フィンランド式サウナ:フィンランド人がサウナを愛する理由(二)

公開日:2017年11月9日  更新日:2018年5月22日  関連分類: 

フィンランド人が大好きなサウナ。フィンランド文化から引き離せないサウナ。

 

そんなサウナにもいくつか種類あります。

 

3種類のサウナ

フィンランドのサウナはスモークサウナ、木材加熱式サウナと電気式サウナの3種類があります。

 

 

スモークサウナ

スモークサウナはフィンランド最も伝統的なサウナ方式です。

 

木材を燃やして加熱するストーブですが、煙突がないため、煙はサウナ室中に広がります。

 

多くのフィンランド人は伝統的なスモークサウナが最も良質なサウナと考えています。

 

作られた水蒸気がスムーズで気持ちいいからです。

 

スモークサウナ室の壁には煙によって黒くなっているので、壁によりかからないように気を付けてください。

 

通常は5時間ほど木材を燃やしてサウナ室を温めます。入室前に天井にある通気孔を開放し、煙を排出してから入室します。

 

煙はサウナ室に残っていないですが、入室した瞬間にその香りを感じます。そして、その香りはあなたを森に連れて行ってくれるので、あなたの心を静めてくれます。

 

スモークサウナは80~160度加熱でき、現在は田舎以外目にかかることが少ないです。

 


 
 

木材加熱式サウナ

スモークサウナと同じく木材を燃やして温めますが、ストーブに煙突が付いていますので、煙はサウナ室に入ることなく、直接排出されます。

 

村やサマーコテージによくあるサウナ加熱方式です。

 

いい香りと燃焼時間が長いため、乾いた白樺の木材を燃料として使用することが好まれています。

 

加熱範囲は約70~130度です。

 

電気式サウナ

現在最も普及しているのは電気式サウナです。

 

電力を使用して加熱しますので、木材が要りませんし、煙も出ないため、都会やマンションでよく使用されるタイプです。

 

また、火を使わないため、火災や一酸化炭素中毒のリスクが低く、安全性が高いです。

 

更に、温度の設定ができ、加熱が早く、時間予約できるシステムもありますので、非常に便利です。

 

 
 

温泉と同じでサウナで裸は当たり前

温泉に入るのと同じで、体は清潔に洗い、何も着ずにサウナに入ります。

 

男性と女性は基本的に別々でサウナに入りますが、同じ家族であれば一緒に入ることが多いです。

 

もちろん、子供が青少年になったら、徐々に別々で入るようになります。

 

裸で入りますが、フィンランド式サウナはセックスと全く関係ありません。

 

1970年代か80年代のドイツにあるサウナはセックスと関係があったようですが、フィンランドでは全く関係ないです。
 
 

ヘルシンキの公衆サウナ

1920年代のヘルシンキには100箇所以上の公衆サウナがありました。

 

自分の家がない若しくは自分のバスルームがない多くの工場労働者はよく公衆サウナでシャワーを浴び、サウナに入って一日の疲れを取るようにしていました。

 

しかし、1950年代以降人々は自分の家を持ち始め、自分の家にサウナを作ることで公衆サウナを利用する人は激減しました。

 

現在となってヘルシンキの公衆サウナは数か所しか残っていません。

 

昔の労働者階級が多く住んでいたヘルシンキのカッリオエリアに1920年代から営業している公衆サウナがあります。

 

現在カッリオエリアの住民は学生、アーティストや短期観光客に変わっていますが、人々がサウナに入り、外のベンチに座ってビールを飲みながら体を冷やすことを今でも見ることができます。

 

 

すべてのフィンランド人に自分のお気に入りのサウナがある

ある30代後半のフィンランド人女性のお気に入りのサウナはフィンランド北東部にあります。

 

それは彼女のおじいさんが作ったサウナで、森と湖のすぐ横にあります。

 

既に古くなったサウナには独特な香りがします。それは使い込んだ木からであり、溜まってきた煙からです。

 

「電気もなくろうそくを使う必要がある非常に伝統的なサウナです。ロユリュが柔らかく感じ、サウナ部屋の木もすごく柔らかく感じます。」

 

おばあさんと一緒にサウナに入るのもすごくいい経験です。

 

様々な体、胸、お尻を見るのは非常に健康的なことだと彼女は思います。雑誌では見れない実際に存在しているものですから。

 

「サウナがなければフィンランドは存在しません。サウナは我々のDNAに組み込まれています」

 

フィンランドサウナ協会の方が言います。

 

「もしフィンランドを知りたいならまずサウナを知る必要があります。もしサウナを体験したことがなければ、それはフィンランドを体験したことがないことと同じです。」

 

フィンランド式サウナ関連記事

フィンランド式サウナ:フィンランド人がサウナを愛する理由(一)
更新日:2018年5月22日 
フィンランドのサウナについて英国放送協会BBCの記事に基づいて紹介しています。サウナの昔の驚くべき使われ方からサウナがなぜ神聖たる場所かなど様々な角度で紹介しているので…...続きを読む

フィンランド式サウナ:フィンランド人がサウナを愛する理由(二)
更新日:2018年5月22日 
フィンランド文化にかかせないサウナ。今回は3種類のサウナとその特徴、またあるフィンランド人女性のお気に入りのサウナやフィンランドサウナ協会の方の話とともに紹介しています。

フィンランド式サウナ:始める前の10のヒント
更新日:2018年5月22日 
フィンランド文化といえばサウナですが、高温の場所に入るのにためらいのある方、どのような文化かよくわからない方に向けて10つのヒントをご紹介しています。この記事を通してフ…...続きを読む

北欧フィンランド・ヘルシンキのお薦め公衆サウナ:Löylyで混浴体験!
更新日:2018年5月14日 
冬に訪れたヘルシンキ最新のサウナ施設Löyly。テレビで見かけるサウナ後の海飛び込み+寒中水泳を体験することができます!(スタッフKの体験を綴っています) もちろんサウナの後…...続きを読む

北欧フィンランド・ヘルシンキのお薦め公衆サウナ兼カフェ:真夏のLöylyでサウナと一緒にフィンランドを満喫!
更新日:2018年5月14日 
サウナ最新施設のLöyly!サウナの他にもレストランやカフェがありとても魅力的です。今回は冬ではなく夏、6月に訪れたLöylyをご紹介します。出張で来られる方にはあまり混雑して…...続きを読む

サウナってフィンランド語だったの?!国会議事堂にもサウナ?!
更新日:2018年5月22日 
ご存知の方もいるかも?しれませんが「サウナ」は実はフィンランド語なんですね。フィンランドでは日本のお風呂みたいに、自宅にサウナのある家庭も結構あるそうです。フィンラン…...続きを読む

 

 

お薦めの北欧スポンジワイプ

是非水回り、テーブル拭きなどにご活用頂きたいです。


二点以上のお買い上げでお得

2点のご購入で最大10%割引、5点のご購入で最大15%割引。詳細はこちら

ショップコンセプト

1.北欧・フィンランドというと?

北欧・フィンランドというと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「北欧・フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.北欧・フィンランドのデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。フィンランド出身のムーミンの背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表デザインの一つになります。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーが北欧・フィンランドに多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「北欧・フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォームはこちら、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「北欧・フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら