フィンランドの主な死因は?まさかその病気が死因トップ3に入るとは。。。

公開日:2021年2月27日  関連分類:

 

長寿大国日本では平均寿命が女性87歳で男性81歳です。

※厚生労働省2019年データ。

 

 

社会福祉大国のフィンランドでも長寿のイメージがありますよね。

調べてみたら、フィンランドでは平均寿命女性84歳で、男性79歳です。

 

 

日本より約2年ほど短いですが、それほど大きいな差ではなく、長寿な国です。

 

 

では、「死因」に関してはどうでしょうか。

 

 

日本人の主な死因は読者の皆様も多少わかると思いますが、フィンランドだとどうでしょうか?

 

調べて行くと、なんと「その病気」がフィンランドでトップ3に入っています!!

 

 

 

 

日本人の主な死因はがんと血管系病気

もはやニュースではないですが、日本人の主な死因はがんと血管系の病気ですね。

 

  • がん(悪性新生物):27%
  • 心疾患:15%
  • 老衰:9%
  • 脳疾患:8%
  • 肺炎:7%

※厚生労働省令和元年(2019)人口動態統計(確定数)の概況

 

なので、がんと血管系病気の合計だけで全体の死因の50%を占めることになります。

 

 

フィンランド人の主な死因に「認知症」!

フィンランド人の一番の死因は血管系病気です。

フィンランドでは心疾患による死亡と脳血管疾患による死亡を統計上分けていないため、同じ血管系病気としてカウントされています。

 

心臓病や脳卒中などが含まれます。

 

 

血管系病気による死亡は全体の34%を占めています。

日本の23%よりもかなり高い割合ですね。

 

 

フィンランドで2位の死因はがんで、全体の25%を占めています。

日本とあまり変わらないですね。

 

 

3位はなんと「認知症とアルツハイマー型認知症」です!

死因全体の19%も占めているのです。

 

フィンランド統計局のレポートでは、「認知症とアルツハイマー型認知症」による死亡が増えたことは近年人口の老化が関係していると言っています。(日本の平均寿命がフィンランドより長いけどね。。。)

 

 

日本では精神系疾患と神経系疾患による死亡を合計しても全体の6%程度なので、フィンランドは非常に高く感じますね。

 

 

4位が事故で4%、5位が呼吸系疾患(肺炎など)で4%です。

 

 

 

 

そして、なんと!

アルコール疾患やアルコール中毒はフィンランド全死因の第6位で、3%も占めているのです。

特に最近の5年間では、年配者のアルコール関連死因が増え、若い人の死因が減っているそうです。

 

※ちなみに、厚生労働省の報告では、アルコールによる死亡という項目はありませんでした。

 

 

自殺はフィンランドで第7位で1%です。

フィンランドでの自殺は1990年くらいにピークを越え、年々減少しています。(よかった!)

 

 

フィンランド人の主な死因は日本とあまり変わらない部分が多いですが、「認知症」と「アルコール」による死亡が多いということはフィンランド死因の一つの特徴ですね。

 

 

参考:Statistics Finland Causes of death in 2019

 

関連記事

アイスクリーム消費量が多く、世界一アイスクリームの支出額が多いのはフィンランドです。日本と比べるとどれくらい違いがあるのでしょう。どうしてフィンランドのアイスクリーム…...続きを読む
フィンランドのボドム湖殺人事件は聞いたことありませんか?それは60年も前に起きたことです。いまだに謎に包まれて未解決のままです。60年前のその日に何が起きたでしょうか…...続きを読む
2017年12月6日に独立100周年を迎えたフィンランド。その歴史について4つの時代「先史時代(12世紀まで)、スウェーデン時代(12~19世紀)、ロシア時代(19~20世紀)…...続きを読む
フィンランドでここ10年ほどで性別問わず流行してきたバッグ・カバン・リュックサックをみてみましょう!日本と違った流行りがフィンランドにはあります。さて、どこのブランド…...続きを読む
意外と知られていない、北欧でもバーベキューは夏になると盛んです。日本との違いはどこに?!そして隣同士のフィンランドとスウェーデンでもBBQの違いがあります。美味しくBBQす…...続きを読む
近年フィンランドに住む外国人はどんどん増えています。近隣国家から来たヨーロッパ人も多いですが、中東系の難民も目立つ存在です。フィンランドに住む外国人状況を今回探ってい…...続きを読む

お薦め3D木製蝶ネクタイ

ちょっとしたオシャレをしたい時に是非参考にご覧ください。

ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.雑貨と現地ツアーに通じて幸せを増やしたい

「フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」という目的を果たすため、キートスショップ現在は「フィンランド雑貨販売」と「ヘルシンキ現地ツアー」の2軸で事業を展開しております。フィンランドの雑貨が好きな方により良い製品、より早く、より良い価格でご提供し、フィンランド雑貨をお客様が手に取る際の喜びを想像しながら事業を運営しております。また、実際にフィンランド・ヘルシンキまで旅をされた方々にはフィンランド文化の核心価値を実際にご体験頂けるヘルシンキ現地ツアーをサービスとしてご提供しております。

「キートスショップで買ってよかった!」「キートスショップのツアーに参加してよかった!」というお客様の声を糧に、より良い商品を提供できるよう、より良いツアーを提供できるよう進めていきたいと思います。

3.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop

4.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら