ハカニエミ・マーケットホール 改装中でも大丈夫! ヘルシンキ観光 

公開日:2019年11月10日  更新日: 2019年11月13日 関連分類:   

 

 

ヘルシンキ市内には有名な伝統市場・マーケットホールが3つあります。

 

 

今回はハカニエミ・マーケットホールの方を少しご紹介して行きます。

 

 

ヘルシンキ中央駅から街並みを観光しながら歩いてでもいける場所にあります。

 

もちろん、バス・地下鉄・トラムでも乗り換えせずに!

 

中央駅からあっという間に行けますので

ぜひ、市内観光の際には立ち寄ってみてほしいところです。

 

 

改修中、でもマーケットは仮設を立てて稼働中

古くからの建物は1914年に完成されたのですが、

 

現在、バイパス操作の改修中で、

 

電気関係、換気システム、貯蔵管理施設や

マーケットホールを建てる際に使われていた木製の杭などなど、

 

新しくしているのでおやすみ中です。

 

 

2020年の末に完成予定で改修作業が進められていますが

延期になるかもしれないとのことで

遅くとも2021年の春には

アップグレードされたマーケットが完成させる予定だそうです。

 

 

建物自体は2018年1月に閉鎖され、

元あるマーケットの目の前にある、

マーケット広場に仮設を立てて営業しています。

 

 

 

 

ハカニエミ・マーケットホール内のお店

仮設のマーケット内には以前と同じように

 

お肉・お魚・野菜・チーズ・パン

などの食べ物から

雑貨・ビンテージ品・裁縫類…

 

と、色々なお店が入っています。

 

もちろん、

軽食カフェ、スープやサラダ、コーヒーとケーキ、、

などマーケット内で食事もできます。

 

 

※このスープ専門店はハカニエミ・マーケットホールにも店舗があります。

参考記事:ヘルシンキのお薦めレストラン:Soppakeittiö(安くて美味しいローカルスープレストラン)

 

 

地元フィンランド 人の方々がよくここで

ランチしたりお茶したりしていますよ。

 

美味しそうなサンドウィッチを買って

マーケット内で食べてもいいですね。

 

 

全てで45店舗ものお店が入っていますが

全ての店舗が毎日営業しているわけではないようです。

 

 

残念ながら、改修前のマーケット内にあった

小さなマリメッコのアウトレットのお店はなくなっています。

 

が、しかし!!!!!その代わり、、、

 

 

 

 

イーッタラやアラビアなどのヴィンテージ掘り出し物が買える

イーッタラのグラス、アラビアの陶器マグカップなど、

マリメッコだってもちろん、

 

食器類だけでなく雑貨類など

アンティークなもの、ヴィンテージのものが!!

 

店舗では売っていないようなものが欲しい方には

手軽に目で見て手に取って、

ここで購入することができます。

 

 

写真引用:Uutta ja Vanhaa

 

 

marimekkoのアウトレットはなくなってしまいましたが、

ここでもしかしたら、いい物が見つかるかもしれません。

 

 

トナカイの肉が買える!食べれる!!

 

 

映画「かもめ食堂」の中で

片桐はいりさんが役するミドリさんが

若いトナカイの肉を購入したお肉屋さんも

改修中のマーケットからこちらへ移動してきました。

 

 

「ぜひ自分でもトナカイの肉を食べてみたい!

でも、フィンランド語も英語もできないし、

どれがトナカイの肉か結局わからない…泣」

 

と、ぺっピリ腰しではせっかくの旅行がもったいないです。

 

 

心配ございませんよ!

 

 

絵を指差して注文することができます。

トナカイは、フィンランド語でポロ(Poro)と言います。

 

 

 

 

 

トナカイの生肉は流石に調理する必要がありますが、

ハムやサラミなどもありますので、ぜひトライしてみてください。

 

 

地元フィンランド人も言う「新鮮なものが買えるところ」

 

 

 

 

海外生活が長いと、恋しくなるのが新鮮な生魚。

 

ふとした時に、

フィンランドでお寿司を作って食べないなぁと思うことがあり、

お料理上手な地元のフィンランド人、何人かに

 

「どこで新鮮なお魚を購入できる?お寿司とか生で食べたいんだけど?」

 

と聞いたら、

 

マーケットホールで買えるよ」

 

と、口を揃えて言っておりました。

 

 

さすがです!普通のスーパーより良いもの売ってます。

 

 

お肉屋さんでも、凄く薄いしゃぶしゃぶ用ぐらいのスライス肉が欲しいと事前に予約しておけば、

 

マーケットホール内のお肉屋さんで購入できます。

 

海外だと薄いお肉、スーパーで売ってないんですよね。

 

 

更に、焼き鳥屋さんで食べる砂ずり(砂肝)、

私はここでしか見たことがありません。

 

 

「200グラムください」

と注文したら

「200キロじゃなくて?ふふふ笑」

 

 

と、いつも得意げな笑顔で返してくれる店員のおじさんがいます。

 

 

スーパーもいいですが、店員さんと話をしながら直接商品を手渡しで購入できる場所、

とても気持ちが良くて、もっと身近にフィンランドを感じられる場所だと私は思いますので

ぜひ!!

 

 

ハカニエミ・オールドマーケット情報

  • 営業時間:月曜〜金曜8:00〜20:00・土曜8:00〜18:00
  • 公式サイト:Hakaniemen kauppahalli
  • 住所:Hämeentie 1 A, 00530 Helsinki
  • 地図

 

 

 

参考・引用:Helsingin uutiset – Hakaniemen kauppahallin avautuminen siirtyi

 

 

関連記事

 

 

お薦めの北欧キッチンタオル

是非使う目的、場所に合わせて自分に合う一枚をお選びください。



ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.雑貨と現地ツアーに通じて幸せを増やしたい

「フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」という目的を果たすため、キートスショップ現在は「フィンランド雑貨販売」と「ヘルシンキ現地ツアー」の2軸で事業を展開しております。フィンランドの雑貨が好きな方により良い製品、より早く、より良い価格でご提供し、フィンランド雑貨をお客様が手に取る際の喜びを想像しながら事業を運営しております。また、実際にフィンランド・ヘルシンキまで旅をされた方々にはフィンランド文化の核心価値を実際にご体験頂けるヘルシンキ現地ツアーをサービスとしてご提供しております。

「キートスショップで買ってよかった!」「キートスショップのツアーに参加してよかった!」というお客様の声を糧に、より良い商品を提供できるよう、より良いツアーを提供できるよう進めていきたいと思います。

3.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop

4.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら