ヘルシンキの【おすすめパン屋】:「シナモンロールが絶品」Kanniston Leipomo(カンニストン・レイポモ)

公開日:2022年8月9日  関連分類: 

 

 

フィンランドの食べ物といえば!そう、シナモンロール!

 

という方も多いのではないでしょうか!

 

私もかなりのシナモンロール好きです。
ここに来てからの約1ヶ月の間に既に10個ほど。。。

 

今回は私が今まで食べたシナモンロールの中でも

 

堂々のナンバーワンを紹介します!

 

どうぞ、気楽にお楽しみください^^

 

その名も「Kanniston Leipomo」(カンニストン・レイポモ)

 



 

以前こちらの記事でもご紹介した Kanniston Leipomo。

 

その他いろいろな方のブログやWEBサイトのシナモンロール関連記事で

「かなり美味しい!」と評価されています。

 

その人気にも納得。パンとパン屋経営へのこだわりと努力が本当に凄いです。

 

実食レポの後に、その歴史をちょこっと紹介させてください。

 

まずは実食レポといきましょう!

 

 

ヘルシンキ名物!カンニストン・レイポモのシナモンロール

 

どーん!!



 

フィンランドのシナモンロールといえばこのユニークな形ですよね!
(公園のベンチでいただいたため、キレイなお皿ではなく申し訳ないです…!)

しかもカンニストン・レイポモのシナモンロールは大きい!

 

特徴をまとめてみると、

大きさ:15cm × 20cm 程度(子供の顔くらいありそう…!)
生地:しっとり(もちもちよりはしっとりの方がしっくりきます。)
カルダモン:生地に練り込んである。粒は大きすぎないので良い。
フィリング:甘すぎず、シナモンの香りとちょうど良いバランス。
その他:外側の焼かれたフィリング部分がサクサクして美味しい。

これはなんというか、日本人好みのパンの特徴を
ガツッとカバーしているなと思いました!

 

お値段は3.5€
大きいのでお好きな飲み物とこれで、十分ランチにもなってくれます。

お家で電子レンジで30秒ほど温めても良いなと思います。

 

ヘルシンキ市民とパンへの愛を感じる、お店の歴史

 

先ほどもちょこっとご紹介した通り、

このパン屋さん、長い歴史があるようです。

1914年、アルマ・カンニストさんによってお店の歴史がスタート。第二次世界大戦が終わりしばらくは家族経営が続いていました。

その後、1985年ごろお店はベテランパン屋経営者カーリナさんの元に渡りました。現在お店に並んでいるパンのほとんどはカーリナさんが開発したレシピが占めているそうです。(…かなりのやり手ですね!)

そして、1999年になるとカーリナさんの引退と共に、お店はヘルシンキで有名な飲食店をいくつも経営する会社の元に渡ります。伝統的な作り方を守りながらも新しい商品開発を積極的に行いました。

また、「パン屋としてのサービスのあり方」を広めていったのも当時のカンニストン・レイポモなんだそうです。そして、今ではヘルシンキ内の多くのレストランやカフェでカンニストン・レイポモのパンが扱われています。

 





※写真はHakaniemi店の様子

ホームページや店舗から実際本当に、
「パンへの愛」と「パン屋のサービス」を感じることができます。

この美味しさにも納得していただけるのではないかと思います。

 

現在ではヘルシンキ市内を中心に

6店舗を展開しています。

 

ヘルシンキに来られた際は、

ぜひ一度味わってみてください!

湖のほとりや公園のベンチでゆったり時間のお供にぜひ…!

 

お店の詳細(Hakaniemi店)

  • 店名:Kanniston  Leipomo
  • 公式WEB:Webサイトへ
  • 公式Instagram:Instagramへ
  • 営業時間:月-金)7:30~18:00 土)9:00~16:00 日)休み
  • 住所:Siltasaarenkatu 11, 00530 Helsinki

関連記事

こじんまりした首都ヘルシンキ。されどヘルシンキ、実はたくさんパン屋さんがあります!無類のパン好きスタッフりさ一推しのパン屋さんがこちら!フィンランド名物「シナモンロー…...続きを読む
フィンランドに来たらぜひ食べていただきたいもの、シナモンロール。美味しそうでかわいいパン屋さんのパンはもちろんいいけれど、シナモンロールハンターとして、ちょっと冒険し…...続きを読む

ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.雑貨と現地ツアーに通じて幸せを増やしたい

「フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」という目的を果たすため、キートスショップ現在は「フィンランド雑貨販売」と「ヘルシンキ現地ツアー」の2軸で事業を展開しております。フィンランドの雑貨が好きな方により良い製品、より早く、より良い価格でご提供し、フィンランド雑貨をお客様が手に取る際の喜びを想像しながら事業を運営しております。また、実際にフィンランド・ヘルシンキまで旅をされた方々にはフィンランド文化の核心価値を実際にご体験頂けるヘルシンキ現地ツアーをサービスとしてご提供しております。

「キートスショップで買ってよかった!」「キートスショップのツアーに参加してよかった!」というお客様の声を糧に、より良い商品を提供できるよう、より良いツアーを提供できるよう進めていきたいと思います。

3.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop

4.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら