タンペレお薦めサウナ:ラウハニエミ公衆サウナRauhaniemen Kansankylpylä

公開日:2018年12月17日  関連分類:   

 

サウナ大国のフィンランドには550万の人口に対し、サウナの数が300万に上ると言われています。

 

こんなにサウナが多いフィンランドでは様々なサウナがあり、異なる雰囲気や特徴もあります。

 

 

ヘルシンキにも多くのいいサウナがありますが、今回はヘルシンキから車や電車で約2時間ほど離れるフィンランド南部内陸、湖水地方にあるフィンランド第二大都市圏のタンペレの公衆サウナ「ラウハニエミ公衆サウナ」をご紹介します。

参考記事:ヘルシンキサウナお薦めランキングトップ5 ヘルシンキ在住者がお薦め!

 

 

ちなみにRauhaniemen Kansankylpyläは「ラウハニエミ公衆浴場」という意味をしています。

「ラウハ」は「安らか」を意味し、「ニエミ」は「岬」です。

 

 

タンペレ最高な公衆サウナ

タンペレ全ての公衆サウナを回ったわけではないですが、ヘルシンキで回ってきた様々な公衆サウナを基準にすると、Rauhaniemen Kansankylpyläはとてもレベルの高いサウナと言えるのです。

 

なぜRauhaniemen Kansankylpyläがタンペレ最高な公衆サウナと言えるかというと、その一番の理由はやはり周りの景色です。

 

 

 

 

湖水地方にあるタンペレだからこそ湖のスケールがヘルシンキ近辺の湖よりも断然大きく、周囲森に囲まれた環境は最高です。

 

サウナに入った後に体を涼しむ休憩タイムには室外に行ってベンチに座ると目の前は一面広がる壮大な景色です。

 

しかも、目の前がすぐに広い湖があるため、湖に入って泳いだりすることもでき、夏にも冬にも楽しめます。

ちなみに、筆者が行ったのが12月上旬で気温0度です。湖は冷たかったです!

 

 

※写真左がサウナです。

 

 

フィンランドローカル感満載のサウナ

タンペレには外国人や観光客がとても少ないため、公衆サウナに来る人のほとんどが地元のフィンランド人です。

そのため、フィンランド人に囲まれた環境でサウナに入り、よりローカルのフィンランドサウナを体験することができます。

 

 

ラウハニエミ公衆サウナには二つのサウナ室があります。

大きいほうのサウナ室には20~30人が入るサイズで、小さいほうのサウナ室は15~20人程度の大きさです。

 

サウナは男女混浴なので、水着の着用は必須です。

 

 

※使用料を払います。

 

 

更衣室は男女別ですが、シャワールームはサウナ室の前室に1箇所しかないので、サウナ後に最後にシャワーを浴びる際に体を覆う大きいなタオルが必要になります。

シャワーを浴びたらタオルで体を覆って更衣室に戻ることができます。

 

また、更衣室に服と荷物を置くことができますが、ロッカーがないため、できるだけ貴重品を持って行かないほうがいいですね。

 

 

ラウハニエミ公衆サウナの使い方はフィンランドの一般的な公衆サウナとほぼ同じです。

 

まずはカウンターで料金を支払い、そして更衣室で水着に着替え、サウナ室の前室で軽くシャワーを浴び、サウナに入り、熱々になったら外で体を涼しんだり、湖で泳いだりして再度サウナ室に入ります。

 

サウナと休憩を何回か挟んで、最後はシャワーを浴びて着替えて終了という感じです。

サウナ室への入室回数は自由ですが、筆者は大体3~4回入りますね。

 

 

 

 

※写真の奥に見えるのがサウナから出て湖に向かう人々です。

 

 

営業情報

ラウハニエミ公衆サウナはタンペレ駅からわずか2.4キロの場所にあります。

 

徒歩でも行けますが35分ほどかかります。

バスで行く場合、2番バスが便利です。

人数が多い場合、タクシーもいいでしょう。

 

 

    • 営業時間:月~水15:00~20:00、木金15:00~20:30、土日13:00~20:00
    • 入場料:大人7ユーロ
    • ラウハニエミ公衆サウナ
    • 住所:Rauhaniementie 24, 33180 Tampere
    • 地図

 

 

 

 

関連記事

 

お薦めムーミングッズ

かわいいムーミンが色々な形で登場します!是非参考にご覧ください。












ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.フィンランド・北欧のデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。また、フィンランド出身の原作者トーベ・ヤンソンが作り出した「ムーミン」の背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表の一つです。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーがフィンランドもしくは北欧に多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら