フィンランドの映画館の満喫の仕方

公開日:2018年1月27日  更新日:2018年2月28日  関連分類: 

※本記事は原作者の同意を得た上、全文転載させて頂いております。原文掲載サイト:SUOMI PERKELE。原作者はフィンランド人女性と結婚してフィンランドに移住した大阪人男性で、独特な角度でフィンランド生活事情をブログに綴っています。以下原文です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

モイ!ε-(´∀`; )

今日はフィンランドで映画を見たいとき

オススメの映画館情報をお伝えいたします!

これを知っていれば、フィンランドでの映画館の楽しみ方が変わってきます!

 

 

ヘルシンキのオススメ映画館の場所

皆さん映画は好きですか?

僕はめちゃくちゃ好きで休みの日はひどかったですね。

4本ツタヤでDVDを借りて1日で見たりしていました。笑

 

フィンランドの大きな映画館、

「フィンキノ」

 

Kamppi(カンピ)と言う場所にあります。

カンピはええですよ〜。

♪( ´θ`)ノ

駅の目の前に木だけでできた教会とか、

街にはヴィンテージショップとか、

オシャレな家具やさんとかあります。

(後日カンピについて書きます!)

 

映画館のサブタイトル事情

僕は英語もフィンランド語もまだまだなので、

海外で映画を見るのはとても集中できるんです。

(集中してもそない理解できませんが)笑

 

たまに僕が理解できてないと思って、

嫁が横から説明してくれるんですが、

説明してくれる事は大体が、

『いやそんなんわかるわww』

ぐらい簡単な事しか説明してくれないんで、いつも通訳は

断っています。笑

 

いつもはフィンランド語の字幕で映画館で映画を見ます。

 

(字幕は大体、フィンランド語とスウエーデン語の2言語が

同時に画面に表示されます。初めてフィンランドの映画館で映画

を見たときは、『フィンランド語、文章化したらこんなに話してるのか!。』

と、ビビっていましたwww)

 

映画館の料金・日本との違い

こちらの映画館では大人一人12.5〜15.5ユーロ。

日本とさほど変わらない料金です。

日本の映画館とフィンランドの映画館の違いは何か、、、、

 

それは結構な確率で等身大のダースベイダーや、

そのとき旬の映画キャラクターの人形などが展示されている事です。

映画好きな方はこういうのめっちゃ嬉しいですよね。笑

 

で、あとは至る所に、わかる人にしかわからない映画の名言や、

映画で使われたセリフなどが書かれています。

プチユニバーサルスタジオみたいな感じですかね。

(いや、言い過ぎかな。笑)

 

そして嫁が毎回必ず買うのですが、、、

信じられへん量のポップコーンや絶対に体に悪い色のミミズみたいな

キャンディーが売っています。

 

フィンランドだけで、1日にこのポップコーン消費しても大丈夫なん?

世界のポップコーン足りるん?と、無駄に世界のポップコーン事情

を気にしてしまうぐらい多いです。

 

いやほんま多いですよww笑。

 

 

映画を見る座席なのですが、

これは日本とさほど変わりません。

 

最高の待ち時間!?

 

フィンランドの映画館ではとても画期的な試みがなされています。

 

東京などはわかりませんが、少なくとも関西の映画館では、

 

CMとか長いし、、、

 

頭がカメラのキャラクターの無駄に上手いダンス見て、、

 

それもまあまあ見飽きたし、、、

 

次の映画の予告ならまだしも、家でもたまに見る、

普通のCMとか見て、、、。

 

てな具合で、待ち時間って席に着いてからもまあまあ時間ありますよね?

 

フィンランドの映画館ではその時間は退屈せずに、

むしろ楽しみながら過ごす事ができます。

(今紹介している映画館に限ります。)

 

それは、まずこの映画館のアプリをインストールして、

映画館のスクリーンに表示されるコードを自分のスマホに打ち込みます。

ここにコードを入力。

 

すると、映画館のスクリーンでゲームができるんです!!。

スクリーンに自分や、他の座席のお客さんの写真が表示されて、

みんなで得点を競い合います!

 

スマートフォンが、コントローラーになります。

 

ゲームの内容は、ピンボールや、クイズ、神経衰弱など。

 

そのときによってランダムで変わります。

 

優勝・そして隠れ家映画館。。

その映画館のミニゲームで何と先日優勝する事ができました!!。

 

まあ平日で人が少なくて(30人くらいかなぁ、、)

 

ログインしたのが、、、、

 

僕だけで、、、、

 

大画面で一人の日本人僕だけ

 

の写真が映し出され、、、、、

 

高得点で優勝。。

 

めっさ恥ずかしかったなぁ。。。。

 

極力騒がずプレイヤーである僕の位置を悟られないよう

プレーしました笑。

 

恥ずかしさを乗り越えた暁には、そのときによって異なるのですが、

ポップコーンや、無料ドリンク券とかがもらえます(´・_・`)わーぁい。

 

 

他にもいくつかヘルシンキには映画館があります。

 

今日は一番大きくて、有名な映画館をご紹介しました。

 

がしかし。。

 

フィンランド人もあまり知らない、超隠れスポットを発見しました!。

 

次回はその、カップルにオススメな、食事しながら映画鑑賞ができる、

隠れ家的映画館を紹介します!!

 

モイモイ!♪( ´θ`)ノ

お薦め3D木製蝶ネクタイ

ちょっとしたオシャレをしたい時に是非参考にご覧ください。

ショップコンセプト

1.北欧・フィンランドというと?

北欧・フィンランドというと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「北欧・フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.北欧・フィンランドのデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。フィンランド出身のムーミンの背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表デザインの一つになります。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーが北欧・フィンランドに多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「北欧・フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォームはこちら、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「北欧・フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら