使うと分かる。リネンのキッチンタオルが手放せない理由

公開日:2017年3月7日  更新日: 2019年11月29日 関連分類:

北欧をはじめヨーロッパのキッチンタオルには、素材にリネンを使ったものが多くあります。

 

【写真(当店製品):キッチン雑貨 キッチンタオル

 

リネンのキッチンタオルは一度使うと手放せなくなる人が多いと聞くので、今回はその真実に迫ってみたく、リネンのメリットと共に、愛用者の声、実際に私が使った感想をまとめてみました。

 

リネンのメリットは?!

 

リネンの和名は亜麻。麻のひとつで、日本でも夏のシャツやジャケットなどでお馴染みの繊維です。

 

 

一般的に、リネンのメリットとして以下があげられます。

  • 通気性が良く、細菌が発生し辛い
  • 吸湿性、発散性に優れている
  • 綿と比較し倍の強度がある(さらに水に濡れると60%も強度が増す)

 

このメリットを知ると、夏の衣服に使用されるのも納得できます。と同時に、キッチンタオルに適した素材であることが分かりますよね!

 

著名人も愛用しています

元アナウンサーでフランス・パリ在住の中村江里子さんが、ブログでリネンのキッチンタオルを愛用していることを話題にしていました。

 

 

100%リネンやコットン&リネンの布巾を勧め、10年ほど使った布巾の公開もしています。10年ですよ、10年!本当に長持ちするのが分かりますよね。

参考:中村江里子さんのブログ(2017/2/1)

 

中村さんが認めるリネンの良さはこの3つ。

  • 使い込むほどに柔らかくなる
  • 乾きが速い
  • グラスがきれいに拭ける

 

過去にもリネンの布巾に触れていて、グラスなどを拭く時に繊維が付着せず簡単に磨けると絶賛しています。この時も、「麻は乾きも早いので…お勧めです!!」とのコメントがありました。

 

参考:中村江里子さんのブログ(2013/1/16)

 

中村さんがリネンのキッチンタオルを、本当にお気に入りなのが伝わってきます。ちなみに、中村さんのブログは、ヨーロッパの生活の知恵などを知ることが出来て楽しいですよ。

 

実際に使ってみました!

私はキートスショップの商品ページなどを担当しています。実際に製品を使用してみました。

 

これはフィンランドブランド「デコランド」のキッチンタオル(商品名:Ohto)です。

 

素材はリネン50%、コットン50%。最初、リネンは肌ざわりがゴワッとしているので気になる方もいるかもしれません。

使い込むとしなやかになるようですね。

 

この商品のように、リネンとコットンを合わせたものも多く出回っています。

コットンが含まれていると多少のしなやかさがあり、馴染みやすいでしょう。

生地の目はやや大きめですが、もろさは全くありません。左右、上下、斜めとあらゆる方向に引っ張っても、しっかりしています。

 

 

濡れたお皿を拭いてみると、たしかに吸湿性が良く、面白いように水気を拭き取れます

しかも、この商品は約50×70cmとサイズが大きいのもポイント。

 

チマチマせず、ダイナミックに拭けるのも有り難く感じました。

実はいちばん感動したのは、水洗い後に絞るときの感触。

 

 

ギュッと絞れて、発散性の良さを自分の手で実感しました。

 

リネンならではの程よい固さと、大盤による程よい厚みも手伝い、非常に絞りやすかったです。

機能性の高さを考えると、これは手放せなくなる予感がしますね。

 

これから日々使い続けて、どのような心境になるかは改めて報告します。

中村江里子さんのように、10年使い続けてみたいです!

 

【参考】

 

関連記事

鍵、小銭入れ、腕時計、財布など毎日出かける際に必ず必要な物を簡単に1つにまとめられる小物入れを北欧デザインキッチンタオルを使っておしゃれに変身させてみました。小さめの…...続きを読む
食卓を飾る方法として、北欧キッチンタオルを活用してみました。今回はデコランドというブランドのキッチンタオルを使ってみましたが、食卓の雰囲気はどう変わったでしょうか?み…...続きを読む
リネン製キッチンタオル」と「スポンジワイプ」について使い分けや違いを、「素材」「体積」「構造」「表面形状」「サイズ」「デザイン」などの角度から詳しく分析しています。ど…...続きを読む
北欧デザインのキッチンタオル活用法として、飾り気のない引き出しに敷いてみることもおすすめです。ごちゃごちゃとものが入っている引き出しに敷いてみると少し雰囲気が変わった…...続きを読む
使用者が実際に使ってみた感想を集めて共有することで、より多くの消費者にリネン製キッチンクロスの特性や特徴をご理解頂けると思い、使用体験のメリットとデメリットをまとめま…...続きを読む
北欧デザインのキッチンタオルを、自分だけでなくもっと楽しんでもらう方法があります。ティータオルとして使用したりお弁当を包んだり、ちょっとした手土産を包んだりすることもおすすめです。

お薦め北欧ノート

オシャレなカフェでお仕事やお勉強をするときにオシャレなノートブックをご一緒にいかがでしょうか。

ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.雑貨と現地ツアーに通じて幸せを増やしたい

「フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」という目的を果たすため、キートスショップ現在は「フィンランド雑貨販売」と「ヘルシンキ現地ツアー」の2軸で事業を展開しております。フィンランドの雑貨が好きな方により良い製品、より早く、より良い価格でご提供し、フィンランド雑貨をお客様が手に取る際の喜びを想像しながら事業を運営しております。また、実際にフィンランド・ヘルシンキまで旅をされた方々にはフィンランド文化の核心価値を実際にご体験頂けるヘルシンキ現地ツアーをサービスとしてご提供しております。

「キートスショップで買ってよかった!」「キートスショップのツアーに参加してよかった!」というお客様の声を糧に、より良い商品を提供できるよう、より良いツアーを提供できるよう進めていきたいと思います。

3.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop

4.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら