ヘルシンキのオープンユニバーシティーで勉強するには?4校の紹介を含め

公開日:2021年1月24日  関連分類:

 

フィンランドで長期滞在する方、もしくはフィンランドに移住してきたばかりの方は、様々な手続きをやりながら待っていたり、知り合いや友達が少なくて自分の時間が結構できてしまったりすることがあるでしょう。

 

そういう時に友達を作りながら勉強できると、その数ヶ月に渡る手続きの待ち時間や空いている自分の時間を有効利用できますよね。

 

 

フィンランドで友達を作りながら勉強できる場所は「オープンユニバーシティー」と「成人学校」ですね。(フィンランド語学校も別にあるが)

 

 

一般的にオープンユニバーシティーと成人学校はともに入学試験不要で、誰でも入って勉強することができる場所です。(一般的に有料ですが、無料のコースもあります)

 

 

今回はヘルシンキ都市圏で勉強できる「オープンユニバーシティー」を4校ご紹介したいと思います。

長期滞在や移住したばかりなどの方々のお役に立てればと思います。

 

 

 

 

オープンユニバーシティーとはどんな場所?どういうふうに入るの?

日本にも多くのオープンユニバーシティーがあり、フィンランドのオープンユニバーシティーも基本的に日本のに似ています。

 

フィンランドの各大学が自分の授業を校内の学生だけではなく、校外の一般人にも授業に来て勉強してもらえるものです。

 

 

それぞれの大学はそれぞれの大学がオープンユニバーシティーで開く授業を設定しています。

大学のウェブページを確認すれば、詳細が掲載されています。

 

 

一般的に下記の手順で授業を受けることになります。

  1. 大学のウェブサイトにある関連情報、授業情報を確認。
  2. ネットで勉強したい大学のアカウントを作る。
  3. アカウントに通じて授業を選択・登録する。
  4. ネットもしくは振込にて授業料を支払う。
  5. 指定された時間と場所に行って授業を受ける。

 

 

オープンユニバーシティーで開かれる授業の幅はとても広いです。

フィンランド語、英語などの語学からアプリを作るIT技術コースまで様々。

 

ただし、授業の多くはフィンランド語で行われ、すべての授業が英語で行われるとは限りません。

授業で使われる言語がどの言語かは事前に要確認ですね。

 

 

授業の期間は一般的に大学に合わせ、春学期(1月~5月)、冬学期(9月~12月)に分かれ、夏期間(6~8月)に授業が開かれることもあります。

また、オンライン授業も充実されているので、キャンパスの場所や時期に気にせずに受けることができます。

 

 

そして、オープンユニバーシティーで授業を受け、期末試験も合格すれば、単位をもらえます。

授業や単位の記録は大学のシステムに残されているので、今後もし大学の学部や大学院正規コースに入った後に、オープンユニバーシティーで取った単位を転用したりすることができるかもしれません。

また、必要があれば、オープンユニバーシティーで取った授業や成績の記録を出して就職するときにも使えます。

 

 

 

 

ヘルシンキ大学のオープンユニバーシティー

ヘルシンキ大学はフィンランドの頂点に立つ総合大学です。

マインキャンパスはヘルシンキの市中心にあり、通うにはとても便利です。

 

 

 

 

アールト大学のオープンユニバーシティー

アールト大学はヘルシンキ大学に並び、フィンランドのトップ大学の一つです。

新しい領域に挑戦し、新しいことを率先して始める文化が有名です。

 

メインキャンパスはヘルシンキ隣のエスポー市にあり、ヘルシンキからは少しだけ距離があります。

 

 

 

 

メトロポリア応用技術大学のオープンユニバーシティー

メトロポリア応用技術大学はフィンランドで一番規模の大きい応用技術大学です。

一般大学より実用向けという特徴があります。

 

キャンパスが多く、ヘルシンキ市やエスポー市、ヴァンター市などに点在しています。

 

 

 

 

 

ハーガヘリア応用技術大学のオープンユニバーシティー

ハーガヘリア応用技術大学はヘルシンキを拠点とする比較的に新しい応用技術大学です。

メインキャンパスはヘルシンキ市中心のパシラという場所にあります。

 

 

 

 

まとめ:オープンユニバーシティーを活用し、フィンランド生活を充実しよう!

オープンユニバーシティーで勉強するには入学試験がなければ、難しいことをやることも基本的にありません。

誰でも勉強できる場所です。

 

 

授業料も比較的に負担できるレベルですので、専門分野でも趣味の範疇でも様々な授業で学び、生活を楽しむことができます。

そこで友達もできれば最高ですよね。

 

 

関連記事

フィンランド 教育
国により教育事情は大きく異なります。日本では塾に通う子供たちがたくさんいますが、フィンランドではどうでしょうか?その違いについて、納得の理由とともに説明しています。そ…...続きを読む
フィンランドの教育は世界有名です。教育と言えばまず思い浮かぶのは「学校」です。しかし、フィンランドの教育の秘密は学校だけではありません。その秘密は社会にあり、文化にあ…...続きを読む
生涯教育の一環として、フィンランドには「成人学校」という施設が存在しています。入学試験なしで、誰でもそこで勉強することができます。今回はヘルシンキ成人学校も合わせてご…...続きを読む
オンライン授業を受けたことはあるのでしょうか。オンライン授業に対してどのようなイメージをお持ちでしょうか。日本ではオンライン授業に関するニュースはマイナスなものが多い…...続きを読む
SUOMI PERKELEより内容を掲載しています。今回はフィンランドで就職するための移住者向けの情報として筆者の経験と合わせて、移住者の基本的な就職までの流れの説明しています。…...続きを読む
フィンランドの大学について学習面の次は、留学生活は楽しいのかどうか紹介しています。夏に行われるサマースクールについて、友達作りについて、またフィンランドで1年過ごして…...続きを読む

お薦めの北欧スポンジワイプ

是非水回り、テーブル拭きなどにご活用頂きたいです。


ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.雑貨と現地ツアーに通じて幸せを増やしたい

「フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」という目的を果たすため、キートスショップ現在は「フィンランド雑貨販売」と「ヘルシンキ現地ツアー」の2軸で事業を展開しております。フィンランドの雑貨が好きな方により良い製品、より早く、より良い価格でご提供し、フィンランド雑貨をお客様が手に取る際の喜びを想像しながら事業を運営しております。また、実際にフィンランド・ヘルシンキまで旅をされた方々にはフィンランド文化の核心価値を実際にご体験頂けるヘルシンキ現地ツアーをサービスとしてご提供しております。

「キートスショップで買ってよかった!」「キートスショップのツアーに参加してよかった!」というお客様の声を糧に、より良い商品を提供できるよう、より良いツアーを提供できるよう進めていきたいと思います。

3.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop

4.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら