フィンランド在住者が思う美しいフィンランドの歌3選

公開日:2021年1月22日  関連分類:

 

読者の皆様はフィンランドの歌を聞いたことがありますでしょうか。

 

日本に住んでいると、おそらく主に日本語の歌と英語の歌しか聞かないでしょう。

 

 

フィンランドでよく流れる歌には英語の歌はもちろん、フィンランド語の歌ももちろん主流です。

 

しかし、フィンランドに住んでいないとなかなかフィンランド語の歌を聴く機会もないですよね。

なかなかなじみがないと思います。

 

 

今回はフィンランドに住んでいる筆者がお薦めのフィンランド歌3つをご紹介させて頂きたいと思います。

どれもとても美しい歌ですので、是非聞いてみてくださいね!

(筆者の好みの歌のジャンルもわかってしまうかもしれません。笑)

 

 

 

 

Missä muruseni on(歌手:Jenni Vartiainen)

この歌を知ったきっかけは筆者がフィンランドに来て1か月目の時、フィンランド語の授業を受けていた時に、先生に聞かせてくれたことでした。

この歌は早くないので、その歌詞をできるだけ聞いて認識してみるというやり方ですね。

 

もちろん、1ヶ月目の授業なので、「フィンランド語を聞くというのはどんな感じかを知る」ことが一番の目的です。

 

 

「Missä muruseni on」は2010年に発表された歌で、タイトルの直訳した意味は「私のかけらはどこに」。

 

この歌では「風」が中心的な存在であり、風に通じて自分と彼の記憶を思い出し、風に通じて彼に自分の思いを届けてほしいという内容の歌です。

 

 

何回聞いても飽きない美しい歌です。

 

 

 

 

Jos sä tahdot niin(歌手:Jippu & Samuli Edelmann)

「Jos sä tahdot niin」という歌は1988年にリリースされた歌で、タイトルの意味は「もしあなたが望むなら」です。

 

 

この歌はフィンランドが戦争していた時に、様々な大変なことが起きているが、愛している人のためならなんだってやってやるという内容の歌です。

 

「あなたが望むなら、もう戦争にはいかない。

あなたが望むなら、私のすべてはあなたの。

あなたが望むなら、私はあなたの宗教を信じる。

あなたが望むなら、ラップランドの岩場にも行く。

あなたが望むなら、チベットだってあなたのベッドまで持ってくる。」

 

という強い気持ちが表れるフィンランドの歌です。

 

 

 

 

 

 

Beibi(バンド:Haloo Helsinki!)

「Haloo Helsinki!」はフィンランドの大人気バンドです。

2006年に結成されたHaloo Helsinki!は2008年にアルバムデビューしてから、いくつかのアルバムを出し、非常に人気が高く、フィンランドではおそらく知らない人はいないでしょう。

 

 

「Beibi」という歌は好きな人と情熱的に過ごすことを語る歌です。

 

聞いていて元気も出るような歌ですね。

 

Haloo Helsinki!は他にも多くの歌がありますので、是非聞いてみてほしいです。

 

 

 

 

いかがでしょうか。

 

フィンランドの歌、フィンランド語の歌の雰囲気を感じて頂けたのでしょうか。

 

なかなか触れるチャンスのないフィンランドの歌ですが、楽しんで頂ければと思います。

 

 

関連記事

「安楽死」について、終末期医療について、価値の問題、倫理の問題は常に存在しています。日本でもフィンランドでも議論され続けているテーマです。今回の記事では日本の安楽死及…...続きを読む
  欧州委員会から2016年に発表された報告によると、ヘルシンキは2015年にEU内の首都で最も居住満足度が高くて1位に輝いています。   調査が行われたヨーロッ…...続きを読む
  日本では温泉に入ることがレジャー活動の一大イベントでしょう。 温泉旅行したり、様々な泉質の温泉に入ったり、真っ白の雪に囲まれて温泉に入ったりするのが楽しみでしょ…...続きを読む
世界報道自由度ランキングが発表されました。フィンランドは3年連続の2位をキープ。日本は?
コーヒーの常識のホントとウソを世界のコーヒー専門研究結果からどちらなのか答えます!結局コーヒーは一日何杯まで?カフェインによる睡眠障害ホント?身体への健康との関係やニ…...続きを読む
日本とフィンランドはどのくらい大きいかご存知でしょうか?実に想像を超えるほどフィンランドの人口密度が低いのです。国土面積が広く、利用可能な土地が多くなると、生活のスペ…...続きを読む

お薦めの北欧スポンジワイプ

是非水回り、テーブル拭きなどにご活用頂きたいです。


ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.雑貨と現地ツアーに通じて幸せを増やしたい

「フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」という目的を果たすため、キートスショップ現在は「フィンランド雑貨販売」と「ヘルシンキ現地ツアー」の2軸で事業を展開しております。フィンランドの雑貨が好きな方により良い製品、より早く、より良い価格でご提供し、フィンランド雑貨をお客様が手に取る際の喜びを想像しながら事業を運営しております。また、実際にフィンランド・ヘルシンキまで旅をされた方々にはフィンランド文化の核心価値を実際にご体験頂けるヘルシンキ現地ツアーをサービスとしてご提供しております。

「キートスショップで買ってよかった!」「キートスショップのツアーに参加してよかった!」というお客様の声を糧に、より良い商品を提供できるよう、より良いツアーを提供できるよう進めていきたいと思います。

3.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop

4.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら