新コロナウイルスの影響でフィンエアーのフライトと経済の状況

公開日:2020年3月17日  関連分類:

 

新型コロナウイルスの影響をモロに受ける企業は今や数知れず。

 

 

日本から一番近いヨーロッパと言われるフィンランド。

 

フィンランドで乗り継ぎをするという人も多く、結構大切な空港でもあるヘルシンキ・ヴァンター空港です。

 

 

参考:ヘルシンキ・ヴァンター空港に「ペット専用トイレ」!?

 

参考:フィンエアーでヘルシンキにストップオーバーしてヘルシンキに滞在すると航空券はお得になるのか?

 

 

2020年、4月からこの新型コロナウイルスの影響により、フィンランド航空・フィンエアーの運行予定が大幅に変わることとなりました。

 

 

 

 

フィンエアーのフライトが90%も削減!!

フィンエアー(Finnair)はこの新型コロナウイルスの状況が改善するまで、4月初旬から全便の90%を削減すると述べました。

 

理由としては皆さんもご承知の通り、このコロナの状況による移動制限を重要視したためです。

 

 

通常ならば、110の路線ルートを運行、

1ヶ月あたり約12000便が飛行していたフィンエアーですが、

 

 

4月1日からは

約20路線にまで減り、

推定では1600便にまで減少します。

 

 

更に、4月に入るまでの3月末までは、

 

この90%削減の交通規制プログラムへ移行するための段階的な移行を開始し、

 

1500〜2000便のフライトにしていくとのこと。

 

この数字の中には重要な空港貨物便も含まれます。

 

 

 

 

フィンエアーは日本への便は飛ぶのか?4月からも運航する目的地はどこ?

4月1日からは限られた目的地への便が限られた数のみ運航します。

 

しかも!!!

 

長距離路線は多数ある国の中から、東京のみ

 

 

その他、フィンランド国内では

 

クオピオ(Kuopio)

マーリアンハミナ(Maarianhamina)

オウル(Oulu)

ロヴァニエミ(Rovaniemi)

 

と主に4都市ですが、

イースター時期は特別に

 

イヴァロ(Ivaro)

キッティラ(Kittilä)

クーサモ(Kuusamo)

にも飛ぶようです。

 

 

ヨーロッパ内への運航は

 

アムステルダム

ベルリン

ブリュッセル

フランクフルト

ロンドン

ミュンヘン

パリ

ストックホルム

チューリッヒ

 

これら9都市となりますが、

 

コペンハーゲン、オスロ、モスクワ、サンクトペテルブルク、リガ、タリンの6都市へは旅行制限が切れた後に運航する予定でいるとのことです。

 

 

 

 

フィンエアーは最悪の経済的影響をモロに受けている

フィンエアーはついこの間、二週間前業績予想の修正を発表したところというのに、

 

この4月からのフライト削減によって大変な経済的影響を受け、

 

更にまた新たな業績予想の修正を発表したほどの大打撃。

 

 

この危機により、今年は相当な営業損失が発生し、4,000〜5,000万ユーロ(48億〜60億円)の調整を行う必要があるとフィンエアーは述べています。

*1ユーロ=120円計算

 

 

現時点でのフィンエアーはどうにかやりくりは出来ているでしょうが、

 

この先どうなるか予測がつかないですし、今回のこのような突然の停止は損傷なしでは生き残れないことは明らかでしょう。

 

航空会社は今までに経験したことのない危機に現在あります。

 

 

ビジネスおよび業界分析の生産と販売を専門としている会社、Inderesの調査会社であるFinnairのアナリストAntti Viljakainen氏は、

 

金融危機の間に中間報告書と財務諸表を分析調査し、どうにか探ってみたけれども需要は急落しとのことで、

 

 

現在起こっている突然の経済的停止とは異なるタイプのものだったと述べています。

 

 

そりゃそうでしょうな、とは誰しもが思います。

 

今まで多くの危機を経験してきたこととは思いますが、この世界的にパンデミックとなってしまったコロナウイルス危機のような突然の大打撃はどこの航空会社も今回が初めてでしょう。

 

 

フィンランド政府がフィンランド航空を積極的に支援するとのことですが、

まだまだこの先も暗闇が続きそうだと、消費者は考えています。

 

 

 

フィンエアーが業績予想の修正を発表した日、ヘルシンキ証券取引では12%マイナス。

 

ちなみに同じ頃、エールフランスKLM(Air France-KLM)の株式は18%、

 

低価格でフライトを提供するイギリス航空会社のイージージェット(easyJet)は26%、

 

ルフトハンザドイツ航空(Lufthansa)は11%下落しました。

 

 

フィンランド以外の多くの国でも既に新型コロナウイルスに規律されている企業に支援を約束していますが、市場は落ち着いていない状況です。

 

 

もうどこもかしこもガタガタの世界ですが、気持ちも生活も環境もどれだけ人が少しでもポジティブに保てるよう試されている時期なのかも知れません。

 

 

情報・引用:Ilta-Sanomat -Finnair leikkaa 90 prosenttia lennoistaan – vain kriittiset yhteydet lennetään

情報・引用:Ilta-Sanomat -Lentoliikenteen pahin kriisi iskee Finnairiin – Analyytikko: ”Tällaisesta ei selviä ilman vaurioita”

関連記事

クリスマスプレゼントって子供にとっては何日も前から楽しみにしていて特別なものですよね!今回はフィンランドのクリスマスにみんなが協力して幸せを掛け合う心温まるニュースが…...続きを読む
フィンランドのクリスマスに鍋?!街角で見かける「赤い三脚に吊流された鉄鍋」。これは人々が少しでも温かいクリスマスを過ごせるようにフィンランドだけでなく実は世界中にあり…...続きを読む
  国連の世界幸福度ランキングレポートの中で、フィンランドは2018年と2019年の連続2年間ランキング1位で世界最も幸せな国と評価されました。   しかし、実…...続きを読む
フィンランドの未来にどのようなチャレンジが待っているのでしょうか。実に一部は日本と変わらないです。それは地球温暖化問題(二酸化炭素排出量の削減)、少子高齢化による財政…...続きを読む
意外なことにフィンランドも現在少子化の衝撃に直面しています。特にこの10年内に出生率が激減。その理由は経済への不安と子供のいない時期をより長く楽しみたい人が増えたこと…...続きを読む
フィンランドに旅行に来ると喫煙者がよく目にすることになるでしょう。それはフィンランド人がたばこをよく吸うからでしょうか?統計のデータに基づいて確認してみました!実にフ…...続きを読む

お薦めの北欧スポンジワイプ

是非水回り、テーブル拭きなどにご活用頂きたいです。


ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.雑貨と現地ツアーに通じて幸せを増やしたい

「フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」という目的を果たすため、キートスショップ現在は「フィンランド雑貨販売」と「ヘルシンキ現地ツアー」の2軸で事業を展開しております。フィンランドの雑貨が好きな方により良い製品、より早く、より良い価格でご提供し、フィンランド雑貨をお客様が手に取る際の喜びを想像しながら事業を運営しております。また、実際にフィンランド・ヘルシンキまで旅をされた方々にはフィンランド文化の核心価値を実際にご体験頂けるヘルシンキ現地ツアーをサービスとしてご提供しております。

「キートスショップで買ってよかった!」「キートスショップのツアーに参加してよかった!」というお客様の声を糧に、より良い商品を提供できるよう、より良いツアーを提供できるよう進めていきたいと思います。

3.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop

4.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら