5分でわかるフィンランド:フィンランドで面白いと思った瞬間!

フィンランドの生活で何回か面白い瞬間に出会いました。

多くのことは日本でなかなか目にすることもないことで是非想像を膨らませながら読んでみてくださいね!

〇〇が凍った

サウナに入った後にマイナス27度の気温の中で室外で体を冷やしていると、髪がカッチカチに凍りました。体は2分ほど余裕ですけどね。

数十秒という短い間に髪が急速に凍るというのはなかなか面白かったです。

関連記事:フィンランド式サウナ:サウナの真実と実体験

〇〇が凍傷

このくらいは大したことないと思われるでしょうね。フィンランドでは極寒が普通だし。

冬の1月上旬のある日、あいにく寒波が来ており、正午でも気温がマイナス23度。駅までバスでも行けるが、運賃が3.3ユーロ(約430円)で高いので、「チャリ15分全力疾走したら体が温まるから大丈夫なんじゃないか!?」という考えで敢行。(その日は空港へ行ってロンドンへの出張だったので、マイナス23度用の様々な重装備を気温5度のロンドンまで持って行きたくはなかったです)

結果、体は確かに温まって手足健在だったが、耳の痛みは温めても続きました

凍傷だなと。(耳にはマフラーしか巻いていませんでした!)

日の出が。。。

一年中の日の出や日の入の時間がそれほど劇的に変化しない日本ではあまり気にしないでしょうが、フィンランドでは冬と夏の日照時間が全然違うので、毎日の日の出や日の入の時間が新聞に掲載されているほど重要な情報です。

ある日、新聞を覗いていると、翌日フィンランド各地の日の出時間の欄が目に入ってきました。

  • ヘルシンキ:9時9分
  • オウル:9時54分
  • イヴァロ:来年1月9日

車輪が太いよ

フィンランドでは極寒の冬でも自転車は乗れます。

マイナス20度でもマイナス30度でも気温が自転車が乗れるかどうかの影響要素ではありません。

主な影響要素は「路面のコンディション」です。雪が積もっていれば、自転車は乗りやすいですが、雪が融けで再凍結した路面は氷張りのようにすべすべ。

そのために登場したのが「ファットバイク」というもので、「太い自転車」です。

ほとんどのパーツは通常のチャリと同じですが、タイヤだけは異常に太いです。

路面との接触面積を増やし、摩擦力を増やし、滑りにくくようにした上、ふわふわの雪が積もっている路面でも車輪が雪に囚われにくくなるよう、極寒の世界もしくは野外に特化した自転車です。

Fat-bike.comより写真を引用します。

このように気候や環境が異なることで様々な面白い現象が起こりますね。

お薦め3D木製蝶ネクタイ

ちょっとしたオシャレをしたい時に是非参考にご覧ください。

ショップコンセプト

1.北欧・フィンランドというと?

北欧・フィンランドというと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「北欧・フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.北欧・フィンランドのデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。フィンランド出身のムーミンの背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表デザインの一つになります。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーが北欧・フィンランドに多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「北欧・フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォームはこちら、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「北欧・フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら