マリメッコのリュック「Metro(メトロ)」が人気!男女問わず愛されるデザイン

公開日:2020年4月16日  関連分類:

アパレルブランドとして広く知られるマリメッコは、小物や雑貨、インテリアなど幅広い商品展開が魅力のひとつです。

 

今回は、マリメッコの人気商品の中でも男女問わず愛されているリュック(バックパック)の「Metroメトロ)」をご紹介したいと思います。

 

 

Metro(メトロ)ブラック

今回ご紹介するMetroは、ユニセックスなデザインで男女問わず愛されている、マリメッコの大人気商品。

マリメッコのリュックといえば、まずこれを最初に思い浮かべる方が多いかもしれませんね。

 

 

シンプルでありながら洗練されている印象のMetroは、ファスナーのラインが特徴的なデザインです。

ファスナータイプのリュックというと、サイド→トップ→サイドというかたちでぐるっと開けられるタイプのファスナーが多いと思うのですが、こちらのMetroは前面をUの字型に開けられるようになっています。

 

ファスナーを全開にすることでフラップ(前面)を大きく開くことができるため、中の物が探しやすく取り出しやすいのが嬉しいポイントですね。

 

 

また、背面と肩ストラップにはそれぞれしっかりとクッションが入っているので、多少重いものを入れても疲れにくいです。

普段から重さがあるものを持ち歩く方には、特におすすめしたい一品です。

 

 

 

 

ポケットがたくさん!機能性◎

Metroはポケットの数も魅力のひとつ!

 

両サイドのポケットだけでなく、背面にも小さなファスナー付きポケットがあるんです。

背面のポケットは背中に当たる部分にあるので、鍵などの貴重品を入れておくと安心ですね。

サイドポケットにファスナーがしっかりついているのも珍しいかもしれません。

 

でも、リュックの外側にポケットが3つ、くらいなら特別珍しくもないでしょう。

 

 

Marimekko.comより引用。

 

 

ごちゃっとしてしまいがちな内側の構造も気になりますよね!

 

内側の収納ポイントのひとつめは、大きな仕切り!

これがあるだけでリュックの中の整頓に大きく役立ちます。

 

また、この仕切りはクッションでできているため、タブレットやノートパソコンなどの持ち歩きにもばっちり。

(お持ちの端末が入るサイズかどうかは、確認してくださいね!)

 

 

それから、フラップの内側にもメッシュ地のポケットがひとつついています。

先述したように、Metroのフラップ部分は開きやすいデザインになっているため、ここにポケットがあると使いやすさも段違い。

 

出し入れを簡単にしたいメイク直し用のアイテムを数点入れておくもよし、

飴やガムの包みなどを一時的に避難させるためのゴミ入れにするもよし。

 

 

自分ならどう使うかな~と具体的に想像しながら選ぶと、上手なバッグ選びができるかも♪

 

 

 

 

カラー展開は定番のブラックに加えて、サンドネイビーもあります。

ちなみにネイビーは日本限定のカラーです。

 

上記カラーは公式サイトで取り扱われているものなので、ショップやサイトによっては違うカラーも見つけることができるかもしれません。

また、カラーによってそれぞれサイズが異なるものもあるらしいので、購入の際はしっかりチェックしてくださいね。

 

 

Marimekko.comより引用。

 

 

Metroの詳しい仕様情報:サイズ、生地など

マリメッコ公式サイトによると、Metro(ブラック)の仕様は以下の通りです。

縦:36.5cm

横:26.5cm

マチ:15cm

肩ストラップ全長:42~82cm

素材:ナイロン100%

 

こうしてみてみると、少しコンパクトな印象のデザインであることがわかります。

 

A4サイズは入るとのことですが、大き目のノートパソコンとかだとちょっと厳しいかも……?

一般的なサイズのタブレットくらいなら入りそうですが、心配な方は調べてみてくださいね。

 

 

また、ナイロン製とのことなので、多少の雨や汚れにも強そうで安心ですね!

 

ちなみに重さは560gくらいだそうです。

 

 

 

 

Metroより大きなリュックをお求めの方には、Buddyがおすすめ!

「Metroのデザインはとっても好きなんだけど、ちょっと小さいかも……」

とお悩みのあなたにおすすめしたいのがBuddy(バディ)!

 

 

Buddyは、以下の通りMetroよりひとまわり大きいデザインのリュックです。

縦:42cm

横:28.5cm

マチ:15.5cm

肩ストラップ全長:40~81.5cm

素材:ナイロン100%

 

サイズだけ見ると数cmしか変わらないものの、背負ってみると印象は大きく異なります。

身長の低い方の場合は、かなり存在感のある印象を受けるかもしれません。

 

 

それから、ぱっと見のデザインはとてもよく似ているMetroとBuddyですが、違うのはサイズだけではないので注意

 

前面にポケットがついていたり、サイド上部にカラビナがついていたりと、外から見ただけでも仕様の違いが見られます。

 

MetroとBuddyはカラー展開も異なるため、気になる方はぜひそちらも調べてみてくださいね。

 

関連記事

マリメッコアウトレットの販売フロア
マリメッコにとって1970年代は進化と変化の時代でした。デザインスタイルの変化、海外市場への進出、日本人デザイナーの活躍から創業者の逝去など大きいな出来事が続々と起き…...続きを読む
フィンランド著名なファッションブランドである「マリメッコ」は他社とも様々なコラボを行っています。その中でも有名なのはフィンランド航空のフィンエアー。また、日本ブランド…...続きを読む
マリメッコ
みなさんはマリメッコについてどれだけご存じですか?北欧大好きの方、北欧が気になっている方、マリメッコをもっと知りたいという方、クイズにチャレンジしてください!10問中い…...続きを読む
マリメッコ ノッパ新商品
今回紹介するのは2017年プレスプリングコレクションのひとつ、Noppa(ノッパ)柄アイテムです。ノッパとはフィンランド語でサイコロのことで、四角いモチーフが並んでいる柄…...続きを読む
【日本限定】Kestit coffee cup コーヒカップ(2個セット箱入り)
日本限定で発売されるOivaKestitシリーズの新色イエロー。Kestitはフィンランド語で「楽しませる」という意味。ラインナップはマグやプレート、ボウルなどがあります。多くの料理…...続きを読む
マリメッコのペーパーナプキン
友人宅のホームパーティに参加したのですが、なんとペーパーナプキンがマリメッコでした!イケアで購入したそうです。かわいくて使うのがもったいなかったほどです。イケアのセー…...続きを読む

お薦めの北欧キッチンタオル

是非使う目的、場所に合わせて自分に合う一枚をお選びください。




ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.雑貨と現地ツアーに通じて幸せを増やしたい

「フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」という目的を果たすため、キートスショップ現在は「フィンランド雑貨販売」と「ヘルシンキ現地ツアー」の2軸で事業を展開しております。フィンランドの雑貨が好きな方により良い製品、より早く、より良い価格でご提供し、フィンランド雑貨をお客様が手に取る際の喜びを想像しながら事業を運営しております。また、実際にフィンランド・ヘルシンキまで旅をされた方々にはフィンランド文化の核心価値を実際にご体験頂けるヘルシンキ現地ツアーをサービスとしてご提供しております。

「キートスショップで買ってよかった!」「キートスショップのツアーに参加してよかった!」というお客様の声を糧に、より良い商品を提供できるよう、より良いツアーを提供できるよう進めていきたいと思います。

3.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop

4.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら