フィンランドの自然を満喫できる観光スポット・国立公園トップ5

公開日:2020年9月12日  関連分類:

 

フィンランドといえば自然がとても豊かで素晴らしい国です。

 

自然の素晴らしさを感じながら癒されたいなら国立公園へ足を運ぶことが一番簡単で便利。

 

しかし、観光ガイドブックに載っているのはどこもかしこも同じところばかりでなんだかしっくりこないという人もいることでしょう。

 

ということで、フィンランド人に人気の国立公園・トップ5をざっとご紹介します。

 

 

 

 

パッラス=ユッラストゥントゥリ国立公園

写真引用:https://www.iltalehti.fi

 

Pallas-Yllästunturin kansallispuisto

 

北極圏ラップランドにある国立公園で、フィンランドでは3番目に大きな国立公園です。

 

2018年では約55万もの人がここへ訪れました。

 

冬にはスキーや雪の積もらない時にはサイクリングもでき、中でも素晴らしい体験ができるのは絶景の景色を眺めながらのハイキングです。

ハイキングコースも上級初級関係なく、あらゆるレベルの人に適している場所。

 

この国立公園で最も人気のあるルートは、1934年に設立された全長55kmのヘッタ・パッラスルート(Hetta–Pallas-reitti)です。

 

ラップランドの山々が国立公園を囲み、周囲の村と観光センターを繋ぐルートでキャンプテントを張りながら回ることができるルートは約350kmあります。

 

公園エリアには、草原、森林、水域があり、パッラス湖の水はガラスのように澄んでいます。

 

自然の美しさに加えて国際的な芸術家グループによってこの国立公園だけのために建てられた環境芸術を鑑賞できる国立公園。

 

 

 

ウルホ・ケッコネン国立公園

写真引用:https://www.iltalehti.fi

 

Urho Kekkosen kansallispuisto

 

こちらも北極圏ラップランドにある国立公園です。

 

オーロラ観測の観光で有名なサーリセルカという街の隣にあるのでアクセスは難しくありません。

 

2018年は約24万人が訪れました。

 

この国立公園でもハイキングはとても人気で、経験豊富なハイカーだけでなく、家族で自然を楽しむことができるルートもあります。

 

スキーやサイクリングももちろん楽しめますが、ここの国立公園では釣りを楽しむこともできる素晴らしいところ。

 

 

この公園エリアでは、ラップランドということもあり雪が夏まで残る深い峡谷に驚嘆し、スコルトサーミの古い集落を知ることができます。

 

参考:サーミの人たちって?どんな文化?フィンランド人なの?

 

素晴らしい滝があることでも有名ですが、訪れるには許可がないと行けないゾーンにあるため、一般人は立ち入ることができません。

 

その代わり、冬だと地元の観光起業家が主催するイベントやツアーで訪れることができます。

 

 

 

 

 

ヌークシオ国立公園

写真引用:https://www.iltalehti.fi

 

Nuuksion kansallispuisto

 

ヘルシンキ都市圏にあるこの国立公園、日本では有名ですね。

映画「かもめ食堂」の撮影が行われた場所としてよく知られている国立公園です。

 

2018年は約34万人の訪問者を魅了しました。

 

この国立公園では、ハイキング、サイクリングに加え、乗馬のルートもあります。

 

秋にはキノコ狩りを目的に訪れる人も多く、観光シーズンにはアクセスするためのバスがとても混み合うのがちょっとした難でもあります。

 

一部のエリアではバリアフリーになっており、車椅子やベビーカーで移動する人にも配慮されています。

 

 

ヌークシオの自然を知る最も簡単な方法は、ハウッカランピ自然小屋(Haukkalammen luontotupa)からハイキングをスタートすることです。

 

自分のレベルに合わせてコースを選ぶことができるのでどんな人でも訪れることができます。

 

他にも、公園内の全ての湖と池では水泳が許可されているので夏には水着を持って涼みにくる人も。

 

ちなみに、地形が多様なヌークシオでは、国立公園のエリアにあるネイチャーセンター・ハルティア(luontokeskus Haltia)に展示されているので、フィンランドの自然全体を簡単に知ることができます。

 

 

 

オウランカ国立公園

写真引用:https://www.iltalehti.fi

 

Oulangan kansallispuisto

 

フィンランドの北オストロボスニア地方とラップランドにある国立公園で、こちらもオーロラ観測ができる観光地として有名なクーサモという街にあります。

 

実はこの国立公園は、ロシアのパアナヤルヴィ国立公園(Paanajärven kansallispuisto)と隣接しています。

 

 

フィンランドで最も人気のあるハイキングコースがあるため、とても人気で2018年には約20万人が訪れました。

 

その人気ハイキングコース名はカルフンキレッロス(Karhunkierros)。

 

このコースは82kmです。

 

これまたフィンランドで最も美しい急流とびっくりするほどの絶景、そして数々の自然を鑑賞できます。

 

春にはラッキーだと散策している途中で珍しい花を見ることもでき、これはここの国立公園の最大の特徴ともいえます。

 

 

公園には多くの日帰りできるハイキングコースがあり、エリア内ではパドルやラフティングも楽しめます。

 

 

 

コリ国立公園

写真引用:https://www.iltalehti.fi

 

Kolin kansallispuisto

 

フィンランド東部にあり、ヨエンスーという街にあります。

 

この国立公園はフィンランド東部で最も有名な自然遺産の一つです。

 

そして何よりも、この国立公園の景観は、音楽家で有名なシベリウスを代表する多くの芸術家に影響を与えてきた場所でもあります。

 

2018年は約19万の人がここへ訪れ、フィンランドの自然愛好家たちをも魅了しています。

 

 

やっぱり国立公園といえばハイキングをする人が多いもの。

 

ハイカーのため標識付きトレイルと自然歩道があり、一部はベビーカーや車椅子などで移動する方にも適しているルートがあります。

 

ハイキングに加えて、乗馬やダウンヒルスキーも楽しめる場所。

 

この公園の最大の魅力は、遠くまで見渡せる息を飲むほどの絶景。

 

これを見るためだけに訪れる価値は十分にある国立公園です。

 

 

 

 

フィンランドの首都ヘルシンキでショッピングや都会の街並みを楽しむのも素敵な旅ですが、中々味わえない自然も素晴らしい思い出になることでしょう。

 

季節によっても全く違った世界になるフィンランド、国立公園でまったりとするとハマるかもしれませんよ。

 

 

情報・引用:Iltalehti -Suomen suosituimmat kansallispuistot – tässä on viiden kärki

 

関連記事

ヌークシオ国立公園
ヌークシオ国立公園のルートを一周回ってさあ帰ろうかと思ったところ案内所やお手洗い場があるこの一角の端の方に、どこかへ続く道があったので、その先へ行ってみることにしまし…...続きを読む
ヘルシンキ近郊でも自然を満喫しながら泊まれる宿泊施設があります。しかも窓辺からトナカイに餌をあげることだってできるロッジ施設。首都の街も楽しみたいし、自然も楽しみたい…...続きを読む
フィンランドには40個もの国立公園が設置されており、国土面積の2.7%を占めています。その中でも今回は首都ヘルシンキから100キロ圏内にある四つの国立公園(ヌークシオ…...続きを読む
さて、レポヴェシ国立公園へハイキングに訪れたレポートの2回目ですが、キノコ狩りを終え、ランチをして、キャンプ地へついてバーベキューをしてその日を終えたところまで話を進めていきます。
ヌークシオ国立公園入口への道途中の景色
ヌークシオ国立公園はフィンランド最も人気の高い国立公園で、毎年の春から秋に渡って多くの人々で賑わっています。初めてのフィンランド且つ初めての森でしたら、準備がわからな…...続きを読む
リエスヤルヴィ国立公園(Liesjärvi National Park)はヘルシンキから3番目近い国立公園で、フィンランドの伝統的な農場を見学することもでき日帰りで行ける国立公園です。面積…...続きを読む

お薦めの北欧キッチンタオル

是非使う目的、場所に合わせて自分に合う一枚をお選びください。

ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.雑貨と現地ツアーに通じて幸せを増やしたい

「フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」という目的を果たすため、キートスショップ現在は「フィンランド雑貨販売」と「ヘルシンキ現地ツアー」の2軸で事業を展開しております。フィンランドの雑貨が好きな方により良い製品、より早く、より良い価格でご提供し、フィンランド雑貨をお客様が手に取る際の喜びを想像しながら事業を運営しております。また、実際にフィンランド・ヘルシンキまで旅をされた方々にはフィンランド文化の核心価値を実際にご体験頂けるヘルシンキ現地ツアーをサービスとしてご提供しております。

「キートスショップで買ってよかった!」「キートスショップのツアーに参加してよかった!」というお客様の声を糧に、より良い商品を提供できるよう、より良いツアーを提供できるよう進めていきたいと思います。

3.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop

4.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら