海外フィンランドの首都ヘルシンキに実際する面白い3つのミステリー

公開日:2020年5月29日  関連分類:

 

世の中には謎が解けないことも少なくありません。

 

「どうして?」「誰が?」「一体何があって?」

 

そんな中でもちょっとユーモアや冒険があることも確か。

 

 

実はフィンランドの首都ヘルシンキにも、

 

観光者だけでなくそこに住む人もよくわからない事がいくつかあるのです。

 

 

ヘルシンキ中央駅周辺の意味がわからないマンホール

フィンランド旅行に来られる方のほとんどはヘルシンキ中央駅を利用する事でしょう。

 

今までにヘルシンキへご旅行された方は思い出してみてください。

 

 

気づかれましたか?

 

数多くの何か詩のようなものが書かれたマンホール。

 

 

地面をマジマジと見ながら歩く方はそういないので、

 

ヘルシンキ中心部へ何度も足を運ぶ地元民でさえ、なかなか気づくことがないこのマンホール。

 

「女性が?赤いバンの車が?」ここに書かれていることはフィンランド人にも???です。
このようなミステリーマンホール、

 

実は、ここ一箇所だけでなく

 

ストックマンデパート前のメイン通りであったり、

 

トラムの停車駅のすぐ側だったり、

 

大きなショッピングモール・カンッピ(Kamppi)の広場だったり、、、

 

その数8カ所も。

 

 

実はこの謎の詩が書かれた鋳鉄製のマンホール、

 

ヘルシンキ市を歩く歩行者向けのエピグラムだったようで

 

スイス出身のデニス・ジーグラー(Denise Zieglerin)という方が作成したものだそうです。

 

そう、アート作品なのですが、、、

 

 

やっぱりアートは深いですね。

 

意味が謎のまま。。。。

 

フィンランド人でさえ、その意味が謎のままです。

 

 

この作品の全てを歩いて見て回る距離は約3kmだそう。

 

見るのに時間がかかる作品です。

 

 

 

 

誰の仕業か?!とつぜん森に現れた彫刻の首

 

ヘルシンキ中央駅から海を挟んで東に位置するクルーヌヴオリの岸辺(Kruunuvuorenranta)。

 

 

ここは海に近い場所なので、

 

潮風を楽しんだり、ハイキングをしたり

 

自然を楽しむ人が多く集まるところです。

 

 

特に、岩場も多いことで知られているのですが、、、

 

 

ある日一人の女性が、このエリアでオリエンテーリングしている最中に気づいたもの。

 

チェックポイントを探していたときに偶然出くわしたのだとか。

 

 

*オリエンテーリング?チェックポイント?よく知らない人はこちらで!

参考:フィンランド、森のスポーツ・オリエンテーリングとは?

 

 

いつからこれが置かれているのかは不明ですが、

 

少なくとも苔や他の植物による汚れなどは見えず、むしろきれいな状態です。

 

おそらくここに設置されてからそんなに期間は長くないでしょう。

 

 

頭だけが彫刻として作られた感じではないようでしたが、

 

周りにこの彫刻の動体はなく

 

きっと誰かがこれに面白い反応する事を期待して置かれたのではないか???

 

 

第一発見者である女性はSNSなどを使って情報収集を試みましたが、

 

質問ばかりが増えるだけでこれと言った答えは見つからなかったそうです。

 

 

しかも、この彫刻の頭だけでなく

 

この同じエリアには他に2つ見つかっており、

 

一つは人間の、もう一つは恐竜、

三つ目は犬のような豚のような頭をしています。

 

 

 

これらの像はヘルシンキ市のパブリックアートコレクションの一部としてリストされていません。

 

 

一体誰が、いつ、どのような理由で設置したのかは謎のままです。

 

 

100年以上前の古代遺跡?!だけど謎のまま

 

ヘルシンキ中央駅から徒歩でもトラムでも行ける距離にあるカイボプイスト(Kaivopuisto)と言われる広い公園。

 

ここはフィンランドのメーデーであるヴァップ(Vappu)で賑わう場所で有名なところでもあります。

 

参考:町中が陽気に酔っぱらう日「ヴァップ」(Vappu) 春を祝うフィンランドの祝日

 

 

この広い公園は海沿いにある事で有名ですが、

 

この海の海底には古代遺跡が!!!!????

 

 

かなり古い難破船が海底17mに沈んでおり、その幅は5mほどなのだそうですが、

 

ひどく壊れて入れ破損部分が広範囲に広がっているとのこと。

 

 

難破船の木製部分の状態とその構造から100年以上経過した船てある可能性が高いそうです。

 

 

で、調べないの?と思うでしょう?

 

 

この発見はヘルシンキシーポートの水中考古学をマッピングしたときに発見されたとのことですが、

 

「特に珍しいものでもなく、こんなのは一般的なんだよ」

 

と、発見したときの海洋学考古学者の方。

 

 

もしも、この場所で建設工事が行われる場合は調査する必要性が出てくるとのことですが、

 

今のところ、どうにもする予定がないとのこと。

 

 

この先もこのままだと、この神秘的な難破船の歴史は海底に沈み、謎は埋められたままです。

 

 

 

 

実は知らないところで色々な不思議なこと、謎なことは多いもんです。

 

今回はヘルシンキ市内のミステリーを一部をお伝えしました。

 

 

ヘルシンキにご旅行された際は、謎なマンホールを探してみてください!

 

 

情報・引用:Ilta-Sanomat -Punainen pakettiauto ajoi naisen ohi, kertoo ohikulkijoita hämmentävä kaivonkansi keskellä Helsinkiä

情報・引用:Ilta-Sanomat -Kuka kantaa patsaita metsään Helsingissä? Suunnistaja löysi veistoksen pään lammen vierestä, mutta se oli vasta alkua

情報・引用:Ilta-Sanomat -Helsingin edustalta paljastui tuntematon löytö: Meressä makaa mahdollisesti yli satavuotias muinaisjäännös, josta ei tiedetä mitään

関連記事

ウスペンスキ寺院やカウッパトリ市場のエリアにあり、2016年9月にオープンした複合水上施設です。「プール」「サウナ」「カフェ・バー」「レストラン」があり同時に全て楽しめる…...続きを読む
ヘルシンキ中央駅から25分とアクセスも抜群の遊園地のご紹介です。施設内へは入場が無料+無料の乗り物もあるので施設を見るだけでももちろん十分楽しめる場所となっています。…...続きを読む
フィンランド旅行観光者が知らない穴場レストランが給水塔に、そしてアルヴァ・アールトがデザインした給水塔も!フィンランドのUFO?!外観だけじゃもったいない!人よりちょっ…...続きを読む
観光スポットでもあるシベリウス公園を含めたおすすめ散策ルート「シベリウス公園」→「Regattaカフェ」→「ヒエタニエミ散策」のご紹介。シベリウスについても紹介しているので公…...続きを読む
  歌手中島美嘉の名曲『雪の華』が映画となり、2019年2月1日から上映されます。   ラブストリーである映画『雪の華』のロケ地の半分がフィンランドで行われたそ…...続きを読む
ヘルシンキの市街地で「路面で走るパブ」を見たことありますか?このSparaKoffに乗るには貸し切りか、夏期間にしか運営されない1時間ツアーに参加するしかありません!いつもと…...続きを読む

お薦めの北欧スポンジワイプ

是非水回り、テーブル拭きなどにご活用頂きたいです。


ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.雑貨と現地ツアーに通じて幸せを増やしたい

「フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」という目的を果たすため、キートスショップ現在は「フィンランド雑貨販売」と「ヘルシンキ現地ツアー」の2軸で事業を展開しております。フィンランドの雑貨が好きな方により良い製品、より早く、より良い価格でご提供し、フィンランド雑貨をお客様が手に取る際の喜びを想像しながら事業を運営しております。また、実際にフィンランド・ヘルシンキまで旅をされた方々にはフィンランド文化の核心価値を実際にご体験頂けるヘルシンキ現地ツアーをサービスとしてご提供しております。

「キートスショップで買ってよかった!」「キートスショップのツアーに参加してよかった!」というお客様の声を糧に、より良い商品を提供できるよう、より良いツアーを提供できるよう進めていきたいと思います。

3.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop

4.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら