正常化に向かうフィンランド:コロナウィルスワクチン接種進捗及び制限解除スケジュール案

公開日:2021年4月9日  関連分類:

 

フィンランドのコロナウィルス状況及び諸制限について、ヘルシンキ現地よりニュースをお届けします。

 

 

フィンランドは現在、生活制限策及びワクチンの接種により、コロナウィルス第3波から脱出しようとしています。

 

 

フィンランドでのコロナウィルス第3波

フィンランドは2021年1月よりコロナウィルス第3波に襲われ、感染力の高い異変株により、2020年11月より導入した制限策だけでは歯止めできなくなっていました。

 

そのため、フィンランド政府は追加の制限策を導入。

 

公立スポーツ施設だけではなく、ジムやスポーツセンターなどの私立施設にも閉鎖令を発令し、3月より制限範囲を拡大。

 

更に、3月中旬よりレストラン、バー、カフェの閉鎖令も追加で発令。

 

国民に対する行動制限策(外出禁止令のような)も国会に提出したが、違憲との見解で差し戻されました。

 

 

しかし、様々な制限令は効果を見せ、新規感染者数は3月中旬をピークに徐々に減少。

 

 

 

 

コロナウィルスのワクチン接種は順調

「順調」という表現は筆者個人的な見解なので、あらかじめご了承ください。

 

2021年4月9日現在、フィンランドでの1回目ワクチン接種率が19.2%に達しています。

人口約550万人のフィンランドでは、すでに100万人以上が1回目の接種を終わらせました。

 

 

医療従事者のワクチン接種はすでに完了し、高齢者である80歳以上のグループは接種率85%、75~70歳のグループ接種率80%弱、70~74歳のグループ接種率も50%を超えました。

 

1回目だけの接種でも効果があるという前提を踏まえ、フィンランドでは2回目の接種を遅らせ、できるだけ多くの人に早めに1回目の接種をしてもらう戦略で進んでいます。

 

 

現在フィンランド健康福祉局(THL)の推測では、4月中旬ごろに高齢者のワクチン接種が完了し、5月中旬に全年齢のハイリスクグループの接種が終わり、一般市民へのワクチン接種は早ければ5月中旬から始まるそうです。

 

6月末までに労働年齢人口の半数が1回目の接種を終わらせ、7月もしくは8月までに労働年齢人口の全数が1回目の接種を完了すると予定しています。

 

 

早ければ、夏もしくは秋には全人口のワクチン接種が終わる見込みです。(16歳以下はワクチンを打ちません)

 

 

フィンランド政府が制限解除スケジュール案を公表

昨日にフィンランド政府は制限解除スケジュール案を公表しました。

 

あくまでもワクチンの進捗及び新規感染者数の推移を見ながら調整するとのことですが、現在では下記の制限解除スケジュールを予想しているそうです。

 

 

  • 4月中:緊急事態宣言解除、レストラン・バー・カフェの営業再開、小中学校の対面授業再開。
  • 5月中:図書館や博物館などの公立施設再開、高校の対面授業再開、子供の室外イベント許可。
  • 6月中:一般イベントの一部再開、成人向けの室外イベント許可、EU内移動制限解除。
  • 7月~8月:フィンランド国内の制限をほぼすべて解除。

 

 

まだまだ確定ではないことが多いですが、ワクチンが順調に進み、感染者数が減っていくことでフィンランドでの生活が通常通りに戻っていくことを祈るばかりです。

 

 

参考:Helsinki Times YLE: This is how Finland plans to re-open society this spring and summer

 

関連記事

コロナウィルスのワクチンは2020年12月からどんどんEUに承認され、フィンランド国内でも接種が進んでいます。フィンランド国内ではワクチンの輸入予定及び接種進捗を週ごと…...続きを読む
いよいよフィンランドで新型コロナウィルスのワクチン接種の計画が発表されました。ワクチンが広がることでコロナウィルスの収束を願いたいです。
  フィンランドに住んで4年半、2年間のユヴァスキュラと2年半のヘルシンキですが、既にヘルシンキで2回も緊急怪我や病気対応の経験があります。   1回目は旅行で…...続きを読む
季節的な肌荒れで悩んでいるあなた、それは花粉アレルギーのせいかもしれません。フィンランドには花粉ってあるの?その主な種類と各種ごとのシーズンをご紹介。白樺とりんごは仲…...続きを読む
ヨーロッパにも拡大しつつある新型コロナウイルス 。フィンランドでは、もしもの場合どのような対策をとる準備ができているのか?隔離は?入国は?そして在住者からみる日本人の…...続きを読む
ビタミンDが足りないとどんな事が身体に影響を及ぼすのか?日照時間の短くなる頃、北欧フィンランドでは毎年話題に上ります。おすすめするビタミンDが含まれた食品は意外にもキク…...続きを読む

お薦め北欧ノート

オシャレなカフェでお仕事やお勉強をするときにオシャレなノートブックをご一緒にいかがでしょうか。

ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.雑貨と現地ツアーに通じて幸せを増やしたい

「フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」という目的を果たすため、キートスショップ現在は「フィンランド雑貨販売」と「ヘルシンキ現地ツアー」の2軸で事業を展開しております。フィンランドの雑貨が好きな方により良い製品、より早く、より良い価格でご提供し、フィンランド雑貨をお客様が手に取る際の喜びを想像しながら事業を運営しております。また、実際にフィンランド・ヘルシンキまで旅をされた方々にはフィンランド文化の核心価値を実際にご体験頂けるヘルシンキ現地ツアーをサービスとしてご提供しております。

「キートスショップで買ってよかった!」「キートスショップのツアーに参加してよかった!」というお客様の声を糧に、より良い商品を提供できるよう、より良いツアーを提供できるよう進めていきたいと思います。

3.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop

4.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら