北欧フィンランド・ヘルシンキのお薦め観光スポット:ヒエタラフデンマーケットホール(Hietalahden Kauppahalli)

公開日:2017年10月4日  更新日: 2018年05月21日 関連分類:  

今日フィンランド・ヘルシンキの天気がすごく悪いです。(泣)風が強くて雨も強かったです。

 

しかし日本から遥々友人が来ているので、その案内役のため頑張って暴風雨の中でヘルシンキを案内しました。

 

ヘルシンキに到着してお昼はこちらヘルシンキの3つの伝統市場(マーケットホール)の一つであるヒエタラフデンマーケットホールに行ってきました。

 

 

 

ヒエタラフデンマーケットホール概要

ヒエタラフデンマーケットホールには21店舗あり、その多くがレストランです。多くのレストランは10ユーロ前後で通常のレストランよりもお得な値段で食事を取ることができます。

 

イタリア料理のピザやパスタの「TRATTORIA CORRETTO」、ストリートフードの「STREET GASTRO」、日本の小皿料理の「TOKYO STREET」、北欧風ラーメンの「FAT RAMEN」や前回にもご紹介させて頂いた「SOPPAKEITTIÖ」です。

 

他にカフェ、チーズ専門店、お肉の店などもあります。

 

今回は友人を連れて行くということで、行ったことのあるレストラン「SOPPAKEITTIÖ」にしました。

 

二階にも席があるので、雰囲気はいいですね。

 

今後は他のレストランも試してまたご紹介させて頂きたいと思います。

 

※歴史観が漂う内装で来ただけで観光した気分になります。

 

 

 

 

 

フリーマーケットとヒエタラフデンマーケットホール

毎年の夏になると、ヒエタラフデンマーケットホールの前にある広場にはフリーマーケットが開かれます。

 

例年多くの人々で賑わいます。広場で暖かい日差しを楽しみながらお得なものを探し、疲れたらマーケットホールの中でお得で美味しい食事を取ったり、カフェで一杯コーヒー飲んで休んだりすることができます。

 

ちなみに、フリーマーケットは週末に開催されることが多いそうです。

 

※食事や食料品の店が多いので、お腹が空いたら是非こちらに来てみてください。

 

ヒエタラフデンマーケットホールの過去

このヘルシンキで二番目歴史が長いヒエタラフデンマーケットホールは1903年にオープンされ、2003~2012年のアンティーク営業期間を除けば常に食事が提供されている場所として知られています。

 

本来116個の木造商用スペースを持つヒエタラフデンマーケットホールはもう一つの伝統マーケットホールKaarti Market Hallが同じ建築家Selim A. Lindqvistによってデザインされました。

 

1950年代にKaarti Market Hallが撤去されてから、ヒエタラフデンマーケットホールが直ちにヘルシンキの売買の中心場所となり、1970年代まで盛んでした。しかし、その後売買形態の変化によって、ヒエタラフデンマーケットホールは徐々に衰退していきました。

 

 

必要性の低下によって2003年にヒエタラフデンマーケットホールは閉鎖されることになりました。しかし、食事サービスを提供するホールとする改修が2012年に始まり、ヒエタラフデンマーケットホールは生まれ変わっていきます。

 

オールドマーケットホールの改修により、一部のテナントはヒエタラフデンマーケットホールに移り、その後ヒエタラフデンマーケットホールには徐々にレストランが増え、昔の活気を取り戻しつつあります。

 

 

詳細

カンッピショッピングセンター(カンッピ地下鉄駅)から徒歩わずか10分程度ですので、是非昼食に困った時に訪ねてみてくださいね!

 

  • 営業時間:月~火8:00~18:00、水~土8:00~21:30
  • ウェブサイト
  • 住所:Lönnrotinkatu 34, 00180 Helsinki
  • 地図

 

関連記事

ボリューム満点、安くておいしいSoppakeittiöを紹介!3つの種類のスープの中でもシーフードスープがおすすめです。今回はオールドマーケットホールにあるSoppakeittiöを訪れた時…...続きを読む

Soppakeittiöはすべてのマーケットホールに店舗がありますが、今回はヒエタラフデンマーケットホールを訪問。こちらの店舗はすこし広いのでゆっくり食べたい方にはおすすめです。…...続きを読む

 

 

お薦めの北欧スポンジワイプ

是非水回り、テーブル拭きなどにご活用頂きたいです。


二点以上のお買い上げでお得

2点のご購入で最大10%割引、5点のご購入で最大15%割引。詳細はこちら

ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.フィンランド・北欧のデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。また、フィンランド出身の原作者トーベ・ヤンソンが作り出した「ムーミン」の背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表の一つです。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーがフィンランドもしくは北欧に多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら