アルヴァ・アアルトのデザイン「ドアノブ」競売価格と盗難事件?!

公開日:2020年2月12日  関連分類:

情報・写真引用:asuntomessut.fi

 

フィンランドの国を代表するデザイナー、アルヴァ・アアルト

ヘルシンキ観光で有名な場所のうちの一つにアカデミア書店、そしてその2階にあるカフェは彼が設計デザインした「カフェ・アアルト」。

 

映画「かもめ食堂」でも登場したカフェです。

 

しかし、それらばかり注目されて実は忘れがちなのがカフェに入る前です。

 

そう、建物に入る前のドアノブ。

それもアアルトがデザインしたものというのは、知らない人が多いようです。

 

 

 

 

アンティーク・オークションではすごい値段!

1950年代のアルヴァ・アアルト(Alvar Aalto)今までに色々なドアノブをデザインしていますが、今回は1950年代のもの。

長さは24cmで青銅、ブロンズの色をしています。

 

実はその昔、1953年〜1975年の間、アルテック社(Artek)の「Valaistustyö」(直訳すると、照明の職/作業)という作業場ないし工房で色々な照明がデザインされ作られていました。そこでドアノブがアアルトによって作られたのですが、

 

「え?照明なのにドアノブ?」と思いますよね。

 

もちろん、アアルトはアルテック社にメタリックな照明も作り上げましたが、ついでだったのか、同じメタリック(青銅で作られた)ドアノブも作り上げ、今ではアアルトのトレードマークとも言われるほどのドアノブになりました。

 

 

情報・写真引用:https://www.iittala.com

 

このエレガントな湾曲は、アアルトがフィンランドの湖からインスピレーションを受けた有名なガラスの花瓶を思わせるようなデザインになっています。

 

 

このドアノブ、現在ではヘルシンキ市内の公共のものとしても扱われていますが、

ストックマンデパートやアカデミア書店の入り口、フィンランディアホールなどのドアノブとしても使われています。

 

 

さて、只者ではなさそうなこの、アアルトがデザインしたドアノブ、実はフィンランド国外のアンティークオークションで競売にかけられたことがあり、そして今でも競売にかけられているものでもあります。

やっぱり只者ではありませんでした。

 

多くは、ドアノブ1つではなく2つのペアで競売にかけられますが、

 

現在では、スウェーデンのストックホルム・アンティークオークション(Stockholms Auktionsverk)で430〜540ユーロ (55,900〜70,200円)から競売にかけられており、最終価格は24,000クローネ(288,000円)です。

 

以前、英国ロンドンの有名な、フィリップスオークション(Phillips)では最大で約24,000ユーロ (約312万円)で取引されたこともあるんですよ!!!

 

※1ユーロ=130円・1クローネ=12円で計算しています。

 

 

 

 

アアルトのドアノブ、盗難に合う?!

 

 

ヘルシンキ中央駅から徒歩で行ける距離、エロッタヤ(Erottaja)という場所の道路ど真ん中に「何だこれ?」というような入り口があります。

地下鉄の入り口のようにも見えますが、実は地下駐車場の入り口です。

 

さぁ、お気づきですか?

この入り口のドアノブ、もちろんアアルトデザインのドアノブですが、右側だけ色が違います。

そう、この右側だけなぜか新しいドアノブ。他、左側のドアノブよりも輝いています。

 

実は、この右側のドアノブだけ数年前に、、、どこの誰だかに盗まれてしまったようです。

まさかの盗難。

 

よくこんな街のど真ん中で盗んだものだと思います。汗

 

ここ、実はエロッタヤ・パビリオン(Erottajan paviljonki)という名前までちゃんと付いてある有名な場所です。

 

元々は、防空壕としてのシャルターの入り口として作られたもの。

戦時中の1941年にヘルシンキ市が主催したコンペにアアルトが勝ち取ったもので、彼にとって最初の公共の建物となります。

実際に防空壕として利用されることはありませんでしたが、今でも中央駅から少し歩けば身近にアアルトの建築に触れることができます。

 

 

 

 

かなりアアルトのマニアか建築やデザイン好きの方でないと注目しないアアルトのドアノブを今回は紹介しました。

シンプルだけどエレガントでいて、ドシっとしたデザインのドアノブ、少しアール・ヌーヴォーを匂わせると思うのは私だけでしょうか?

 

 

情報・引用:Talous Taito -Olympiamitalista ovenkahvoihin

関連記事

キッチンでオーガニック・フェイスパックを手作り!お肌の悩み別で6つのレシピをご紹介します。フィンランドならではの材料も出てきますが、もちろん間違えて食べちゃっても大丈…...続きを読む
今回はフィンランドの世界的有名人を4人ご紹介します。作家や建築家、音楽家、政治家の4分野から一人ずつ筆者の独断で選んでみました。このリストに目を通せば、あなたもフィン…...続きを読む
北欧の小国フィンランドにも様々な伝説があります。バーガーキングにサウナがある!?遅く起きたら湖に投げ込みされる!?国境を跨ぐゴルフ場がある!?フィンランドならではの文…...続きを読む
フィンランドで馬は断然!女の子が好きな動物!これがどうしてなのか分かりますか?ヘルシンキ市内でも馬を見る機会が多いフィンランド。まさかの高速道路にまで?!あなたが知ら…...続きを読む
    フィンランドでの公用語は フィンランド語とスウェーデン語。   そして準公用語がフィンランド北部で使われるサーミ語です。     そしてもう一つ会…...続きを読む
フィンランドのラップランドに行くとサーミという言葉をよく耳にします。ムーミンもサーミに協力?!サーミ族とフィンランドの関係、言語はフィンランド語じゃないの?などサーミ…...続きを読む

お薦めの北欧キッチンタオル

是非使う目的、場所に合わせて自分に合う一枚をお選びください。




ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.雑貨と現地ツアーに通じて幸せを増やしたい

「フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」という目的を果たすため、キートスショップ現在は「フィンランド雑貨販売」と「ヘルシンキ現地ツアー」の2軸で事業を展開しております。フィンランドの雑貨が好きな方により良い製品、より早く、より良い価格でご提供し、フィンランド雑貨をお客様が手に取る際の喜びを想像しながら事業を運営しております。また、実際にフィンランド・ヘルシンキまで旅をされた方々にはフィンランド文化の核心価値を実際にご体験頂けるヘルシンキ現地ツアーをサービスとしてご提供しております。

「キートスショップで買ってよかった!」「キートスショップのツアーに参加してよかった!」というお客様の声を糧に、より良い商品を提供できるよう、より良いツアーを提供できるよう進めていきたいと思います。

3.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop

4.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら