ヘルシンキにあるマリメッコ社員食堂Maritori詳細紹介

公開日:2018年6月24日  関連分類:   

マリメッコファンもしくは北欧デザインが好きな方でしたら、ヘルシンキのマリメッコ社員食堂「マリトリ(Maritori)」は見逃せません。

※ちなみに「Tori」はフィンランド語で「広場」の意味です。

 

マリメッコ自社製品のプレート、マグカップ、ナプキン、トレーなどが使用され、フルセットで使うことができるのはもちろん、フィンランド社員食堂の北欧スタイル雰囲気を感じることもでき、リーズナブルな値段で美味しくたくさん頂けるのも魅力的なポイントです。

 

市中心からは少し離れますが、アクセスは難しくないので、是非機会があれば行ってみてくださいね。

 

 

 

マリメッコ社員食堂の雰囲気

マリメッコアウトレットと同じ建物にあり、アウトレットのちょっと横にある別のドアから入ればマリメッコ食堂マリトリ(Maritori)がすぐに右手に現れます。

 

入り口の前にも小さい看板が置かれていますので、わかりやすいかなと思います。

 

社員食堂のマリトリは両面から光を取り入れ、内装は白ベースなので、夏の時期にはとても明るく感じ、清潔感も高い感じです。

 

筆者が伺ったのは午後1時半ごろですので、すでに社員らしい方の人数が少なく、日本人の方が多かった感じです。

 

人が少なかった関係なのか、人々が会話する音も小さく、うるさく感じずにマリメッコのデザインを眺めながらゆっくり食事を取ることができました。

 

 

 

ランチの注文システム

マリメッコ社員食堂マリトリでのランチの注文は一般的なフィンランドの社員食堂もしくは大学の学食と同じで食べ放題システムです。

 

最初にお皿を取り、サラダを取り、炭水化物(ごはん、ポテトなど)を取り、肉の入っている料理を取ります。

食べ放題システムなので、好きな量を自由に取れます。

 

その後、お水や牛乳を取り、お支払いする形です。

お支払いが終わったら、パンやデザートを取って座席に着いて食事を取ります。

 

食事が終わってからコーヒーを飲んだり、追加のパンやデザートと取ったりできます。

 

これで11ユーロ(約1430円)です。

ヘルシンキではかなりお得な価格ですね。

 

ちなみに、メニューも一応黒板に書かれていますが、全てフィンランド語です(汗)

 

 

 

実際に取った食事の内容

筆者が伺った際に実際に取った食事は以下の通りです。

 

  • ビーフシチュー
  • 軽く炒めたチャーハン
  • サラダ
  • 野菜入れのおかず?
  • 豆スープ
  • フルートデザート
  • 牛乳とお水
  • パン
  • コーヒー

 

味は「そこそこおいしい」って感じですね。

フィンランドの一般食堂という基準から見ると、「結構おいしい」という評価が妥当かもしれません。(もちろん日本料理のおいしさとは比べられませんが)

 

 

 

※食後のコーヒーという至福な時間。

 

営業情報とアクセスについて

ヘルシンキ市中心からのアクセスは難しくありません。

地下鉄に乗り、(乗車時間10分)Herttoniemi駅に下車し、徒歩10分程度で着きます。

北欧フィンランド観光・旅行:ヘルシンキ市内交通手段をわかりやすく解説!まずは運賃とチケット購入方法から!

ヘルシンキ市内観光・旅行:お得なチケット購入方法「モバイルアプリ」のご紹介

 

Herttoniemi駅から出た時に、高速道路を跨ぐ橋を渡れば方向が正しいです。

左手に郵便局が見えたら、左折。前に進めると自動車販売店が見えてきます。

自動車販売店の手前に右折すれば着きます。

 

※この写真の場所が見えたら、前まっすぐではなく、斜め右の奥へ行きます。

 

 

  • 営業時間:月~金
    カフェ  9:00~15:00
    ランチ  10:30~14:00
  • オフィシャルサイト
  • 住所: Puusepänkatu 4, 00880 Helsinki
  • 地図

 

店員さんもとてもやさしいので、英語があまり得意ではない方でも安心して行ってみてくださいね!

 

関連記事

 

外出・旅行がより楽しくなるアクセサリー

外出や旅行をする時に「サイズが小さい」「色んなシーンに似合う」「フィンランドデザイン」「自然木材」のピアスアクセサリーはいかがでしょうか。



ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.フィンランド・北欧のデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。また、フィンランド出身の原作者トーベ・ヤンソンが作り出した「ムーミン」の背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表の一つです。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーがフィンランドもしくは北欧に多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら