フィンランドで仕事終わった後にやることとは?「特に夏において」

公開日:2020年7月25日  関連分類:

 

日本(例えば東京)では仕事が終わったらあなたは何をしますか?

 

 

イメージとして、子育て世代は保育園の迎え、スーパー、夕食の支度と家事とかがあるでしょう。

子供の大きい方は職場の方々と飲み会に行ったりするでしょう。

独身の方は飲み会に行ったり、イベントに参加したり、趣味やスポーツのことをやったりするでしょう。

 

 

筆者が東京に住んでいたごろ、基本はラーメン食べたり(フィンランドにラーメンがあまりなくて高くてそれほどおいしくなくて日本のラーメン食べたいです!!)、何かの食事を持ち帰りして家でテレビ見ながらご飯食べたりしていました。

(お金がどんどん飛んでいく飲み会にはあまり行かなかったです)

 

週に1回ほど英会話練習会に行ったり、夜のジョギングをたまにやったりもしていましたが。

 

 

それが、フィンランドに来ると世界が変わったのです

 

 

※キートスショップ主催ヘルシンキ現地ツアー

せっかくフィンランドに旅行に来たのだから、首都ヘルシンキ以外も訪問したいという方におすすめのページです!ヘルシンキから行ける日帰りオプションツアーや、日帰りで訪れるこ…...続きを読む

 

 

※動画も撮影したので是非ご覧ください!

 

 

自然の中にいる時間がぐっと増えたフィンランド生活(特に夏!)

本当に国が変われば世界が変わるのです。

 

生活も、考え方も、行動も。

 

 

そもそも職場文化が違います。

 

 

職場の人々が集まってお酒飲んだり食事したりすることは日本ほど多くありません。

基本はそれぞれ家に帰るのです。

 

自分の時間、自分と家族との時間が何よりも大事なので、同僚と3時間も5時間も一緒にいることはめったにありません。

 

 

そして、環境条件が違います。

 

 

日本にいる時、大都会の東京、大阪、名古屋はそうですし、地方都市でもあまり変わらないと思いますが、「大自然には距離があります」。

 

大自然というのは週末や連休に行く場所であり、仕事後に行く場所ではないというイメージですよね。

 

 

フィンランドの大自然は身近にあるため、仕事後に行くこと自体ごく一般的なんです。

それが人口の最も集中している首都ヘルシンキにおいても同じです。

 

 

 

 

更に、気候条件が違います。

 

 

フィンランドの夏はとても気持ちよく過ごせるし、日が長いです。

 

外にいて気持ちがよく感じることができ、しかも日が時間を忘れさせられるほど長いので、人間は自然と外にいたくなりますね。

 

しかも、フィンランドには長くて暗くて気持ちが落ち込みやすい冬があるからこそ、夏は格別です。

 

 

こういった多くの条件が違うので、フィンランド人は仕事が終わった後に外で過ごす人が多いです。(特に夏においてですね)

 

 

ヘルシンキの自然保護区で過ごす金曜日の夜

7月の上旬にある金曜日の夕方、筆者は友人とピックニックの約束をしました。

 

それも天気が良く、「」ですから。

 

夏だからこそ外で過ごさないと「もったいない」です。

 

 

ヘルシンキには多くの緑があり、海岸線もとても長いので、ピックニックできる場所は無数にあります。

 

 

 

 

今回はヘルシンキの自然保護区にある「ランマスサーリ」(羊の島)を選びました。

 

ヘルシンキ市中心からバスで約30分程行ける場所に大自然、海ときれいな市街景色が楽しめるのです。

 

 

ランマスサーリに関する詳細情報はこちら:

「ランマスサーリ(Lammassaari)」は、ヘルシンキにおいて知られざる大自然豊かな観光スポット、散策ルートです!散策ルートの入り口まではヘルシンキ中央駅からバスで約20分…...続きを読む

 

 

そこには昼から深夜までフィンランド人がその場所を楽しんでいました。

ピックニックはもちろん、泳いだりする方も。

 

それだけで満足し、幸せを感じます。

コストは自分で作ったサラダと買ってきたパンくらいだけ。

 

 

(満足のできる過ごし方に多くのコストがかからないなら、ある意味金銭に対する執着が少なくなり、より自由に過ごせるようになるのもフィンランド生活の特徴の一つだと思います)

 

 

国が変われば生活や過ごし方がこんなにも変わるのです。

本当に住んでみないとわかりません。

 

これこそフィンランドの暮らしなのではないでしょうか。

 

関連記事

旅も目的も計画の仕方を少しご理解頂いたところで、次はフィンランドでのサマーコテージの旅を準備するために一番重要なステップ:「予約」です。参考にしていただくために、様々…...続きを読む
「国が変われば人生が変わる。環境が変われば生き方が変わる」そう感じた筆者は今フィンランドで日本と別世界の生活を過ごしています。その一例は金曜日の夜の過ごし方です。日本…...続きを読む
フィンランドにはもうすぐ夏が来ます。フィンランドの夏は筆者にとってパラダイスの季節です。いるだけで幸せになれます。そんなフィンランドの夏はどういう特徴があるのでしょう…...続きを読む
  筆者はフィンランド在住ちょうど満5年ですが、フィンランドの気候に関して本当に下記の一言で表現できます。     「パラダイスの夏と心身を鍛える冬」   …...続きを読む
フィンランドの夏には特別な魔法がかかっています。その魔法によって人々は悩みを忘れ、充実感と幸福感が得られるのです。その魔法とは一体どういうことでしょうか。今回筆者はフ…...続きを読む
「大自然の中で過ごす」「森の中で過ごす」という一見やることもなく暇すぎでつまらないようなことですが、実際に2泊3日コテージで過ごした様子をご紹介!サウナ、バーベキュー、…...続きを読む

お薦めの北欧キッチンタオル

是非使う目的、場所に合わせて自分に合う一枚をお選びください。

ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.雑貨と現地ツアーに通じて幸せを増やしたい

「フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」という目的を果たすため、キートスショップ現在は「フィンランド雑貨販売」と「ヘルシンキ現地ツアー」の2軸で事業を展開しております。フィンランドの雑貨が好きな方により良い製品、より早く、より良い価格でご提供し、フィンランド雑貨をお客様が手に取る際の喜びを想像しながら事業を運営しております。また、実際にフィンランド・ヘルシンキまで旅をされた方々にはフィンランド文化の核心価値を実際にご体験頂けるヘルシンキ現地ツアーをサービスとしてご提供しております。

「キートスショップで買ってよかった!」「キートスショップのツアーに参加してよかった!」というお客様の声を糧に、より良い商品を提供できるよう、より良いツアーを提供できるよう進めていきたいと思います。

3.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop

4.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら