フィンランドのコロナウィルス感染状況悪化により2021年3月から2度目のシャットダウン

公開日:2021年3月4日  関連分類:

 

今回はフィンランドのコロナウィルスの最新情報をお届けします。

 

現在フィンランドは3月8日より2度目のシャットダウンに入ると予定されています。

 

 

前回のシャットダウン(1回目)は去年2020年3月の中旬で、5月末までの約2ヶ月半ほど続いていました。

 

今回はフィンランドのコロナウィルス感染状況悪化により、2度目のシャットダウンに入る予定です。

 

 

去年のコロナウィルス第一波から、フィンランドのコロナウィルス感染状況は改善したり、悪化したりの繰り返しです。

 

 

2020年3月から5月末に第一波が来て、レストラン、バー、カフェ、スポーツ施設などほとんどすべての施設が閉鎖となりました。

 

 

6月解禁してから感染数が徐々に増え、秋に第二波が来ました。

 

そこでヘルシンキ首都圏では公立施設をすべて閉鎖し、集会は10人までとの制限策を打ち出しました。

 

 

一時第二波を抑えることができたが、私立施設であるスポーツ施設、レストラン、バー、カフェなどの通常営業を許し、感染者数が再び徐々に増えてきました。

 

 

 

 

それで2021年の2月に入り、感染者数が徐々に増え、3月頭には単日感染者数最高記録を更新しています。

 

この状況を受け、フィンランド首相のMarinは3月1日に全国緊急事態を再び宣言しました。

緊急事態の宣言により、政府の一部の施策は国会承認なしで実施できるようになるため、制限策をより早く行うことができます。

 

 

感染の蔓延状況は地域によって異なるため、フィンランド政府は制限策を去年のような「全国一律」ではなく、「地域別」にすることにしました。(この変更に伴い、法律改正なども行ってきました)

 

 

それで、ウーシーマー県(ヘルシンキ首都圏を含むエリア)は3月1日から私立スポーツ施設、レジャー施設などに対し、制限令を出しました

 

基本は閉鎖要請ですが、一つのスペースに10人を超えないようにアレンジできれば、施設の継続運営が容認されるとのことです。

 

※中央政府としては完全閉鎖を希望していたので、地方と中央の調整がうまくされなかったイメージです。

 

地方政府の制限令は1回2週間の命令となり、2週間ごとの継続発令も可能だそうです。

 

 

そして、レストラン、バー、カフェに対する制限令を発令するには国会の承認が必要ですので、3月1週目は国会に提案し、承認されたら3月8日から発令される予定です。

この部分はまず3週間継続する予定です。

 

 

今回の制限令について、地方政府の発令があり、中央政府の発令があり、対象施設が異なったり、対象期間が違ったりして、非常にややこしくてわかりにくいです。

 

 

ただし、目的は一つだけです。

人と人の接触を最大限減らし、感染者数をいかに抑えることです。

 

ワクチンの接種が徐々に進んでいるが、油断できない状況ですね。

 

コロナウィルス第三派をうまく抑え、ワクチンもこれから浸透していければ、フィンランドは今年いつもの通りの夏を迎えることができるかもしれません。

 

そう期待したいです。

 

 

関連記事

ワクチンの接種が順調に進み、フィンランド政府は制限解除スケジュール案を公表しましたが、フィンランドはいつごろに通常通りの状態に戻れるでしょうか。
季節的な肌荒れで悩んでいるあなた、それは花粉アレルギーのせいかもしれません。フィンランドには花粉ってあるの?その主な種類と各種ごとのシーズンをご紹介。白樺とりんごは仲…...続きを読む
フィンランドの電子化サービスはどんどん進んでいます。今回は医療情報システムについてご紹介します。電子処方箋をバーコード読み取りで情報にアクセスでき、更新や延長もネット…...続きを読む
フィンランドにおけるコロナウィルスに関連する重要な情報を随時アップデート、時系列の形式でご提供します。確認感染者数、政府が発表した最新の政策や行動制限対策などの情報を…...続きを読む
日本の医師は年収が高く、尊敬されますが、フィンランドはどうでしょうか?年収はいくらでしょうか?男女平等のフィンランド社会では、女性の医師は多いでしょうか?また。高社会…...続きを読む
フィンランド政府の透明性をテーマとして取り上げた本記事では、コロナウィルスのワクチン接種対応関連の「情報開示」を切口として、フィンランド政府と日本政府の状況を調査し、…...続きを読む

お薦め北欧ノート

オシャレなカフェでお仕事やお勉強をするときにオシャレなノートブックをご一緒にいかがでしょうか。

ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.雑貨と現地ツアーに通じて幸せを増やしたい

「フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」という目的を果たすため、キートスショップ現在は「フィンランド雑貨販売」と「ヘルシンキ現地ツアー」の2軸で事業を展開しております。フィンランドの雑貨が好きな方により良い製品、より早く、より良い価格でご提供し、フィンランド雑貨をお客様が手に取る際の喜びを想像しながら事業を運営しております。また、実際にフィンランド・ヘルシンキまで旅をされた方々にはフィンランド文化の核心価値を実際にご体験頂けるヘルシンキ現地ツアーをサービスとしてご提供しております。

「キートスショップで買ってよかった!」「キートスショップのツアーに参加してよかった!」というお客様の声を糧に、より良い商品を提供できるよう、より良いツアーを提供できるよう進めていきたいと思います。

3.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop

4.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら