なんで日本はこんなにも残業が長いのか!?フィンランドと日本の残業事情:「品質」と「お客様の要求」

既に多くの記事は日本とフィンランドの残業事情について報告もしくは比較されています。

しかし、その多くは「フィンランド人は自分や家族の時間が大事」、「フィンランドは仕事時間中にきっちり仕事をやる」、「フィンランドでの残業代が高いので会社から残業させられない」などが理由として見られます。

しかし、本当にそうなのか?

実は奥の奥にもっと根本的な理由や違いはないのか?

この記事にある考え方はあくまでも筆者の一個人の見解ですので、何卒ご了承ください。

品質に対して要求するレベルが違います

まずは「要求品質レベル」と「仕事の量」との関係について、いくつかの例を挙げてみます。

道路修繕の際に、日本には多くの場合、交通を指揮する担当を設けます。車の指揮はもちろん、歩行者の誘導も行います。

フィンランドにはこういう担当が必ずいるとは限りません。車の運転者や歩行者は各自譲り合って気を付けて通行するのは一般的です。(もちろん、業務時間、コストと妥協することで安全面のリスクは少し高まります)

もし同じ10人を雇う工事プロジェクトで10日の期間で完成を目指すなら、10人とも工事に集中できるほうは1人交通指揮で9人のみ工事を行うほうより一人当たりの毎日仕事量が少ないでしょう。

もう一つの例は郵便です。

日本では荷物の大きさ、重さと関係なく、都市部、山間部にもかかわらず必ず家に届けます。

不在なら二回目も三回目も再配達します。

そしてネットで申し込みか、電話で連絡するか、投函するかで指定した日と時間に持って来てくれます。

フィンランドではポストに入るサイズ「のみ」の宛先まで投函します。

大きいな荷物は伝票だけ投函し、受取人自分が郵便局に行って受け取るしかありません。

当然荷物の通知伝票の投函は一回のみです。何回も伺うことはありません。

もちろん、大きいな荷物は自分で取りに行くのが不便で、配達してもらいたいならそれもできますが、追加料金がかかります。

となるとどう違うかを考えると、単純に郵便局の仕事は減ります。

当然利用者の不便は増えますが、その分必要なサービスのみで必要な品質レベルで利用し、全ての客様に同じ最高品質なサービスを提供することをお目指さないし、求めることもありません。

前例に近い状況で、同じ人数で同じ数の郵便物を配達するなら、フィンランドの郵便局職員はより早く家に帰れるでしょう。

お客様に対する姿勢が違う

文化の側面から考えるとどちらもあまり違和感を感じません。

日本では「和」の文化が大事で、「思いやり」を非常に重視していると思います。

その面の文化によって「お客様を思いやる」ことが非常に重要で、「できることならなんでもやる」ということになるのも良くあるでしょう。

もちろん、激しい競争によってよりよりサービスを提供せざるを得ない状況もあるでしょう。

そのために、どんどんサービスの品質が高まるが、価格(単価)は上がらないということも考えられます。

しかし、フィンランドの文化では「お客様第一」より「合理性」を重視します。

「お客様が満足できる最低限のサービス」という言い方がフィンランドの合理性に近いかもしれません。

お客様はお金を払っているにしても「最高な品質」を求めるのではなく、「必要なサービス」を求めます。

サービスや製品を提供する側としても、「お客様に必要とされるサービスや製品を価格相応で提供する」ことが基本で、「お客様が言えば何でもやる」という姿勢は取りません。

車運転手や歩行者が各自譲り合うのはめんどくさいかもしれませんが、「満足する最低限のサービス(サービスとして問題が少ない)」として受け入れられています。

郵便が大きければ自分が取りに行かなければいけないし、再配達は来ないというのもフィンランド人にとって「満足する最低限のサービス」かもしれません。

あくまでも一個人の見解にすぎませんが、このように「品質」に対し、「お客様が最高に満足することを求める」日本「合理的にお客様が満足する最低限のサービスを提供する」フィンランドは一つ根本的に違うかもしれませんね。

他の関連記事はこちら:

日本とフィンランド残業事情シリーズ記事:「上下関係の程度が違います」

日本とフィンランド残業事情シリーズ記事:「幸せの定義が違います」

日本とフィンランド残業事情シリーズ記事:「雇用形態と背景歴史が違います」

日本とフィンランド残業事情シリーズ記事:「不安を感じるレベルが違います」

お薦めの北欧スポンジワイプ

是非水回り、テーブル拭きなどにご活用頂きたいです。

スポンジワイプ :サイレントナイト / More Joy / フィンランド 北欧
 MORE JOY 
 キッチン雑貨 
スポンジワイプ :スムージー / More Joy / フィンランド 北欧
 MORE JOY 
 キッチン雑貨 
スポンジワイプ :ブラックティーカップ / More Joy / フィンランド 北欧
 MORE JOY 
 キッチン雑貨 
スポンジワイプ :ブラックティーポット / More Joy / フィンランド 北欧
 MORE JOY 
 キッチン雑貨 
スポンジワイプ :クリスマス・クリーニング / More Joy / フィンランド 北欧
 MORE JOY 
 キッチン雑貨 
スポンジワイプ :レッドワイン・アンド・ディナー / More Joy / フィンランド 北欧
 MORE JOY 
 キッチン雑貨 
スポンジワイプ :ブルーベリーライム / More Joy / フィンランド 北欧
 MORE JOY 
 キッチン雑貨 
スポンジワイプ :カラフルスパイス / More Joy / フィンランド 北欧
 MORE JOY 
 キッチン雑貨 
スポンジワイプ :VIRNA・グリーン / True Colours Design / フィンランド 北欧
 TRUE COLOURS DESIGN 
 キッチン雑貨 
スポンジワイプ :ツリーアンドハート / More Joy / フィンランド 北欧
 MORE JOY 
 キッチン雑貨 
スポンジワイプ :VIRNA・グレー / True Colours Design / フィンランド 北欧
 TRUE COLOURS DESIGN 
 キッチン雑貨 
スポンジワイプ :ブルーティーカップ / More Joy / フィンランド 北欧
 MORE JOY 
 キッチン雑貨 
スポンジワイプ :アップルジュース / More Joy / フィンランド 北欧
 MORE JOY 
 キッチン雑貨 
スポンジワイプ :TIVOLI / True Colours Design / フィンランド 北欧
 TRUE COLOURS DESIGN 
 キッチン雑貨 
スポンジワイプ :ブルーティーポット / More Joy / フィンランド 北欧
 MORE JOY 
 キッチン雑貨 

二点以上のお買い上げでお得

2点のご購入で最大10%割引、5点のご購入で最大15%割引。詳細はこちら

ショップコンセプト

1.北欧・フィンランドというと?

北欧・フィンランドというと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「北欧・フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.北欧・フィンランドのデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。フィンランド出身のムーミンの背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表デザインの一つになります。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーが北欧・フィンランドに多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「北欧・フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォームはこちら、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「北欧・フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら