フィンランド、森のスポーツ・オリエンテーリングとは?

公開日:2020年5月27日  関連分類:

写真引用:https://www.suunnistusliitto.fi/

 

フィンランドの森を歩いていると時々見る木に吊り下げられた旗のようなもの。

 

何の意味があって取り付けられているのか不思議に思われる方も多いことでしょう。

 

 

実はこれ、オリエンテーリングと言われるスポーツには欠かせないマークです。

 

 

 

 

オリエンテーリングとは?オリエンテーションとは違うの?

写真引用:https://www.suunnistusliitto.fi/

 

「オリエンテーション」という言葉だと一度は耳にされたこともあるとは思います。

 

ですので「オリエンテーリング」とはハイキング兼、見学会ように思われる方もいらっしゃることでしょう。

 

 

しかし、これはれっきとしたスポーツ。

 

 

オリエンテーション:方向・方位を向く。例えば、仕事の研修などがありますね。

 

オリエンテーリング:方向・方位を定めそれに向かって走る。スポーツゲームのこと。

 

 

 

「オリエンテーリング」で使用するのは、地図とコンパスがよく使われます。

 

そして、あの森で見るマークはポイント地点。

 

 

地図で方角などを確認してからチェックポイントへ出来るだけ早く向かいます。

 

 

そしてあのマークがあるいくつかのチェックポイント地点を順番に巡って

 

出来るだけ数多く、そしていち早くゴールすることを競うスポーツ。

 

 

一見シンプルで簡単そうですが、

 

まず、地図を読めないことにはどうしようもありません。

 

 

身体能力だけではどうにもいかないのがこのスポーツです。

 

 

地図を見て方角だけ分かっていれば、、、とは限りません。

 

 

行先の途中で登れないような大きな岩があったりもするので、

 

いち早くチェックポイントまでの地図を把握し、ルートを決め、動き出さなければならない競技。

 

 

決して自分の知り得る土地で競技するわけではないので

 

どこに何があるか、自分自身の頭の中でコースを決めなければならないのです。

 

 

難しいようにイメージされるかもしれませんが、

 

実は子供から大人まで楽しめるスポーツ。

 

写真引用:https://www.suunnistusliitto.fi/

 

自然を楽しみながら家族で楽しむにももってこいのスポーツなのです。

 

 

チェックポイントのマーク、フィンランドではそれぞれ

選手として本格的に競ったりする時に多く使われるのが、

 

白とオレンジが目印の旗を使用することが一般的ですが、

 

 

趣味としてオリエンテーリングする時には、違うチェックポイントのマークを使うこともあります。

 

 

時には木にテーピングされているだけというのも見かけます。

 

(森の木の管理でマーキングされている場合もあり)

 

 

現在ではスマートフォンでチェックポイントに着いたことを記録できたりもするので、

 

IQコードがマークされていることもあります。

 

 

 

自然が多いフィンランドならではのオリエンテーションはいつから?

元々、このスポーツはスカンジナビアで生まれました。

 

19世紀、兵士のための訓練運動の一貫として始まったオリエンテーリング。

 

 

本格的にスポーツとして取り入れられたのは1897年のノルウェーで始まりました。

 

フィンランドで競い合うようになったのは1935年から。

 

 

国際的に有名になったのは60年代です。

 

 

一番最初の世界選手権、実は1966年にフィンランドで開催されたのですが、

 

その開催場所はハサミや観光所でも有名なフィスカルス(Fiskari / Fiskars)。

 

 

 

 

この競技に強い国上位はやっぱりスカンジナビア

この競技を知らない人には、

 

一体どれくらいの距離を走ることになるのか分かりませんね。

 

 

最初の世界選手権では、

 

男性レースで14.1km、女性レースは6.6kmでした。

 

 

実は長距離のものや、あえて暗い夜に競うこともあり、

 

時には冬場にクロスカントリーで行われたり、

 

数人のグループでのチーム戦など、種類は豊富です。

 

 

しかし、やっぱりこのスポーツの発祥がスカンジナビアということもあり、

 

この競技に強い国はフィンランドをはじめ、

 

ノルウェーやスウェーデンなどの国が上位を占めます。

 

 

実はなかなか地味なスポーツでもある

他のスポーツでは観戦者がいて見ている応援する側も楽しめることがほとんどですが、

 

オリエンテーリング、これはなかなか難しい問題があります。

 

 

なにせ選手はどのルートを走るかも予測つきませんし、

 

頑張っている姿を見ること自体難しい話です。

 

 

選手は一人きりで森のなかを走ることも普通にあるので、

 

自分との戦いでもあります。

 

 

以前、オリンピックの正式競技にするかという声が上がりましたが、

 

そういった問題もあり、なかなか難しいものなのだそうです。

 

 

 

 

日本でもオリエンテーリング、皆さんの知らないところで競技されています。

 

趣味としてももちろん楽しめるスポーツ。

 

 

自然の中でも都会の中でも楽しめるのがこのスポーツの良いところです。

 

 

情報・引用:https://www.suunnistus.fi/

情報・引用:Suomen Suunnistusliitto

関連記事

ヘルシンキにあるフィンランドで最大の屋内競技場ハートウォールアリーナで、フィギュアスケートの世界選手権が行われます。フィンランドはまだまだ寒さが続くので、応援に行く方…...続きを読む
  北欧の氷の大地フィンランドではアイスホッケーが国内最も人気の高いスポーツの一つです。 人口わずか550万のフィンランドではプロアイスホッケーチームが15チームも…...続きを読む
毎年2月、フィンランドはスキー休暇の時期。フィンランドのスキーは日本人が想像するスキーではない理由、休暇の事、この時期は街のお店が開いてるか?などを書いています。
    フィンランドの人気スポーツというと、あまりイメージないですよね。   フィンランドの冬が長く、気候が極寒ですので、人気なスポーツにはウィンタースポーツ…...続きを読む
    日本でも京都マラソンや東京マラソンといった一般市民も参加できるマラソン大会が全国各地で開催されているかと思います。   今回はフィンランドの首都ヘルシ…...続きを読む
※後ろが工事現場であるグランド(笑)   通常野球でいうと日本にプロリーグやアメリカのメジャーリーグなどの野球を指しますが、実にフィンランドにも野球があります。 &nbs…...続きを読む

お薦めの北欧キッチンタオル

是非使う目的、場所に合わせて自分に合う一枚をお選びください。




ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.雑貨と現地ツアーに通じて幸せを増やしたい

「フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」という目的を果たすため、キートスショップ現在は「フィンランド雑貨販売」と「ヘルシンキ現地ツアー」の2軸で事業を展開しております。フィンランドの雑貨が好きな方により良い製品、より早く、より良い価格でご提供し、フィンランド雑貨をお客様が手に取る際の喜びを想像しながら事業を運営しております。また、実際にフィンランド・ヘルシンキまで旅をされた方々にはフィンランド文化の核心価値を実際にご体験頂けるヘルシンキ現地ツアーをサービスとしてご提供しております。

「キートスショップで買ってよかった!」「キートスショップのツアーに参加してよかった!」というお客様の声を糧に、より良い商品を提供できるよう、より良いツアーを提供できるよう進めていきたいと思います。

3.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop

4.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら