインに使用されたイラストはムーミンコミック#12 「Moomin and the Sea」 (1957)から「ムーミンパパ」を中心に4枚を選ばれ、使用されました。

 

Moomin.comより引用

 

ムーミンマグダークグリーン(Moomin Mug Dark Green)

ムーミンマグダークグリーンは「ムーミン」を主体とするデザインがなされています。

 

イラストは様々なムーミンコミック:コミック#12 「Moomin and the Sea (1957)、コミック#4 「Moomin’s Desert Island 」(1955) トーベと弟であるラルスのコミック #16「 Conscientous Moomin 」(1958)から選ばれており、ムーミンの日常からいろいろなシーンが描かれています。

 

ムーミンがスナフキンと会話するシーンや悩んでいるシーンもありますね。

 

Moomin.comより引用

 

 

 

ムーミンマグダークイェロー(Moomin Mug Dark Yellow)

ムーミンマグダークイェローはシリーズの他の製品と同様で単一色の黄色の背景に様々なイラストが付けられる形となります。

 

4枚のイラストは全て「リトルミイ」が中心になります。

小説の「ムーミン谷の夏祭り」と「ムーミン谷の冬」、そしてトーベと弟のラルスのコミック# 17 「Moomin and the Comet」 (1958)の原画から採用されています。

 

 

ムーミン谷は洪水で氾濫したにもかかわらず、その水を楽しむリトルミイはなんだか自由自在で楽しそうですね。

 

※キートスショップは在庫1個のみ販売しております。非常に珍しい商品なのでよかったらぜひご参考ください。

 

Moomin.comより引用

 

 

ムーミンマグダークローズ(Moomin Mug Dark Rose)

ムーミンマグダークローズは「ムーミンママ」が中心デザインとなるマグカップです。

 

「深い赤」のイメージはムーミンママの愛に繋がるでしょう。

 

下記に描かれたようにマグカップのメインイラストはまさに冬眠から目覚めたばかりにもかかわらず、すぐに風邪を引いてしまった息子のムーミンのために風邪薬を作っているシーンです(『ムーミン谷の冬』の原画より)。

 

他にも「ムーミンパパ海へ行く」(1965)とコミック#12 「Moomin and the Sea」 (1957)からも原画が選ばれています。

 

Moomin.comより引用

 

 

 

テストバージョンのマグカップ

デザインにあったマグカップの色を作成するのに試行錯誤があったようで、テストバージョンの色が17種類存在します。

 

またカップの底には、どの色かを示すコードも記載されているそうです。

決められた色に近いものもあれば、全く違うものまで、でも全て色は一緒ではありません。

 

マグカップのコレクターでこのテストバージョンを持っている方もいるそうで、ある意味貴重ですよね!

どのような色があるのかはこちらのMoomin.comのブログページよりご覧になれます。

 

 

参考記事:

 

4色の第一シリーズについてはこちらをどうぞ:

最初にムーミンマグカップを発売したのが1950年代でしたが、その次に再度ムーミンマグカップを販売し始めたのは実にほぼ40年後の1990年代となります。90年代最初のシ…...続きを読む

 

 

関連記事

 

 

5分で読むムーミン小説シリーズ

ムーミンのアニメはよく知られていますが、ムーミンの小説を読まれたことはありますか?   もちろん、ムーミンのことを知るなら小説を読むのが一番いいでしょう。   し…...続きを読む


ムーミンの物語の原作者トーベ・ヤンソンが正式にムーミン小説の1作目として発表したのは本作「ムーミン谷の彗星」です。   ムーミンの物語で初めて発表された作品は「小さ…...続きを読む


ムーミン童話2冊目の『たのしいムーミン一家』は原作者トーベ・ヤンソンが書いたムーミン物語の第三作目で、日本で製作したアニメの基礎となっています。日本語訳バージョンでは…...続きを読む


ムーミン小説・童話の第三作(別巻入れると第四作)は『ムーミンパパの思い出』です。   この話は、ムーミン一家がムーミン谷に住み着いてから、ムーミンパパは自分の若い時…...続きを読む


ムーミン谷に住み始めて約3年目でしょうね。 『ムーミン谷の夏祭り』の物語が幕を開けました。   穏やかなムーミン谷 『ムーミンパパの思い出』の中で初めて登場したリトル…...続きを読む


夏が終わったムーミン谷は新しい世界に変貌しました。 果たしてムーミンたちは新しい世界でどのような冒険を経験し、どのように人に出会うのでしょうか。   真っ冬のムーミ…...続きを読む


ムーミン童話小説全8巻もいよいよ6巻目になります。(別巻も入れると、7巻目になりますね)   今回は『ムーミン谷の仲間たち』のダイジェスト記事をご紹介します。  …...続きを読む


全部9作あるムーミンの小説童話のダイジェスト版作成はいよいよ最後の2冊となりました。 今回は『ムーミンパパ海へいく』のダイジェストバージョンをご紹介していきます。 &nbs…...続きを読む


ムーミン小説ダイジェスト版の制作もいよいよ最終作『ムーミン谷の十一月』を迎えることになりました。 より短く、より早く読めるように、物語の要点が漏れないように心掛けて製…...続きを読む

 

お薦めムーミングッズ

かわいいムーミンが色々な形で登場します!是非参考にご覧ください。











ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.フィンランド・北欧のデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。また、フィンランド出身の原作者トーベ・ヤンソンが作り出した「ムーミン」の背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表の一つです。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーがフィンランドもしくは北欧に多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら