フィンランドのオーツチップス? フィンランド食品探検記

公開日:2018年6月24日  関連分類:  

海外旅行の「あるある」と言えば、スーパーで謎の食材、食料品に出会うことでしょう。

 

もちろん、パッケージに書かれている説明が読めないのが「謎」を作り出す一因ですが、そもそもその食材や材料が日本に存在しない(もしくはとても珍しい)ことの可能性もあります。

 

フィンランドにもそのような食材や食料品がたくさんあり、「フィンランド食品探検記」シリーズはその「謎」のような食材や食料品を試食し、味をレポートし、謎を解明していく記事シリーズです。

(他の記事は「フィンランド食品探検記」で検索!)

 

前回はフィンランドのオーツデザートについてご紹介させて頂きましたが、今回はフィンランドの「オーツチップス」を紹介していきたいと思います。

 

 

 

オーツとはどういうもの?燕麦?オーツ麦?

まずは「オーツ」というものについて少し理解しておきましょう。

 

「オーツ」というのは英語で「Oat」と書かれ、「オーツ麦」「燕麦」とも呼ばれ、お米、麦、ポテトと同じく主食の一種類です。

 

世界中でオーツを生産している国が多くなく、主にロシア、カナダ、ポーランド、フィンランド、オーストラリアなどの国で生産されています。

 

オーツ麦は本来野草の形で地中海沿岸地帯に分布し、人間による栽培が始まったのが5千年前ほどだそうです。

若干寒くてやせた土地でよく栽培されているそうです。

 

オーツ麦の主な用途は動物の餌で、人間の食用としては世界中であまり利用されていません。

その理由について、筆者の個人的な考えとしては、オーツ麦の食感が硬く、それほど美味しく感じないことが一因かもしれません。

 

日本でも軍馬の餌として栽培・生産されていましたが、現在はごく一部しか生産していないようです。

 

なお、フィンランドの一人当たりオーツ消費量が世界一だそうです。

 

 

フィンランドのオーツ食品について

一人当たりオーツ消費量世界一のフィンランドではオーツが様々な形で販売されています。

 

筆者の友人はオーツで作るおかゆを好みます。

乾燥したオーツに牛乳を混ぜで煮込み、塩もしくは砂糖、シナモン粉末を入れて食べるそうです。

筆者は一度試したことあるが、正直味は微妙です。

 

他に、オーツで作ったジェリーとヨーグルトの間の感覚をするデザートOATTISやオーツミルクをそのまま飲むドリンクもあります(後日紹介します!)。

 

その中で、筆者が一番好きなのは「コーヒー用のオーツミルクiKaffe」です。

 

通常筆者はコーヒーを飲むときに砂糖なしでミルク入りで飲みます。

普通の牛乳でもちろんおいしいですが、実にこの「オーツミルクiKaffe」を入れるとおいしさが格段と上がるのです!

文字で説明するのが難しいですが、「濃厚」なコーヒーになるのです!

 

そのため、オーツミルクは通常の牛乳よりも値段が高いですが、筆者はいつもオーツミルクをコーヒー用に購入して使っています。

 

 

 

オーツチップスを早速試食!

オーツ麦について色々話してきましたが、そろそろ今回本題のオーツチップスを食べてみます!

 

形はポテトチップスとだいぶ異なる形ですね。

恐らく平らな形に成形したが、オーブンで焼く際に曲がってきたと考えられます。

 

一口。

もぐもぐ。

 

 

コーンチップスのような食感ですね。(ドリトスに近い食感)

ポテトチップスよりは少し硬めですが、おいしいです。

 

今回購入したのはサワークリームとたまねぎ味です。

味がさっぱりしてうまいです。

 

ちなみに、今回ご紹介した「LINKOSUO」のオーツチップスは100%オーツ麦を原材料で作られ、100%フィンランド産です。

しかも通常のポテトチップスは油で揚げるのと違い、今回のオーツチップスは油で揚げず、オーブンで焼くことで作っているので、脂分をカットし、カロリーが抑えられて健康に良さそうです。

 

自分で食べるのもいいし、ピックニック用にもいいし、お土産にもよさそうですよ~!

 

もしフィンランドのスーパーに訪ねるチャンスがあれば是非一度食べてみてください。

 

関連記事

 

お薦めの北欧スポンジワイプ

是非水回り、テーブル拭きなどにご活用頂きたいです。


二点以上のお買い上げでお得

2点のご購入で最大10%割引、5点のご購入で最大15%割引。詳細はこちら

ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.フィンランド・北欧のデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。また、フィンランド出身の原作者トーベ・ヤンソンが作り出した「ムーミン」の背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表の一つです。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーがフィンランドもしくは北欧に多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら