フィンランドの「アラビア」。過去に何があった?その145年間の秘密に迫る!

公開日:2018年10月13日  関連分類:   

フィンランド著名な陶磁器ブランドアラビア」(Arabia)は実にその設立が今から145年前に遡ります。

 

アラビアはこの145年間でどのように歩んできてどのようにフィンランドの有名ブランドになってきたか、どのようなデザインが独特なのかを探っていきたいと思います。

 

 

1873年に始まったアラビアはスウェーデンの会社だった!?

アラビアは最初に1873年にスウェーデンの会社「Rörstrand」がロシア向けに陶磁器を生産・販売するためにヘルシンキのアラビアという場所に作った工場から始まったのです。

当時まだ独立していないフィンランドはロシア領であったため、フィンランドで製品生産を行えば、ロシアへの販売には低い関税で済むという算段があったのです。

 

1874年から出荷するアラビアの製品にはファイアンス焼き、衛生用陶磁器やテーブル、ダイニング用陶磁器用品が含まれていました。

 

1880~1900の間にアラビアは製品ラインナップを拡充し、様々な新しいデザイン様式も生まれました。更に、1900年のパリワールドフェアでは金メダルを受賞することもありました。

 

 

※写真引用:arabia.fi

 

フィンランド独立後のアラビアとその発展

1910年代に一次世界大戦が勃発し、アラビア工場の所有権はスウェーデンの会社からフィンランドの会社に行き渡ったのです。

フィンランド独立後、アラビアの改革が始められ、1920年代初期に現代化された工場に生まれ変わりました。

 

しかし、海外からの陶磁器製品が市場に溢れていたため、アラビアは販売計画に達成できず、ドイツと元々の所有者であるスウェーデンの会社に資本援助を求め、一時的な経済危機を乗り越えました。

 

1930~1940年代にアラビアはデザイン革新に注力し、ロシアとの戦争が勃発したにもかかわらず、工場の規模が年々拡大されていました。

1947年には2千人も雇う工場までなりました。

 

しかし、戦争によって物価の上昇や急速な拡大によってアラビアの資金繰りが苦しくなり、Wärtsilä社から資金援助をもらい、1947年年末にWärtsiläの子会社となりました。

 

※写真引用:arabia.fi

 

独自なデザインがどんどん進化する戦後のアラビア

1950年以降、アラビアのデザインがどんどん進化していました。

 

「Milan Triennials」でアラビアのデザインが賞を取り、アラビアの工業アート部門が発足され、熱加工技術にも新技術が導入されました。

Kaj FranckのKilta製品を筆頭に、アラビアは製品ラインアップを大幅に拡充しました。

 

1969年に多くの人々に愛されている「Paratiisi」シリーズ製品(Birger Kaipiainenデザイン)が発売され、デザイナーのカイピアイネンが世界で知られるようになりました。

 

1970年代に生産技術が一新され、陶磁器製品の材料にも新発見があり、製品の品質と生産効率が大幅に成長しました。

 

1984年にアラビアが1948年に設立したアラビア博物館の一般公開を始め、1950年代発売されたKilta製品のリニューアル版として1981年に再発売したのは有名なTeemaシリーズ製品です。

 

 

※写真引用:arabia.fi

 

近年のアラビアとアラビアムーミンマグカップ

1990年にアラビアがHackmanグループに買収され、125周年を祝い、24hシリーズ製品を発売しました。

また、今では世界中大勢のコレクターがいるムーミンマグシリーズ製品もこの時期から発売されました。

 

1990年代にアラビアの製品は世界中で様々な展示会で賞を取りました。

新商品にはSavoie、Moreeni、Storybirds、24h、Illusia、Ego、ABCなどが名を挙げられます。

 

ちなみに、現在ヘルシンキにあるアラビア工場敷地では生産活動が行われていません。

その敷地にはイッタラショップ、フィンレイソンショップデザイン博物館アラビア、アールト大学デザイン学部、レストラン、カフェ、一般会社、デザインショップ、市立図書館、大学図書館など様々な施設があります。

 

※写真引用:arabia.fi

 

2000年にアラビアは社名を「Designor」から「Iittala Oy Ab」に変更し、アラビアがフィンランドで最も価値の高いブランドとなりました。

2007年にイッタラグループはフィスカルスグループ(1649年設立)に買収され、フィスカルスグループの一員となりました。

 

2014年にアラビアは創立140周年を祝い、2016年にアラビアはヘルシンキ操業中の工場を停止し、製造を全てルーマニアやタイの工場で生産することとしました。

現在アラビアは生産機能を全て海外に置き、フィンランドでは本社機能とデザイン機能などの中枢部門が継続する形で運営を続けています。

2018年にはMainio Sarastusなどの新商品が発売され、その独特なデザインに驚かされながら、今後の新商品にも注目していきたいですね。

 

※写真引用:arabia.fi

 

関連記事

 

お薦めムーミングッズ

かわいいムーミンが色々な形で登場します!是非参考にご覧ください。












ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.フィンランド・北欧のデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。また、フィンランド出身の原作者トーベ・ヤンソンが作り出した「ムーミン」の背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表の一つです。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーがフィンランドもしくは北欧に多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら